他社借入があってもプロミス審査は通過可能?

 

プロミス以外でカードローンを契約していて、さらにお金が必要になった!という事もあるでしょう。

 

そういった際プロミスに申込む前に、他社借入があっても審査に通過できるかが心配だと思います。

 

他で借りているとプロミスでは借りられないかもしれない…と申し込みをためらっている方は少なくないでしょう。

 

他社借入があってもプロミス審査通過は出来る!

 

実は、プロミスで契約する前に他のカードローンで借りていても、審査通過できる可能性はあります。

 

ただし、他社借入で返済遅延や延滞、債務整理などの異動情報の記録がない事が重要です。

 

もし、他社借入で返済が遅れている場合は、勿論審査では不利になりますし、信用情報に異動情報がある場合はどこであっても審査に落ちます。

 

つまり、他社借入そのものが審査で不利になるのではなく、カードローンの利用の仕方が悪いとプロミスの審査通過が厳しくなるのです。

 

逆に、他社借入があっても、返済遅延が一度もなく着実に残高を減らしている場合は、信用実績が積まれているとしてプロミス審査に有利になります。

 

借入を一切していない方の信用情報は、金融機関がいくら照会しても何の記録も載っていません。

 

すると、審査をする側としては、借りて返済した履歴が一切ないので、融資をしてしっかり返済される判断がつかないといえます。

 

プロミスとしては何も信用情報に履歴がない人に貸すのは不安です。

 

その場合、他社借入がある程度あり、借りて返済している記録が信用情報にある方の方が、与信状態的に審査で優遇される傾向にあります。

 

つまり、他社借入があっても利用の仕方が良く、返済を怠っていなければプロミスの審査に落ちてしまう事はないといえるでしょう。

 

しかし、他社借り入れ件数が4社以上など多すぎる場合は、いつか返済不能になる可能性が否めません。

 

返済が遅れていなくても、多重債務の場合は流石に審査に不利になるので、借入件数には注意してください。

 

他社借入がある場合プロミス審査は総量規制に注意が必要?

 

他社借入があるだけでプロミスの審査に落ちてしまう事はありませんが、先述した借入件数や借り入れ残高には気を付ける必要があります。

 

特に、他社借入がプロミスと同じ消費者金融などの貸金業者の場合は、総量規制の年収制限に注意しましょう。

 

総量規制は貸金業者に適用される規則で、借入側の年収の3分の1以上は貸せないという制限があります。

 

その為、プロミス以外での他社借入が貸金業者からの場合、他社借入残高とプロミスで借りる金額を合わせて、自分の年収の3分の1を超えない金額しか借りられません。

 

例えば、自分の年収が200万円だとすると、プロミスのような消費者金融から借りられる金額は最高で約66万円ほどといえます。

 

その際、既にA社で20万円、B社で30万円を借りている場合は、プロミスではあと10万円しか借りられません。

 

あまりにも総量規制ギリギリの借入残高の場合は、審査通過が難しくなってきます。

 

銀行カードローンであれば、総量規制が関係ないので、もし他社借入残高が総量規制に達しそうな場合は、プロミスではなく銀行へ申し込んだ方が希望があるかもしれません。

 

プロミスで50万円以上他社借入含め100万円以上で収入証明書が必須

 

総量規制では収入証明書の提出も義務付けられています。

 

プロミスで50万円以上借りる場合にも収入証明書は必要ですが、他社借入とプロミスでの借入を合わせて100万円以上になる場合も、提出が求められます。

 

その為、例えばプロミス自体で借りる金額は30万円でも、他社借入が70万円以上ある場合はプロミス申し込み時に収入証明書の提出が必要です。

 

プロミスでは、源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)などが収入証明書として認められています。