ローン契約機は便利なのか?WEB完結と比べたときのメリットは?

悩む

 

カードローン契約を進めるにあたって、WEB完結できない時やネットに詳しくない方でも便利に利用できるローン契約機という機械があります。

 

自動契約機や無人機、無人店舗などとも言われますが、すべてローン契約機のことです。

 

人知れずカードローン契約機をしたい方に利用のお勧めができる、無人の専用ボックスやコーナーとして設けられていることが多いです。

 

設置元の金融機関の支店の中にもあるので、銀行などはついでに足を延ばすのも良いでしょう。

 

ただし、ローン契約機を保有していなかったり、台数が少数だったりする金融機関もあるので、ローン契約機利用希望をするなら契約先も選ぶ必要があります。

 

ローン契約機がある金融機関
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ
  • 新生銀行

 

基本的に、大手消費者金融はローン契約機を保有していますが、銀行の場合はないところが多いです。

 

ちなみに、ノーローンは新生銀行カードローン レイクの自動契約機と兼用で利用できるようになっています。

 

また、プロミスでのカードローン契約は、三井住友銀行のローン契約機でも可能である為、両方の自動契約機の台数を合わせるとダントツで利用できるローン契約機の数が多いです。

 

ノーローンとレイク、プロミスと三井住友銀行のように併用できるローン契約機の場合は、台数が多いのでわりとどこでも利用に困りません。

 

しかし、逆にアイフルやモビット、三菱東京UFJ銀行などは自社の専用ローン契約機しか利用が出来ない為、地域によっては近くにない可能性があります。

 

昨今のカードローン契約は、WEB上で申込から契約締結、借り入れまで可能なWEB完結が方法として人気ですが、ローン契約機からもカードローンの申し込みが可能です。

 

ネット申し込みよりも審査開始が優先される

 

その際、ローン契約機から申し込みをするとネットからの申し込みよりも優先的に審査してもらえます。

 

ただし、土日祝日の申し込みなどは混雑が予想されるので、契約機での申し込みにしろ、ネット申し込みにしろ審査に時間がかかる可能性が高いです。

 

時間を拘束されたくない場合は、ネットから申し込み後、審査結果を受けてからローン契約機を利用するのが良いでしょう。

 

その理由は、ローン契約機から申し込んだ場合は、その場で待つ必要があるからです。

 

ネットからの申し込みの場合は、カードローン審査をしている間、借り入れ側の時間や行動が制限されることはありません。

 

ネット申し込みをしたら、審査結果が携帯などに来るのを待てば良いだけです。

 

しかし、ローン契約機から申し込むと、手続き完了までローン契約機で完了させる必要があり、審査結果をその場で待つ必要があるのです。

 

ローン契約機には、備え付けの電話があるのでカードローン契約手続きなどについて、分からないことがある際はそれを利用して申し込み先のオペレーターの方に質問が可能です。
カードローン自体のことではなく、ローン契約機の操作についての質問にも応答してくれるので、初めてローン契約機を利用してカードローン契約をする方でも安心して利用が出来ます。

 

ローン契約機でカードを受け取る=最短即日融資の可能性大?

 

まる

 

ローン契約機利用最大のメリットは、カードローン審査通過後にローンカードを営業時間内に発行すれば、最短即日借り入れがし易い事です。

 

そのメリットのポイントは、ローン契約機の営業時間と振り込み融資対応時間の差にあります。

 

WEB完結契約でカードローンを契約すると、借り入れをするには融資金を振り込みしてもらう必要があることが多いです。

 

ところが、振り込み融資がカードローン申し込み当日に可能な時間というのは、大体の金融機関で平日14時くらいまでとなっています。

 

その為、カードローン契約締結と振り込み手続きをその時間までに完了させる必要があり、日中働いている方などにはなかなか時間の工面が難しい事でしょう。

 

ところが、ローン契約機をカードローン契約手続きの最後に利用するなら、最高22時くらいまでに自動契約機まで赴けば、最短即日融資が可能です。

 

契約手続きの最後にローン契約機を利用するとはどういう事か?といえば、借り入れをするためのローンカードの発行と本人確認だけをローン契約機まで赴いてする。という事です。

 

そうすることで、ローン契約機でローンカードを受け取った後、契約した金融機関のATMまたは提携ATMからすぐに借り入れが出来ます。

 

つまり、振り込み融資対応時間よりも圧倒的に長い時間最短即日融資の可能性があるのです。

 

また、ローン契約機は駅の近くや繁華街に設置されていたり、近隣のビル内にローン契約機コーナーが設けられており、付近に利用できるATMがあることが多いので借り入れに困る事も少ないです。

 

WEB完結でも特定の金融機関で、指定の銀行口座宛ての振り込み融資であれば、平日14時以降でも土日祝日でも最短即日振込出来ます。

 

しかし、いつでも最短即日振込融資対応可能な銀行口座がなければ、即日融資の希望がなくそれまで…となります。

 

なかなか都合よく、カードローン契約先で365日24時間最短即日融資可能な銀行口座を普段使いしてた!という風にはなりにくいことが多いでしょう。

 

そういった点も考慮すると、そもそもが口座不要で最短即日融資可能なローン契約機を使った借り入れはそういう事もなく済みます。

 

大手銀行の中には上述のようにローン契約機を設置している所があります。
しかし、地方銀行やネット銀行の場合はローン契約機がないので、申込当日に最短即日融資を受けるには、ネットキャッシングをするしかありません。
すると、契約先の銀行の振り込み融資対応時間に間に合わなかった場合、ローンカードは郵送なのでローン契約機がある場合のように代替手段がありません。
加えて、ローンカードは郵送のみの発行になります。

 

ローン契約機を利用するなら口座開設不要!

 

ローン契約機でローンカードさえ発行すれば、その後はローンカードとATMを利用して借り入れ・返済が可能です。

 

その為、無理に口座開設をして振込で借り入れをしたり、口座振替で返済をする必要はありません。

 

確かに、特定の銀行口座を持って、消費者金融で契約すれば365日24時間最短即日融資が受けられることもあります。

 

しかし、必ずしも自身が利用している口座と金融機関が指定する口座が同じとは限りません。

 

加えて、口座開設は即日では出来ませんから、もし特定の口座がなければ最短即日振込融資は叶わなくなってしまいます。

 

その点、ローン契約機からカード発行するのは、即日どころか契約機が営業していれば、その場で即時カードを受け取り近くにあるATMで借り入れが可能です。

 

口座開設不要でカードローン契約をし最短即日融資を受けるには、ローン契約機の利用は欠かせないといえるでしょう。

 

本人確認書類を忘れないように

 

ローン契約機へカード発行の為に赴く際に、忘れてはいけない持ち物があります。

 

契約機でローンカードを発行する方法は、ローンカードの発行することではじめて契約手続きが完了します。

 

その為、カードローン申し込みをし、ローンカードを受け取りに来たのが本人か確認する必要があります。

 

そこで、本人確認書類として、運転免許証があればその1点、それ以外の場合は、健康保険証+住民票など2種類の書類を用意する必要があります。

 

用意した書類は、各金融機関のローン契約機によってやり方に多少差はありますが、書類を契約機にスキャンさせ提出します。

 

消費者金融ならローン契約機で郵送物なし?

 

また、プロミスやアコム、ノーローンはローン契約機からローンカードと共に契約書類も発行可能出来ます。

 

その為、WEB完結でカードローン契約をしなくても、自宅への郵送物をなしに出来ます。

 

ただし、モビットやアイフルはローン契約機で最終的に契約を締結する場合、ローンカードはその場で受け取れますが、契約書類など他のカードローン関連の書類は自宅に郵送となります。

 

加えて、銀行カードローンの場合もどこも大体、モビットとアイフル同様に契約書類が必ず自宅郵送となります。

 

WEB完結契約を即日でするのは難しく、ローン契約機を利用する際、自宅への郵送物があると困る!という方は、注意しましょう。

 

借り入れは契約機ではなくATMから

 

時に、ローン契約機で「ローンカードを発行してその場で借り入れ」という文言がよくあるので、初めて利用する方は現金の受け取りも契約機から出来ると思いがちでしょう。

 

しかし、実際はローン契約機から現金を借り入れの為に引き出すことは出来ません。

 

契約機で出来るのは、カードローンの申し込みから契約締結、ローンカードの発行までとなっています。

 

では、なぜローンカード発行後その場ですぐ借り入れが出来るような言い回しがあるのかといえば、ローン契約機コーナーなどにはATMも併設されていることが多いからです。

 

つまり、ローン契約機そのものから借り入れをすることは出来ませんが、契約機の直ぐ近くにATMがあることで、カード発行後すぐにその場で借り入れが出来ます。

 

その為、発行されたローンカードは、再度ローン契約機に読み込ませるのではなく、近くにあるATMで利用して借り入れをするのが正しいといえます。

 

ローン契約機利用のデメリットはある?

 

困る

 

ローン契約機は、ネット申し込みと併用すると最短即日融資に役立つというメリットがある反面、無人とはいえ店舗に赴くが故のデメリットもあります。

 

一つは先述もしましたが、ローン契約機での待ち時間があるという事です。

 

審査結果は速くても最短30分はかかるので、その間ローン契約機コーナーに居なくてはいけないのは億劫といえるでしょう。

 

ただ、その点については、申し込みを一からローン契約機でしなければ良いので、避けようのあるデメリットです。

 

しかし、審査通過後にローンカードを発行に向かった場合に、自分の前にローン契約機の利用者がいると待ち時間はどうしても生まれてしまいます。

 

もう一つは、カードローン契約をするのに必要な書類を持参しなくてはいけない点です。

 

ネット申し込みであれば、必要書類をスマホなどで撮って画像で送信すれば良いのですが、ローン約機で一からカードローン契約手続きをするとなると必要書類そのものを持参する必要があります。

 

もし、書類を忘れてしまったりすると、手続きが完了できず後日の契約・借り入れになってしまいます。

 

特に、収入証明書が原則不要な額での借り入れである為、収入証明書類を持参しなかったものの、実際にローン契約機まで赴いて手続きを進めていたら提出を求められた。という事は大いにあり得ます。

 

加えて、書類は自動契約機備え付けまたは併設のスキャナーから読み込むのですが、今度は逆に書類を自動契約機に忘れてしまうというリスクも否めません。

 

カードローン契約の必要書類は、基本的に個人情報が記載されていますから、悪用される恐れがあります。

 

その為、ローン契約機に本人確認書類や収入証明書類を持参する場合は、置いて忘れないように注意してください。

 

ローン契約機利用時のデメリットは、注意すれば省ける事が多いので、メリットと比べたときにそこまで重視することはないと思います。

 

スマホATMサービスがあるならローン契約機の出番はない?

 

上述してきたローン契約機のデメリットが気になる方は、WEB完結でカードローン契約をする事を検討すると思います。

 

しかし、最初の方で述べたようにWEB完結の場合、即日で借り入れをするには振込融資対応時間を気にしなくてはいけません。

 

ローン契約機でカード発行をした方が、即日借り入れをするまでに時間の余裕があるのは先述の通りです。

 

ところが、WEB完結契約でもスマホATMサービスというサービスが利用できるなら、ローン契約機を利用する時と同じようなメリットが受けられます。

 

スマホATMサービスとは、ローンカードではなくスマホを使ってATMから借り入れが出来るサービスのことです。

 

現在(2017年11月)、スマホATMサービスが利用できる金融機関は消費者金融のプロミスとモビットの2社となっています。

 

両社とも、セブン銀行ATMの画面に表示されるQRコードをスマホで読み取ることで、ローンカードがなくてもATMから借り入れが可能です。

 

また、セブン銀行ATMはコンビニATMなので、カードローン審査さえ完了していれば24時間いつでも借り入れが出来ます。

 

ただ、消費者金融カードローンで提携コンビニATMを利用する場合は、ATM手数料がかかるのであまり多用しすぎると無視できない出費になってしまう点だけ注意しましょう。

 

ローン契約機が使えるおすすめカードローン

 

プロミス

 

自動契約機営業時間:
プロミスローン契約機=9時〜22時(一部21時もあります)
三井住友銀行ローン契約機=9時〜21時(契約機により営業時間、休日が異なります)

 

プロミスでは自社のローン契約機は勿論、三井住友銀行のローン契約機も利用が可能です。

 

自社のローン契約機台数と三井住友銀行の台数を合わせると、日本全国で約1,000台以上あり金融機関の中でもダントツでローン契約機が多いといえます。

 

また、プロミスはWEB完結にも対応可能で、その際にローンカードを発行しなかったとしても、後日必要になった時にローン契約機から好きな時に再発行が可能です。

 

加えて、最新のサービスであるスマホATMサービスも利用できるので、ローン契約機を使ってカード発行をしなくても、ATMから借り入れが出来ます。

 

モビット

もび

 

自動契約機営業時間:モビットローン契約機=8時〜21時 三井住友銀行ローン契約機=9時〜21時

 

モビットもプロミス同様に三井住友銀行ロー契約機が、2017年10月より利用できるようになりました。

 

モビット自社のローン契約機は、プロミスよりも1時間早く営業開始となるので、朝一でローン契約機を利用するのに向いています。

 

しかし、モビットは自社ローン契約機の台数がそこまで多くない(2017年9月20日現在415 台)ので、地域によっては周辺にローン契約機がない可能性が否めません。

 

ただ、三井住友銀行ローン契約機が利用できるようになったので、以前よりはモビットでのカード発行申し込みがしやすくなったといえるでしょう。

 

また、モビットもセブン銀行ATMを利用したスマホATMサービス対応しているので、カードレスでATMかの借り入れが可能です。

 

三井住友銀行カードローン

みつ

 

自動契約機営業時間:三井住友銀行ローン契約機=9時〜21時 プロミスローン契約機=9時〜22時

 

銀行は自動契約機を設置しているところが少ないため、その点だけでも三井住友銀行カードローンにはメリットがあるといえます。

 

自動契約機からローンカードが発行できるため、ローンカードの郵送もなしに出来、どうしても振込融資を受ける必要がありません。

 

融資を振り込みで受けない場合は、三井住友銀行カードローンの場合口座開設不要で契約が可能です。

 

また、プロミスのローン契約機を利用することも出来るので、ローン契約機の利用で不自由をする事はないといえます。



トップ プロミス公式 プロミス以外