カードローン即日審査=即日融資可能ではない?

驚く

 

カードローン契約を申し込み当日中に完了させて、借り入れまでもしたい!という希望は多いです。

 

特に、初めてカードローン契約をする方は、緊急でお金が必要な場合が多い事でしょう。

 

そこで、最短即日審査、最短即日融資が可能な金融機関のカードローンでの契約を考えるわけですが、注意する点があります。

 

それは、申し込み当日中の最短即日審査対応をしていても、融資は最短即日対応していない場合がある事です。

 

例えば、ネット銀行カードローンに多いのが、審査結果は最短30分や最短即日で通達するものの、融資はローンカードが郵送で届いてからしか出来ない。というパターンです。

 

カード発行後は、ローンカードや振込みでその日のうちに借り入れが出来るようになり、不便はないのですが契約して直ぐ融資を受けることが出来ないのはやはりネックです。

 

加えて、金融機関側も出来ればそのようなデメリットよりはメリットを打ち出したいですから、とりあえず「最短即日審査対応!」と審査時間が早い事だけを謳っていることが多いです。

 

すると、カードローン契約が初めての方が、契約を急いでいる時には、審査が最短即日なら融資も即日対応可能だろう。と思い込んでしまいがちです。

 

融資スピードに自信がある金融機関のカードローンは、最短即日融資可能であることの方を、審査時間の短さより前面に押し出していることが多いです。

 

しかし、その点審査時間の短さの方を前面に謳っている場合は、申し込み当日中の借り入れは出来ない可能性が高いです。

 

その為、勘違いをして審査は即日対応だったけれど、融資は後日だった…。といった事にならないように、カードローン審査と融資の両方を最短即日対応としている金融機関で契約に臨むのが安全といえます。

 

最短即日審査・融資可能には条件がある?

 

最短即日審査・融資対応可能としていても、条件付きの場合があります。

 

例えば、みずほ銀行カードローンは、口座とキャッシュカードがあり、WEB完結申し込みを平日午前にすることで最短即日融資が可能となります。

 

消費者金融カードローンでも、WEB完結での最短即日融資を希望するなら、平日15時までに申し込み手続きなどを完了させる。という条件が付きます。

 

そのような条件を理解しないまま、カードローン申し込みをしてしまうと、融資までに思いのほか時間がかかってしまった…。ということになりかねません。

 

特に土日・祝日の前にカードローン申し込みをする場合は、申込当日中に融資が受けられないと、借入れまでに2〜3日かかってしまう可能性が高いです。

 

大きな見出しだけ見て判断するのではなく、即日審査・融資の条件や注意事項を見逃さないようにしましょう。

 

時に、紛らわしい例としてよくあるのが、「ローンカード発行後即日融資可能」や「契約締結後は即日融資可能」という文言ですが、これらは申し込み当日中の即日融資には対応していないことを意味します。
ローンカード発行後即日融資可能としているカードローンは、大体カード発行が郵送で即日中にカードが手元に来る事はないので、申し込みをした日の借り入れは出来ない事が多いです。
契約締結後は即日融資対応という場合は、基本的に審査完了までに何日か要するために、即日融資が受けられない事が多いです。

 

即日融資が一番の優先事項なら消費者金融がオススメ?

 

案内

 

とにかく、申し込みを今すぐして今日中に借り入れがしたい!日時や口座の有無にかまっていられない!!

 

という場合は、大手消費者カードローンへネットから申し込み、審査通過後に自動契約機からローンカードを発行する流れでの契約がオススメできます。

 

大手消費者金融カードローンでも、WEB完結契約で振り込み融資してもらおうとすると、特定の銀行口座がないと最短即日対応が難しいので、必ずローンカードは自動契約機で受け取るのがミソです。

 

大手消費者金融のカードローン審査対応時間は大体21時までとなっており、自動契約機の営業時間も同じくらいまでか、長いところだと22時まで稼働しています。

 

加えて、自動契約機は無人機とも言われるように、有人店舗ではないため土日祝日でも稼働していますから、土日祝日でも同じ流れで最短即日借り入れが可能です。

 

その為、平日や日中働いている方でも最短即日審査・融資を受けるのが難しくありません。

 

自動契約機でローンカードさえ受け取ることが出来れば、ATMから何時でも曜日も関係なく借り入れが可能なので、最短即日融資が受けられる可能性が高い契約方法といえるでしょう。

 

逆に、銀行カードローンへの申し込みやWEB完結による振り込み融資での最短即日融資を狙うとすると、日時の制約が出てきます。

 

というのは、銀行カードローンの場合は、平日正午くらいまでしか審査対応していないことが多く、振り込み融資に関しても平日15時以降や土日祝日は、翌営業日扱いなってしまうからです。

 

また、一番カードローン契約で融資までに時間がかかるのは、口座開設もカードローン申し込みと同時にした場合です。

 

口座開設もする場合は、それが完了した時点から借り入れが可能となるので、最低でも2週間は融資までかかると思っておきましょう。

 

最短即日審査・融資対応可能なカードローンはどれ?

 

早く借り入れはしたいものの、どこに目当てを絞っていけば良いかさっぱりわからない…。

 

初めてのカードローン契約では珍しくない悩みだと思います。

 

そこで、自動契約機でローンカード発行する前提で、最短即日審査と最短即日融資が可能な金融機関を、審査対応時間と自動契約機の営業時間が長い順に表にしてみました。

 

参考になれば幸いです。

 

カードローン

審査対応時間と最短審査時間

自動契約機営業時間

最短融資時間

アコム

9:00〜21:00

最短30分

8:00〜22:00

最短1時間

プロミス

9:00〜21:00

最短30分

9:00〜22:00

最短1時間

アイフル

9:00〜21:00

最短30分

8:00〜21:45

最短1時間

SMBCモビット

9:00〜21:00  

平日19:00までの申し込みで最短30分

9:00〜21:00

最短即日

三井住友銀行カードローン

9:00〜21:00

即日審査不可

9:00〜21:00

最短即日不可

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

9:00〜21:00

即日審査不可

土日祝日は9:00〜17:00

平日9:00〜20:00

土曜祝日10:00〜18:00

日曜10:00〜17:00

最短即日不可

 

プロミスの即日融資ポイントを詳しく⇒

 

自動契約機は、設置されている場所によっては営業時間が短い場合があるので、利用する場所の契約機の営業時間は、各金融機関のHPで再度確認してください。

 

銀行カードローンは、過剰貸付指摘の自主規制として、2018年1月以降即日審査・即日融資とも停止する方針を公表しています。
その為、以前は最短即日審査・融資に対応していた上記の銀行カードローンも、即日対応が不可能となるので注意してください。

 

早く借りて早く返すなら無利息期間が便利!

 

消費者金融カードローンは審査も融資も即日中に対応可能ですが、金利が銀行カードローンよりも高めなのがデメリットです。

 

ただ、借りる金額が少額で契約後、翌月の返済日などに完済できるなら無利息期間を利用することで、利息を省くことが出来ます。

 

無利息期間のサービスは、大手消費者金融のモビット以外であれば扱っているので、契約先が限られることもありません。

 

無利息期間は、サービスを扱っている金融機関で初めての契約で、最大30日間受けられます。

 

その為、本当は金利も気にして借り入れをしたかったものの、即日融資を優先させるために消費者金融を利用する場合は、無利息期間内に完済できる金額で借りるのが良いです。

 

30日の間は限度額内で何円借りても、最終的に直近の返済日に完済すれば、利息が0円で済みます。

 

クレジットキャッシングは最短即日不可?

 

時に、借り入れをする手段として、カードローン他にもクレジットカードでのキャッシングという方法も考えられます。

 

既に手元にあるクレジットカードにキャッシング可能な枠がある場合は、即日キャッシングも可能です。

 

ところが、新しくクレジットカードを作って即日キャッシングをするのは、難しいといえます。

 

確かに、クレジットカードにもカードローンのローンカード同様に、最短即日発行に対応しているものもありますが、クレカの即日発行ではキャッシング枠が設けられていない事が多いです。

 

というのは、クレジットカードはそもそもがショッピング購入代金の立て替えが主な機能であり、キャッシング枠はおまけだからです。

 

その為、クレジットカードを発行している、カード会社や信販会社には消費者金融ほど与信審査のノウハウがなく、キャッシング枠を付けるとなると審査に時間がかかってしまいます。

 

唯一、クレジットカードでも最短即日発行・キャッシングが可能なのは消費者金融アコムが扱う、アコムACマスターカードです。

 

ただ、その場合、結局契約先はアコムですし、金利もカードローンと変わらないので、クレジットカードにこだわる必要はないといえるでしょう。



トップ プロミス公式 プロミス以外