プロミスのカードが使えない!?その原因とは?

 

 

がっかり

 

プロミスカードでいつものように借り入れをしようと思ったら、何故か利用可能額が0円でお金が借りられない!
プロミスからは何も連絡がないし、一体どうしたらいいんだろう…。

 

という事を経験した、または今現在その状態で困っている方がこのページに目を通している事でしょう。

 

基本的に、カードが使えなくなる原因は大きく分けると2つです。

 

プロミスカードが使えなくなった理由

  • プロミスから貸し倒れを疑われている
  • ローンカードの不具合

 

このどちらが原因として厄介かといえば、貸し倒れを疑われてプロミスカードが使えなくなった場合です。

 

ローンカードの磁気などがおかしくなって、ATMが正常に読み取ってくれないといった場合は、プロミスコールに問合せて再発行をお願いするだけで事は済みます。

 

ちなみに、プロミスカードではなく偶々利用したATMの方に不具合がある場合もあるので、その際もプロミスコールに出来れば連絡してください。
故障したATMがあるのが有人店舗なら係の方に伝えるだけでも良いでしょう。

 

ところが、貸し倒れを疑われてプロミスカードが使えない場合は様々な理由が考えられ、場合によってはそのまま2度とプロミスから借り入れが出来なくなる可能性も否めません。

 

時に、利用停止はカードでのATM借り入れだけではなく、振り込み融資でも起こり得ます。

 

プロミスカードがATMで使えない場合は、「このカードは利用できません」というような表示が画面にされますが、振り込み融資での利用停止はプロミス会員ページ内の利用限度額の表示が0円となります。

 

プロミスカードの利用停止と振り込み融資の停止の原因や解除法は同じですから、どちらの場合も後述する理由と対策が有用です。

 

貸し倒れを疑われて利用停止になる原因とは?

 

カードローン契約では、なにも契約時のみ借り入れ側の与信が審査されるわけではありません。

 

カードローン利用中にも途上与信によって、借り入れ側の信用状態含め借り入れ・返済状況が金融機関にチェックされています。

 

つまり、利用の最中に借入可能額が0円になってプロミスカードが使えなくなったという事は、信用情報や借り入れ・返済の仕方に問題がみられたという事です。

 

では、どんなカードローンの利用の仕方が、利用停止を招くかといえば以下の通りです。

 

 

 

限度額以上の借り入れは出来ない

 

意外と気づかずに利用可能額が0円になってしまうパターンとして、限度額の満額まで借り入れをしてしまっている事が挙げられます。

 

限度額以上の借り入れは不可能ですから、限度額に空き枠が出来るまで返済する必要があります。

 

また、限度額いっぱいまで借りたので増額したい!という希望はまず叶わないので、当分は残高を減らすことを優先させましょう。

 

それでもどうしても借りたい場合は、プロミス以外に新規で申し込む方法も事実上は可能ですが、無事に審査通過できるとはいいにくいです。

 

加えて、限度額と共に気にするべきなのが、総量規制で年収の3分の1とされている借り入れ額の制限です。

 

特に、プロミス以外でも他に消費者金融やクレジットキャッシングを利用している場合は、借り入れ残高が分散されていることで総借入残高が分かりにくいです。

 

すると、気づかない間に各所で少しずつ借りていたのが、総量規制の年収制限にかかる金額になっていて、プロミスカードが使えなくなるという事が起こりやすいといえます。

 

ただし、プロミス以外の借入先が銀行など総量規制対象外の契約先からの借り入れの場合は、年収制限は利用停止の原因に関係ありません。

 

プロミスを利用していて、借り入れる額が増えてきて返済能力に余裕がありそうなら、限度額満額まで使ってしまう前に増額申請しましょう。
満額まで使ってしまった状態で増額を申し込むよりは、プロミスでの限度額増額が成功する可能性があるといえます。
また、信用情報に傷もない状態なら、年収によって限度額が制限されない銀行カードローンへ増額も兼ねて借り換えるのもオススメです。
その場合、突飛な希望額で銀行へ申し込むのではなく、現在のプロミスでの限度額よりも少し高め(+5〜10万円くらいまで)の金額で申し込むと上手く借り換え出来る可能性が高いです。

 

 

プロミスへの返済が遅れた

 

急に借り入れが出来なくなる原因として、一番多いといっても過言ではないのが返済の遅れです。

 

ただ、返済の遅れといっても度合いがあり、たった1回や1日返済が遅れたぐらいではプロミスカードが使えなくなってしまう原因にはならないといえます。

 

利用停止が避けられない返済の遅れは、2〜3ヶ月などの長期に及ぶ延滞といえるでしょう。

 

しかし、では2〜3日のような短期間の返済遅延であれば問題にならないか?といえば、約定返済日が来るたびに何度も繰り返し遅れていれば利用停止の原因となります。

 

毎月の約定返済が確実に出来ないという事は、貸し付け側からしてみれば、顧客がいつ返済不能になってもおかしくないと疑わざるを得ない状態です。

 

その為、自身のカードローン利用状況を振り返って、返済遅延を何度もした覚えがある場合はそれが利用停止の原因であるといえるでしょう。

 

 

急に追加借り入れ回数や金額が増えた

 

限度額や返済遅延などが全く身に覚えがない場合は、頻繁に借り入れをし過ぎている可能性を疑ってみましょう。

 

というのは、例え限度額の範囲内でも、借り入れのスパンが短くなったり借り入れ額が大幅に多くなると、貸付側の金融機関は貸し倒れリスクを危惧します。

 

例えば1ヶ月の間に大体1〜2回程度の借り入れをしていた人が、急に4回も5回も出金をし始めたら、金銭状況が悪化しているのではないか?と返済能力に不安を持たれる可能性が否めません。

 

他にも、いつになく高額を唐突に借入れた場合なども、プロミスの判断によって突然利用停止になってしまう事があります。

 

そのあたりの裁量は完全に契約先の金融機関によるので、何か月のうちに最高何度までの借り入れなら大丈夫か、一度の借り入れで何円までなら借り入れしても良いか、など具体的な基準はありません。

 

その為、なかなか見極めが難しいのですが、少しでも自分で「最近何度も借り入れし過ぎかな?大きな金額を借り過ぎたかな?」と思った際は利用停止になる前に、追加借り入れを自重することをオススメします。

 

 

個人情報の登録情報が間違っている

 

プロミスと契約するにあたって、申し込み時に申告した個人情報が間違っていて、途中で利用停止になってしまう事もあります。

 

どうしてそんなことで借り入れ出来なくなってしまうの!?と思うかもしれませんが、カードローンは信用貸しなので、正確にどこの誰とも分からない方に貸付をするリスクは取りません。

 

また、最初から嘘をついて契約するつもりの場合そもそも審査に通りませんが、意図的ではなくただのミスだとしても審査において悪影響です。

 

そのような審査の時の申し込みと虚偽申告と同じ仕組みで、カードローン利用中に個人情報に何らかの変更があったにも関わらず、正確な情報での再登録をしない事が原因で利用停止になってしまうパターンは意外と多いです。

 

特に、住所や電話番号、勤務先や年収といった情報が変わった場合は、速やかにプロミス会員ページから情報の変更登録を行ってください。

 

プロミスコールからオペレーターの方に変更情報を伝えるのでも構いません。

 

そこまで手間がかかることではないので、登録情報の変更をしていなかったことが原因でプロミスカードが使えなくなってしまうのは非常に勿体ないといえます。

 

 

収入証明書が用意できなかった

 

プロミスの場合、借り入れ希望額が50万円以下の場合と、他社借り入れ額含めて100万円以下の場合は原則、収入証明書不要です。

 

ところが、プロミスの判断により、収入証明書不要での借り入れ範囲でも書類提出が求められることがあります。

 

その際、収入証明書の提出を求められる時点で、返済能力を疑われていると思った方が良いでしょう。

 

金融機関側は契約時だけでなく、貸し付け中も借り入れ側に収入証明書を求めることが可能です。

 

例え、収入証明書が本来要らない金額での借り入れであっても、貸し付け側の提出に応じられない場合は、借り入れ利用停止にされてしまいます。

 

また、収入証明書には3年という有効期限があるので、期限が切れた際に特に提出が出来ないとプロミスからの借り入れがほぼ確実に出来なくなるでしょう。

 

 

プロミス以外で借り入れ・返済に問題が発生

 

プロミス自体では、特にカードが利用停止になるようなことはしていなくても、他社の借り入れで問題があった場合、プロミスの利用にも影響が出てくることがあります。

 

それはここまで述べてきたカードローン利用停止になる原因が、プロミス以外の他社借り入れで生じたことが原因でプロミスカードも使えなくなるという事です。

 

というのは、金融取引の履歴は原則、信用情報に記録されるため、途上与信などを行った際に他社の借り入れ・返済状況も金融機関は把握することが出来るからです。

 

その為、例えばプロミスではない金融機関で既に利用停止の記録が付いていた場合、その記録がプロミス側に把握された時点でプロミスカードも使えなくなります。

 

ちなみに、返済遅延など具体的な問題が起こっていなくでも、他社借り入れ件数や残高が嵩んでいる場合も、急に利用停止になる恐れがあるといえるでしょう。

 

プロミス以外での問題発生は、他社のカードローンでの借り入れ・返済の状況だけに留まりません。
カードローン以外のローンやスマホの割賦払い、賃貸契約の家賃などで未払い・滞納をしたことで、プロミスからの融資が受けられなくなることもあります。
というのは、それらの契約はカードローンと同じように与信状態が関わってくるので、問題があれば信用情報にその記録がされるからです。
そして、プロミスが途上与信などで信用情報を照会した時点で、他社借入で信用を失っている事が確認された場合、借り入れ停止にされるといえます。

 

 

異動情報が利用履歴に付いた

 

確実にプロミスカードが使えなくなり、借り入れ利用停止になる原因が異動情報の記載です。

 

異動情報とは債務整理や自己破産といった金融事故を起こすことで付く記録のことですが、その場合はプロミスだけでなく全ての借り入れ契約の類が出来なくなります。

 

他社借り入れの問題の所でも述べましたが、プロミスで金融事故を起こしたわけでなくても、他社借り入れで債務整理などをした場合も利用停止になります。

 

異動情報の記載がプロミスのカードが使えなくなった原因の場合、5〜10年はプロミス含めカードローンなどでの借り入れ全般が不可能です。

 

金融事故を起こしたか起こしていないかは自身でよく分かると思うので、異動情報で利用停止になった場合は借り入れが出来なくなった理由が分からない!といった事はないでしょう。

 

プロミスを始めに他社借り入れも停止になることも?

 

時に、複数借入先があると、プロミス1社で利用停止になったことで芋づる式に他社も利用停止になる可能性があります。

 

そういった場合は、複数ある借入先の残高が少ないところを優先的に返済を積極的にしていくか、契約している中のどこか1社で返済専用でローンを一本化出来ないか相談するのが良いでしょう。

 

完全に返済不能になって債務整理などをしたわけでないのなら、ローンを一本化し完済する為のおまとめ審査なら通過できる可能性があります。

 

複数借入先がある場合、各々に利息を払わなくてはいけませんし、返済日に管理もごちゃごちゃになり易いです。

 

どうせへ借り入れ利用停止で返済しか出来ないのなら、どこか1社に絞って返済専用のおまとめローン契約をして、一度完済することを考えるのがオススメです。

 

ただ、あまりにも信用情報の状態悪いと返済専用のおまとめ審査でも落ちてしまうので、その場合は残高の少ない契約先から順番に完済していけるように返済計画を立てて、大人しく返済をこなしていきましょう。

 

プロミスの利用停止を解除するには?

 

案内

 

上述してきたことが、プロミスカードが使えなくなり、借り入れ利用停止になった主な原因といえます。

 

では、上記のような原因で利用停止になってしまった場合、どうすれば再び借り入れが出来るようになるか?何か解決策はあるのか?という事が気になるでしょう。

 

一番単純なのは、個人情報の誤りと収入証明書に関する解決策でしょう。

 

会員情報に登録されている個人情報の変更を怠って、プロミスカードが使えなくなった場合は正確な情報で登録し直し、しばらく返済だけして様子を見ることで解除される可能性が高いです。

 

収入証明書の提出に関しても、求められたときには何らかの事情で提出が出来なかったとしても、後日ちゃんと自分の方から連絡し、提出することで解除されるでしょう。

 

その2つ以外が利用停止の原因である場合は、とにかく当分は返済を優先し、残高を減らしながら返済実績を積んでいくしかありません。

 

一番良い解決策は直近の約定返済日からいつもより多めの金額で返済をして、少しでも今契約しているローンの残高を減らすことです。

 

なるべく早い段階で積極的に返済をすれば、プロミスもそこまで貸し倒れリスクとしてみなすことはないので、利用停止が解除されやすいでしょう。

 

逆にずっと不信感を抱かれるような返済の仕方をしている場合は、そのうち借り入れ利用停止にされてしまう可能性が否めないので注意が必要です。

 

利用停止になった場合は、解除されるまでどちらにしても返済しか出来ないので、その間に残高を大幅に減らせる努力をする事をオススメします。

 

ただ、人によっては、残高を一度完済するまで利用停止のままで、再度借り入れが出来ない場合もあります。

 

そのあたりは借入利用者個人の信用状態と返済能力によって違ってくるので、返済だけでもしていれば必ず利用停止解除になるとは断言できません。

 

ただ、いくら借り入れ利用停止でプロミスカードが使えないとしても、それまで借りた金額に対する返済はしなくてはいけませんから、とりあえず返済だけは完済まで続けましょう。

 

異動情報が原因で利用停止になった場合だけは、返済をひたすら続けて完済しても、信用情報から事故履歴が消えない限りは利用停止解除どころか借り入れ全般が出来ません。

 

また、異動情報の場合は、信用情報から消えても問題を起こした金融機関には顧客情報として半永久的に残ります。

 

その状態を社内ブラックといいます。

 

もし、プロミスで利用停止になり、そのまま債務整理などをした場合、その後はプロミスで2度と借り入れが出来なくなる可能性が高いです。

 

借り入れ利用停止解除が望めない場合とは?

 

プロミスが利用停止になってから、ちゃんと返済するようにしているのに解除が全然されない!という場合もあることは先述の通りです。

 

では、具体的にどんな時は利用停止解除が出来ないのか?といえば以下のような場合が挙げられるでしょう。

 

  • 債務整理や自己破産などでの異動情報の記録がある
  • プロミスだけでなく他社の返済・支払いも滞っている
  • 且つ他社でも借り入れ利用停止されている

 

上述したような状態にある場合は、返済をちゃんとし始めても完済まで利用停止解除がされない可能性が高いです。

 

異動情報に関しては、確実に完済しその後信用情報からその履歴が消えるまで、既存のローンでの借り入れも新規契約も出来ません。

 

返済が大幅に滞ったせいで利用停止になっている場合は、完済するまでは借り入れが出来ない傾向にありますが、完済後は再度借り入れが出来るようになる可能性があります。

 

ローンカード停止と解除方法はどこも基本同じ

 

ここまで述べてきたプロミスカードが使えなくなった原因とその解決方法は、他の金融機関のカードローンでも通用します。

 

プロミス以外の消費者金融は勿論、銀行カードローンの場合も利用停止の原因とその解除の仕方は変わりません。

 

冒頭で述べましたが、どこでカードローン契約をしても、ローンカードが使えなくなる原因は、自身の借り入れ状況に問題があるかカード自体に不具合があることです。

 

ローンカードの不具合は絶対にないとは言い切れませんが、利用停止の原因の大半は自身の与信や返済状況にあると考えた方が良いでしょう。

 

ちなみに、ローンカードを使わないカードレス契約の場合の利用停止は、ネットキャッシングをする為のページにログインが出来なくなります。

 

ネットキャッシングのログインが出来なくなった場合の理由としては、ローンカード停止と同じように与信に問題があることと、IDまたはパスワードなどが間違っている、サーバーが込み合っていてアクセスできない。といったことが考えられます。

 

与信に問題がある場合は、上述してきたような解決策が挙げられますし、ネットキャッシングでID・パスが分からない場合は公式サイトなどから変更登録することで解決します。

 

サーバーが込み合っていて繋がらない場合は、少し時間をおいてからネットキャッシングにアクセスする必要があります。

 

あまりにサーバーエラーなどが長い場合は、金融機関のサイト側の不具合が考えられるので、ローンカードの不具合時と同様に、金融機関に連絡してください。