楽天カードの審査は厳しくない?急にカードが利用停止になる原因と対策は?

 

楽天市場を中心に楽天ユーザーは多いですから、クレジットカードも楽天で。という方は少なくない事でしょう。

 

楽天カードを作る場合は、クレジットカード審査があります。

 

その際、審査基準が厳しいか甘いか気になるところですが、審査基準や難易度に関しては、楽天に問合せをしても教えてもらえることはありません。

 

ただ、既に楽天カードの審査を受けて、無事にカード発行できた方や逆に落ちてしまった方が口コミや経験などをネットで公開しています。

 

そういったところや与信審査の基本的な仕組みから、楽天カードの大体の審査基準が見えてくるでしょう。

 

楽天カード入会(申込)条件は?18歳未満は発行不可

 

審査に通過する最低限の条件は、どのクレジットカードでも入会・申込条件に記載があります。

 

まずは楽天カードの入会条件に沿っていない事には、申し込んでも審査に通過する事はありません。

 

楽天カード入会条件
  • 高校生を除く満18歳以上の方
  • 学生や主婦、アルバイト・パートも可

 

満18歳以上であれば、学生アルバイトや主婦パート、フリーターでも楽天カードの入会条件には当てはまります。

 

ただ、学生でアルバイトをしていても18歳未満は楽天カードの入会条件の対象外ですから、申し込んでも審査通過する事はありません。

 

非正規雇用でも入会条件に含まれているので、楽天審査に通過するのに年収が高くないといけない!という事はないといえるでしょう。

 

楽天カードの申し込み条件には、満18歳未満の方と高校生が対象外である事以外は記載がありません。

 

自身に安定した収入がない場合発行できないカードなどは、その内容が申し込み条件に記載されている事が多いです。

 

その為、専業主婦の方でも作成が可能といえます。

 

また、年齢の上限もないので年金受給者の方も発行が可能といえます。

 

しかし、無職で何も収入がないような場合は、例え楽天カードの審査であっても通過出来ない可能性があるので注意しましょう。

 

ちなみに、会社などに勤めているわけではない、個人事業や自営業者の方でも、楽天カードの作成は可能です。

 

クレジットヒストリー(クレヒス)が審査で重要なのはホント?

 

カード審査では、それまでのクレジットカードでの利用実績であるクレジットヒストリーが重視されると聞いたことがある方もいると思います。

 

確かに、クレジットヒストリーは審査で重視されますが、クレジットヒストリーといわれる情報はカードの利用状況だけに限りません。

 

そもそも、クレジットという語は信用販売を意味するので、クレジットカードを限定して指すものではないです。

 

審査では信用情報という個人の信用取引の記録を信用情報機関に照会します。

 

その信用情報がクレジットヒストリーの正体なので、カードだけではなく携帯割賦払いや家賃の支払い、カードローン、住宅ローンなど、すべての分割払いの利用状況が審査でチェックされるのです。

 

もし、信用情報に金融事故(債務整理や自己破産など)による異動情報や、いずれかの分割払いでの長期支払い滞納の履歴がある場合は、審査に落ちてしまいます。

 

楽天カードの審査基準が厳しくないとはいえ、信用情報に重大な問題がある場合は審査通過出来ません。

 

特に、楽天カードは信用情報での審査を重視している傾向にあり、カード発行をした後の途上与信も頻繁にチェックしている傾向にあります。

 

一度カードの支払いが遅れただけで、その後の利用が停止されてしまった!というような口コミも楽天カードは少なくないので、クレジットヒストリーに少しでも問題がある場合は、他のクレジットカードをあたった方が審査通過の可能性があるでしょう。

 

楽天カードは、カード初心者で利用実績が積めていなくても審査通過は厳しくないですが、少しでも信用に傷があると審査に落ちる可能性がかなり高い点に注意してください。

 

楽天カード審査難易度は高くない!年収が低くても大丈夫

 

クレジットカードの審査基準は発行を希望すカードのクラスに伴うといえます。

 

その際、JCBやアメリカンエキスプレスなどステータスカードを扱うような有名なカード会社のプロパーカードなどは審査基準が厳しく通過が難しいです。

 

その点、楽天カードは信販系カードの中でも審査基準が高くありません。

 

イオンカードのような流通系カードの審査基準と変わらないくらいなので、正社員で年収200万円以上でなくてはいけない!という事はないです。

 

ステータスカードのゴールドカードやプラチナカードになってくると年収は勿論、職業(業種)や勤続年数など細かい点も審査で重視されるようになってきます。

 

そういった支払い能力に説得力を持たせるための収入などに関係してくる個人情報を属性といいます。

 

楽天カードの審査では、最低限安定した収入があり対象年齢になっていれば、それ以上に属性での評価を求められる事はないといえるでしょう。

 

楽天カード発行後の利用状況が悪いとすぐに使えなくなる!?

 

楽天カードは初回契約時の審査は通過が難しくない分、発行後に支払いが遅れたり他社のカードやローンで問題がみられた場合、すぐにショッピング枠の利用が出来なくなるという口コミが多いです。
そして、サイト管理者の家族も実際に楽天カードの利用停止を食らっていたので、そういった口コミには信憑性があると感じています。

 

サイト管理者の家族は、楽天カード自体の支払いが遅れたわけではないのに、強制解約扱いとなってしまっていました。

 

エラーコード問題として突然の利用停止はネット上でもよく取り上げられており、発行したはいいけど全然使わないうちに利用停止なった…という事象が楽天カードでは珍しくありません。

 

楽天カードを利用していて、エラーコード1や2が出た場合は、楽天カードの基準で与信状態に問題がある為に利用が出来なくなっている状態です。

 

楽天カードが使えなくなった時の対策は?

 

エラーコード1の場合は、支払い遅れなどで一時的に利用停止にされているので、遅延を解消すれば再度カード利用が出来るようになる事もあります。

 

しかし、エラーコード2の場合は、既に強制解約に入っている段階なので基本的にその後楽天カードを利用する事は出来ません。

 

エラーコードが出た場合は種類に問わず、まずは楽天コンタクトセンター(0570−66−6910)に連絡が必要ですが、エラーの原因を具体的に教えてもらえる事はほぼないです。

 

もし、楽天カードが使えなくなってしまった場合、特に長期延滞をしたり金融事故を起こした覚えがないのなら、他のカードを作成することを検討してみても良いでしょう。

 

利用停止以外にも、増額に失敗したりメンテナンス中にカード利用したりするとエラーコードが出るので注意してください。

 

 

 

楽天カードは新規の発行はわりと簡単に出来ますが、利用状況で顧客をふるいにかける傾向にあります。

 

口座に引き落とし額が入ってなくてたまたま支払いが遅れてしまった!という場合でも、他社の利用状況も合わせて途上与信によって二度と楽天カードが使えなくなってしまう可能性が否めません。

 

その為、楽天カード審査に通過し発行までした際には、その後の利用状況にも気を遣うようにしましょう。

 

楽天カードと審査基準が同じくらいで、途上与信に理不尽なくらいに厳しくないカードは沢山あるので、もし使えなくなってしまっても焦らずに他のカードに申し込んでみましょう。

 

ちなみに、2018年10月22日までにエントリーする事で、X JAPANのYOSHIKIデザインの楽天カードが作れます。



トップ プロミス公式 プロミス以外