土日祝日でもプロミスでお金は借りられるのか?

休日

 

土日や祝日というと世間一般的に休日です。

 

その為、土日はカードローンを契約してお金を借りることは出来ないだろう。と思っている方も少なくない事でしょう。

 

例えば、土日のカードローン契約で心配な点として以下のような点が挙げられると思います。

 

  • 金融機関も土日休業
  • その為審査・融資対応していない
  • 自分の勤務先の在籍確認の取り様がない

 

では、上記のような理由で、実際に土日はカードローン契約や借り入れがプロミスで出来ないか?といえば、そんなことはありません。

 

結論から述べるとプロミスは土日祝日でも借り入れが可能です。

 

基本的に土日祝日は銀行の場合、営業していませんが消費者金融は審査も融資も対応をしていることが多いといえます。

 

また、特定の条件を満たせば、平日と変わりなく最短即日融資を受けることも出来ます。

 

プロミスのサービスプラザ(店頭窓口)だけは平日しか営業していませんが、カードローンの申し込みは何も実店舗でしか出来ないわけではありません。

 

ネットからなら365日24時間申込受付に対応していますし、プロミスの場合、自動契約機や電話での申し込みも平日と変わらず土日も可能です。

 

プロミスの最短即日審査・融資は土日でも可能?

 

プロミスといえば審査時間は最短30分、融資は最短即日対応も可能ですが、土日も平日と変わらずに対応可能かどうかも気になるところだと思います。

 

まず、審査に関しては平日と変わらず土日でも9時〜21時まで対応しており、最短審査時間も変わりありません。

 

ただし、土日は世間的に休日という事もあり、申し込みが集中する可能性が高いので、最短時間よりも時間がかかる可能性があります。

 

その為、早く審査を完了して融資を受けたい場合は、なるべく午前中にプロミスへ申し込みましょう。

 

最短即日融資対応に関しては、ローンカードで借り入れをするなら平日と変わりありません。

 

即日審査対応可能な時間までに申し込み、自動契約機の営業時間までにカード発行に行けば土日でもATMからの最短即日借り入れは出来ます。

 

ところが、振込みで土日にプロミスで最短即日融資を受けるには、特定の口座がなくては即日での借り入れが出来ません。

 

原則、プロミスでカードローン契約するのに口座は不要なのですが、土日に振り込みで最短即日融資を受けるには、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行どちらかの口座が必要です。

 

平日なら14時までに審査結果を受け取り、契約手続きが完了している事で、その2行以外の口座でも最短即日振込融資が受けられます。

 

しかし、土日は2行以外の口座への振り込み融資は翌営業日の対応になってしまうので注意が必要です。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行口座があると、平日土日関係なく365日24時間、瞬フリサービスを受けることも可能です。

 

瞬フリによる最短10秒振り込みサービスは、他の消費者金融と銀行のカードローンなどを合わせても、振込融資時間としては最速となっています。

 

審査通過後に振り込み申請し最短10秒で融資金が口座に振り込まれるというのは、土日は勿論平日の夜でもありがたいサービスといえるでしょう。

 

銀行カードローンは土日祝日に振込融資に対応していない事も考えると、プロミスの瞬フリが土日祝日でも受けられるのは大きなメリットです。

 

その様に、特定の口座があるなら土日でもプロミスから最短即日振込融資は受けられます。

 

もし、土日も振り込み可能な口座がない場合に最短即日融資を希望するなら、自動契約機からローンカードを発行することをオススメします。

 

プロミス自動契約機も審査同様、土日祝日も稼働しているので問題なくローンカードの発行が可能です。

 

土日にプロミスへ申し込むオススメの方法は?

 

土日祝日にプロミスへの申し込み方法としてオススメなのは、WEB申し込み・自動契約機申し込み・電話申し込みの3つの方法です。

 

サービスプラザは平日の9〜18時しか対応していません。

 

また、郵送での申し込みは、プロミスに届くのにも、自分へ返信が来るのにも日数を要するので、平日・土日関わらずオススメしません。

 

その点、WEB申し込み受付は365日24時間いつでも可能です。

 

一つWEB申し込みでの注意点を挙げると、「カンタン入力」で申し込むとプロミスから折り返し電話がないと手続きが進まない事です。

 

「カンタン入力」の場合、ネット上で入力する項目は少なくなりますが、入力しなかった項目に関して電話で確認が必要となります。

 

プロミスからの電話が問題なく取れるなら、「カンタン入力」でも良いですが、そうでない場合は手続きに余計に時間がかかるので避けた方が良いでしょう。

 

逆に、申し込み項目すべてをネット上で入力する「フル入力」でのWEB申し込みなら、電話での確認が省けます。

 

時に、オススメの申し込み方法のうち、WEB申し込み以外は申込受付時間がそれぞれあるので注意してください。

 

  • プロミス自動契約機=9時〜22時
  • 三井住友銀行自動契約機=9時〜21時
  • 電話受付(プロミスコール)=9時〜22時

(プロミス自動契約機一部店舗によっては21時までの場合もある)

 

プロミスでのカードローン契約には三井住友銀行の自動契約機も利用可能となっています。

 

その為、近くにプロミスの自動契約機がなくても三井住友銀行の自動契約機があれば、プロミスでのカードローン契約は可能です。

 

ただ、営業時間はプロミス自動契約機の方が1時間長いので、その点は注意しましょう。

 

電話に関しては、申し込みの受付のみ土日でもしているのですが、オペレーターの方への問い合わは平日9〜18時だけとなっています。

 

自動音声での問い合わせや照会も申し込み同様土日でも可能ですが、オペレーターとの通話はできません。

 

もし、申し込み契約に際して、土日に何か問い合わせたい場合は、自動契約機を利用することをオススメします。

 

勤務先で土日に在籍確認が取れるかも重要!

 

借り入れ先の金融機関が営業していて、融資対応しているかも大切ですが、土日祝日の借り入れにはその他にもネックな点があります。

 

それは、カードローン契約には欠かせない勤務先への在籍確認です。

 

プロミスなどの消費者金融は、担当オペレーターの個人名にて勤務先へ電話を行い在籍確認をします。

 

ところが土日の場合、プロミスは審査も融資も対応していても、借り入れ側の勤務先が休業である可能性があります。

 

すると、勤務先への電話での在籍確認が出来ません。

 

しかし、勤務先の休業を理由に在籍確認を省くことは不可能です。

 

また、会社の電話の留守電自動音声は在籍確認扱いにはなりません。

 

電話での在籍確認では、勤務先で必ず契約者本人が電話口に出るか、それ以外の方が電話口でその会社に実際に契約者が居る事を証明してくれなくてはいけません。

 

在籍確認は申込者が勤務先について虚偽の申告をしていないか、本当に働いているのかを確認する為に行っています。

 

働いている事実が確認できなくては、安定した収入があるかどうかも分かりませんから、土日の申し込みであっても、在籍確認が無条件になくなることはありません。

 

もし、どうしても土日にプロミスで契約する際、在籍確認による勤務先への電話連絡に不都合がある場合は、プロミスに一度相談してみて下さい。