ろうきんローンマイプランの審査は厳しい?仮審査から本審査に通るには?

 

労働金庫、通称ろうきんは、労働組合と生協が共同出資し設立された金融機関です。

 

ろうきんは地域ごとに全国13設置されています。

 

ろうきんにも実はマイプランといわれるカードローンの取り扱いがあり、借り入れが可能です。

 

ろうきんローンは低金利!金利引き下げも

 

また、ろうきんのマイプランで契約すると、かなり低金利で借り入れが出来ます。

 

消費者金融は勿論、銀行カードローンよりもろうきんのローンは低金利な場合が珍しくありません。

 

ろうきん事に金利設定が違う場合もありますが、例えば中央ろうきんのマイプラン金利は年3.875〜8.475%です。

 

銀行カードローンでも、大体年14.0%くらいが平均の金利ですから、ろうきんのローン金利が如何に低いか分かります。

 

加えて、ろうきんローン契約時に特定の条件を満たしている事で、適用金利からさらに金利の引き下げがされます。

 

ろうきんローンで金利引き下げがされる条件として以下が挙げられるでしょう。

 

金利引き下げの条件
  • インターネットバンキング契約
  • WEB通帳契約
  • ろうきん口座への給与振込
  • ろうきん口座での年金受取
  • ろうきん口座から公共料金自動引
  • 有担保ローン・住宅ローン利用
  • 一般財形・エース預金契約
  • 財形年金・財形住宅・年金受取エース預金契約
  • ろうきんUCカード契約
  • 若年者

など

 

各地域に対応するろうきによっては、金利引き下げの条件が変わってくる事もあるので、よく確認する事をおすすめします。

 

ろうきんローンの審査基準は?通過が厳しいはホント!?

 

ろうきんのローンには申し込み条件が設けられており、消費者金融や銀行のカードローンと比較すると、条件が具体的となっています。

 

また、金利引き下げの条件同様に、地域ごとのろうきんのローン申し込み条件は微妙に違っている場合もあるので注意してください。

 

ろうきんローンのマイプランの基本的な申し込み条件は、満18歳以上満65歳未満で年収が最低150万円以上の方となっています。

 

未成年の方の場合は、親権者の同意が必要です。

 

加えて、勤続年数が1年以上、自営業・個人事業主の方の場合は3年以上の営業実績がなくてはいけません。

 

一応ろうきんのローンも、上述の条件が満たせていれば、アルバイト・パートの方でも借り入れは可能です。

 

ただ、年収150万円以上という条件がある限り、扶養内で働くパート主婦や学生アルバイトなどは、対象から外れる可能性が高いです。

 

消費者金融や銀行の申し込み条件は、年齢制限と安定した収入がある事ぐらいしかないので、ろうきんの申し込み条件はハードルが高く感じると思います。

 

ろうきん団体会員じゃなくても審査には通るのか?

 

時に、ろうきんのローンは、団体会員として加入していないと利用できないと思っている方もいるかもしれません。

 

ろうきんローンは団体会員ではない一般の方でも申し込み可能です。

 

その為、原則、団体会員以外の方もろうきんの審査に通過できる可能性はあります。

 

ただ、団体会員や生協会員もしくは同一生計家族の方の場合、ろうきんローンの金利優遇がありますが、一般の方はありません。

 

また、例えば信用情報や属性に評価が同じくらいで、もし団体会員と一般会員が審査で競合したとしたら、おそらく会員の方が審査通過となるでしょう。

 

ろうきんローンは会員でないと利用できない!という事はありませんが、ろうきんは原則、団体に加入している方の生活を扶助する為の機関として設置されています。

 

審査に落ちてしまう原因は?

 

金利が低い分、やはり貸し倒れリスクをかなり危惧する為、ろうきんのローン審査通過は簡単ではありません。

 

申し込み条件が無事に満たせていても、以下のような点に心あたりがある場合はろうきんでの審査通過は難しいでしょう。

 

審査通過出来ない原因
  • 他社カードローン・クレジットカードで返済が遅れている
  • 他社借入件数や残高が多すぎる
  • 3カ月以上の延滞をしている
  • 債務整理など金融事故を起こした

 

したがって、基本的に他の金融機関などで返済遅れがあったり、他社借り入れが多すぎたりする場合は、ろうきんで借りられる可能性は低いです。

 

また、当然ですが長期の延滞や金融事故で信用情報に異動情報が記録されている場合、確実にろうきんの審査には落ちるでしょう。

 

ろうきんは営利目的ではない金融機関なので、低金利ではありますがだからといって審査が甘いわけではありません。

 

ろうきんの審査期間は?仮審査・本審査の流れ

 

ろうきんの審査は、仮審査と本審査の二段階に分かれています。

 

仮審査は、貸金業のノウハウを持っている保証会社に委託しているようです。

 

それもあって、仮審査の結果が分かるだけでも最低でも1週間程度かかるとみておいた方が良いでしょう。

 

ろうきんの申込から本審査が完了するまでの流れは以下の通りです。

 

申し込みから本審査完了までの流れ
  1. 申し込み(ネットは仮申し込みのみ)
  2. 仮審査
  3. メールまたは電話で仮審査結果通知
  4. 本申し込み書類の郵送
  5. 申込書と必要書類の提出
  6. 本審査
  7. 本審査結果通知

 

ろうきんでは仮審査の結果が電話かメールで通達されます。

 

仮審査が完了するのにも1週間はかかりますし、本審査に移行してからもさらに1週間ほど時間がかかります

 

ろうきんの仮審査は通過したのに、本審査では落ちてしまった…という事もあります。

 

その際、再度ろうきんローンに申し込みをし直しても、本審査通過できる!という事はありません。

 

ろうきんに限らず、金融機関のローン審査に落ちると信用情報にその履歴が記録されます。

 

その為、一度審査に落ちている人を再申し込みされたからといって、審査に通す事はないです。

 

審査にかなり時間がかかるので、どうも自分の与信状態では審査通過が難しそう…と思う場合は、ろうきんではない金融機関のローンに申込んだ方が賢明です。

 

消費者金融や銀行の審査なら通過できるかも?

 

ろうきんのローン審査基準は厳しいので、審査に落ちてしまう方も少なくありません。

 

ただ、ろうきんで借りられなかったとしても、消費者金融や銀行であれば審査通過できることがあります。

 

ろうきんよりも金利が高く付きますが、その分消費者金融や銀行カードローンの方が審査通過し易い傾向にあるといえるでしょう。

 

しかし、信用情報に重要な問題がある場合は、ろうきんだけでなく他の金融機関のローン審査にも落ちる可能性が高いです。

 

もし、ろうきん審査には落ちたけど、それほど目立つ問題が信用情報にあるわけではない。という場合は、消費者金融か銀行に申し込んでみても良いといえます。

 


トップ プロミス公式 プロミス以外