レディースローンは何が女性に嬉しいのか?

女性の画像

 

レディースローン

 

女性の中には消費者金融に対して怖いイメージがあり申込を躊躇してしまう方がいるかもしれません。

 

消費者金融の中には、女性オペレーターが必ず対応してくれる女性専用のカードローン商品を扱っている所があります。

 

ただし、レディースローンだからといって、金利が低かったり、審査基準が甘いというような優遇があるわけではありません。

 

レディースローン画像

・女性スタッフが受付から契約まで対応してくれる。

 

基本的には、カードローンの申し込み窓口が女性専用で設けているという事が、レディースローンの主なサービスの特徴です。

 

あくまでもキャッシングへの抵抗感をなくして、気軽に利用できるようにする為のサービスとなっています。

 

どの消費者金融がレディースローンを扱っているのか?

 

具体的に、どの金融機関がレディースローンを取り扱っていてるのか?各社サービスに違いはあるのか?

 

まずは、消費者金融3社で比較してみます。

 

商品概要チェック

・プロミス

融資額

500万まで

借入利率

4.5%〜17.8%(実質年率)

※新規契約の方が対象となります。

遅延利率

20.0%(実質年率)

申込いただける方

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入がある方

※主婦・学生の方でも、パート・アルバイトによる安定収入がある場合は申込可能です。

・アイフル

融資額

10万

※増額希望時は再度審査が必要です。

借入利率

18.0%(実質年率)

遅延利率

20.0%(実質年率)

申込いただける方

他社の借入がない方。満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方

※取引中に万70歳になられた時点で新たな融資は停止になります。

・ノーローン

融資額

1万〜300万

借入利率

4.9%〜18.0%(実質年率)

遅延利率

20.0%(実質年率)

申込いただける方

安定した収入のある方

 

最初にも述べたように、レディースローンとフリーローンとの貸付条件の違いは無く利率なども全く同じです。

 

あくまでも、レディースローンの最大の特長は女性オペレーターが対応することによる安心感や敷居の低さとなっています。

 

ただし、上記の消費者金融の中で、アイフルだけは限度額を通常のフリーローンより少額にしたプランにしています。

 

プロミスとノーローンが扱っているレディースローンは、申し込み後の手続きを進める上で、女性オペレーターが担当になる事だけをサービスとしています。

 

どこのレディースローンの利便性が高いのか?

 

レディースローンを扱っている消費者金融のサービスやカードローンの条件を比較してみました。

 

通常のカードローンとレディースローンでは、内容に差があることはないですが、各社のローン比較は可能です。

 

その為、レディースローン特有のメリットはないとしても、どこでカードローン契約するか吟味しなくては損をしてしまう事もあります。

 

商品特長

プロミスはレディースキャッシングという商品名で区別されていますが金利等に違いはありません。受付〜契約まで女性オペレーターが対応してくれます。金利は17.8%で1番低いですし、フリーローン利用者と同様のサービス(瞬フリ・ポイントサービス・30日間無利息サービス等)が受けることができ、提携ATMも多く全国10万台以上あります。

 

アイフルは女性限定ではありませんが、女性向け商品としてSuLaLiがあり、申込〜契約まで女性オペレーターが対応します。金利は18.0%になっていますが、特長としては借り過ぎないよう限度額10万であることや、お洒落なSuLaLi限定カードを発行して差別化を図っています。30日間無利息サービスも受けれます。

 

ノーローンは商品としてはありませんが女性専用ダイヤルがあり受付〜契約まで女性オペレーターが対応します。ノーローンの特長は1週間無利息を何度でも使える事です。またノーローンは返済の利息額に応じて楽天スーパーポイント・ネットマイル・Gポイントが貯められます。

 

ちなみにアコムは女性向けの商品はありませんが、専用ダイヤルならあります。

 

また、クレジット機能付きのACマスターカードはクレジットカードにしか見えませんので人に見られても安心な一枚です。

 

モビットも女性用の申し込み窓口の用意はありませんが、WEB完結契約することで電話連絡の一切をなしにすることが出来ます。

 

プロミス公式サイトはこちら⇒

 

専業主婦は消費者金融では借りられない?

お金に悩む画像

 

レディースローンや女性専用窓口は、消費者金融に設けられていることが多いです。

 

しかし、総量規制の兼ね合いで、専業主婦の方は消費者金融のレディースローンで契約することは出来ません。

 

厳密には、総量規制例外貸付にあたる配偶者貸付として、消費者金融のカードローンに申込むことが法律上は可能です。

 

ところが、配偶者貸付として専業主婦の方が消費者金融のでローン契約をするよりも、銀行カードローンを契約した方が手続きが簡単です。

 

その為、消費者金融での配偶者貸付利用の需要が少ないので、総量規制例外貸付として専業主婦への貸付に対応していない場合が多いです。

 

銀行カードローンのレディースローンは?

 

では、専業主婦の方でも借り入れが可能な銀行カードローンでレディースローン、女性専用窓口を設けているところはどこか?

 

新生銀行カードローン レイクのレディースレイクが挙げられます。

 

「レイク」といえば以前は消費者金融でしたが、今現在は新生銀行が提供しているカードローンです。

 

新生銀行カードローン レイクのレディースレイクでは、上述してきた消費者金融のレディースローンと同じように、女性オペレーターが受付〜申込まで対応してくれます。

 

レイクの特長

銀行カードローンにて金利は上限金利18%で他銀行カードローンよりは3%くらい高めです。
しかし、銀行カードローンでは珍しく無利息期間サービスがあり即日融資も可能・コンビニも手数料無料で利用できます。
ほとんど消費者金融と変わらないサービスが受けられ、夫に内緒で借入できます。

 

その他には、みずほ銀行口座の開設が必須となってきますが、みずほ銀行わたし応援ローンなども女性向けローンとなっており、専業主婦の方への貸付にも対応しています。

 

銀行カードローンは昨今、過剰貸し付けが問題になりつつあり、今後銀行からの貸し付けに適用する法改正があった場合、専業主婦の方の借り入れは出来なくなる可能性があります。
今はまだ専業主婦貸付対応している銀行であればカードローン契約が可能ですが、借入後の銀行貸付の動向に注意が必要です。

 

レディースローンでもカードローン契約の流れは変わらない?

 

レディースローンは、申し込み時に通常カードローンではなく、レディースローンの窓口から申込む必要があります。

 

それは、カードローン申し込み方法をどの方法でするかによって変わってきます。

 

ネットから申し込む場合は、各金融機関が用意しているレディースローンのリンクから申し込むことで、女性オペレーターの方に必ず対応してもらえる契約の流れになります。

 

自動契約機の場合は、機械の画面に通常カードローンとレディースローンの申し込み選択画面が表示されるので、任意の方を選択してて手続きを進めます。

 

電話申し込みは、レディースローンを扱っている金融機関であれば、どこも女性専用ダイヤルを設けているので、そちらの電話番号から申し込みをします。

 

ただし、郵送申し込みの場合は、レディースローンの対応していない場合があるので、なるべく郵送以外の申し込み方法を選ぶようにしましょう。

 

また、基本的な契約手続きの上でのサービスは通常のカードローンと変わらず適用されます。

 

例えば、無利息期間があったり、WEB完結対応も可能な金融機関で契約する場合、レディースローンから申し込んでもそれらのサービスは受けられます。

 

レディースローンまとめ

レディースローンと通常のカードローンに、担当オペレーターが女性に指定できる以外の違いはほとんどありません。

 

すると、どこが利便性や会員サービスが充実しているかでカードローンを選ぶ事になります。

 

アイフルの女性向けカードローンは限度額を10万円にしたり、カードをお洒落にしているという独自性があります。

 

しかし、カードローンの利用や会員サービスの充実度においては、やはりプロミスの方が上といえるでしょう。
(プロミスカードローン詳細はトップページへ⇒)

 

専業主婦の方の場合は、銀行カードローンであれば、旦那さんに内緒での借り入れもできるので、一度検討してみてください。

 

配偶者貸付を利用して消費者金融でカードローン契約をするには、旦那さんの同意や収入証明書などが必要になります。

 

加えて、必要な書類や同意が得られても、消費者金融の方が配偶者貸付を端的に言ってしまえば嫌がることも考えられます。

 

どうしても専業主婦の方で、レディースローンへ申し込みをしたい場合は、新生銀行カードローン レイクなどがおすすめです。

 

 

30代 女性
 三井住友銀行の中でプロミスの契約が出来るのは今回初めてのカードローン契約だったのもあり、初めて知りました。
 女性専用のレディースキャッシングがあったのでプロミスを利用しました。審査結果の連絡がちゃんと女性の方が担当で丁寧だったのでホッとしました。
 カードの自宅郵送は避けたくて、私はローン契約機でプロミスカードを発行をしました。

icon-1.png

意外と女性専用申し込みまたはレディースキャッシングを扱っているところって、消費者金融でも銀行でも少ないです。
プロミスはレディースキャッシングのページから申し込んだり、女性専用フリーコールに電話することによって、担当オペレーターが必ず女性になる仕組みの女性専用ローンを取り扱っています。
ローン内容は普通のものと何も(金利や限度額など)変わりませんが、女性同士のほうが安心して相談や質問が出来るのがメリットです。