プロミスの毎月の返済額は?

 

借り入れ契約で融資を受けた後には返済が待っています。

 

実際にいくらまで借りられるかも大切ですが、希望額が借りられた場合、返済が滞りなく出来るかも重要です。

 

そこで気になるのが毎月の約定返済額でしょう。

 

約定返済額は、借り入れ額や残高に対して貸付側が定める最低限返済に充てるべき金額となっているため、最低返済額とも言われます。

 

どの金融機関から借入しようかと考えた時に、最低返済額も選ぶポイントの一つだと思います。

 

プロミスでは毎月いくら返済すればいいの?

 

プロミスの返済額は借入後の残高によって決まります。

 

借入後残高 返済額 返済回数

30万円以下

借入後残高×3.61%

(1,000円未満切り上げ)

〜36回

30万円超過〜100万円以下

借入後残高×2.53%

(1,000円未満切り上げ)

〜60回

100万円超過

借入後残高×1.99%

(1,000円未満切り上げ)

〜80回

 

プロミスでは、原則、最後に借り入れをした日から、回数では1〜80回、期間としては6年9カ月が最長返済期間と定められています。

 

最長返済期間という事は、返済回数が上記の範囲の内に完済しなくてはいけないという事です。

 

つまり、それぞれの借り入れ残高に対して設定されている掛け率は、最長返済期間(最大返済回数)内に完済できる、約定返済額が割り出される数値になっています。

 

計算例

残高30万の場合
30万×0.0361=10,830円→11,000円(1,000円未満切り上げ)
残高80万の場合
80万×0.0253=20,240円→21,000円(1,000円未満切り上げ)
残高130万の場合
130万×0.0199=25,870円→26,000円(1,000円未満切り上げ)

 

上記で説明した様にプロミスの返済額は借入残高に応じて掛け率があり、それによって最低限返済する金額が決まってきます。

 

このように約定返済額を割り出すことで、月々の最低返済額を低く設定できる点はメリットといえます。

 

例えば、計算例よりも大幅に少額な借り入れ額として、5万円を借りた際の毎月の返済額は5万×0.0361=1850で、毎月2,000円が最低返済額となりますから、非常に少額な返済額といえます。

 

借入残高が増えたのに返済額は減った!?

 

上記の表を見ていただくと分かるように、プロミスの約定返済額は借入残高毎に掛け率が違います。

 

その際、金額によっては借入残高が大きいのに返済額が小さくなるという矛盾したケースが起こる場合があります。

 

残高27万の場合
27万×0.0361=9,747円→10,000円
残高35万の場合
35万×0.0253=8,855円→9,000円

 

残高35万円の方が、残高27万円よりも残高が8万円多いのに、返済額は1,000円少なくなっています。

 

当然27万円を1万円ずつ返済するより、35万を9,000円ずつ返済した方が返済期間も長くなってきますし、完済までの利息も大きくなります。

 

最低返済額を払っても借入が減っていかない点は、返済方式のデメリットといえるでしょう。

 

しかし、この返済方式を使っているのはプロミスだけではなく、掛け率は違いますが他の金融機関も利用しています。

 

残高スライド元利定額返済方式がプロミスや他金融機関でよく利用されているカードローンの返済方式ですが、この返済方式は毎度の返済額がなるべく少額になるような仕組みになっています。

 

というのは、毎度の返済額を少額にすることで返済に無理が生じないようにするためです。

 

そうすることで、借り入れ側は返済遅延や延滞を起こしてしまう可能性が低くなりますし、貸し付け側は債務の回収率が高くなるようになっています。

 

その為、毎度の返済額が低額にはなるのですが、その分元金の減りが遅くなってしまうという特徴の返済方式なのです。

 

約定返済額(最低返済額)は4,000円返済したなら4,000円全てが借りれ残高(元金)に充てられるわけではありません。
約定返済額のうちの何円かは、利息として回収されるので、返済する金額が少ない場合、借りた元のお金自体の返済はどんどん遅くなってしまいます。
しかし、約定返済以外の随時返済や上乗せ返済した金額は、プロミスの場合すべて元金の返済に充ててくれます。

 

プロミス公式サイトはこちら⇒

 

毎月の返済額を1,000円でも多くしてみよう

 

デメリットとして最低返済額を払っていたら借入残高がなかなか減らない事を説明しました。

 

でも、それが返済方式の仕組みによるものなら、借り入れ側にはどうしようもない…と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

貸付側が定めている約定返済額=最低返済額ですから、なにもその金額しか払ってはいけないという事ではありません。

 

つまり、約定返済額よりも1,000円でも多く返済時に入金すれば、残高の減りを多く早くすることが可能です。

 

残高の減りが早ければ、返済期間も短くなりかかる利息も抑えられ、早期完済に繋がるといえます。

 

毎月1,000円多く返済していった場合の比較

借入35万 金利17.8% 返済額9,000円の場合
完済までの返済回数59回 9,000円×59回ー35万=181,000円
借入35万 金利17.8% 返済額10,000円の場合
完済までの返済回数50回 10,000円×50回ー35万=150,000円
※正確な金額ではありません。

 

上記の計算では毎月1,000円多く返済するだけで、完済までに払う利息が3万円も違ってきました。

 

この完済までの利息の差は、借入残高が多いほど違ってくるので借入残高が多い方は、約定返済額よりもなるべく多く返済したほうが良いでしょう。

 

借り入れ残高と返済額の変動ルール

アルバイトの画像

 

プロミスは、返済方式に残高スライド元利定額返済方式を適用していますから、最終借入残高を基準に返済額が決まります

 

つまり、30万円借りてその後一度も借入しなければ、返済額はずっと11,000円のままとなり、下がる事はありません。

 

早く完済させる分には、一度借り入れをした後は返済だけをしていく事で、初めに借入れた金額に対応する約定返済額のまま返済していくのが良いでしょう。

 

ただし、途中で毎月1万円以上の返済が辛くなってきたなら、借入残高が既に30万円以下の場合は、追加で千円借り入れるだけで次回の返済額を減額させることが出来ます。

 

例えば、借入残高20万円になったところで、返済額を下げる為に借り入れをした後は

 

201,000×3.61%=7,256.1(1,000円未満切り上げ)→8,000円

 

となるので、次回の返済額は8,000円になります。

 

勿論、借り入れ残高が増えたなら、その分約定返済額も増えます。

 

その為、返済額を低くするための借り入れは、少額でするに越したことはありません。

 

プロミス返済額のまとめ

 

プロミスの借入残高に伴う返済額の設定は甘めであるといえるでしょう。

 

返済額が少ないのはありがたいですが、将来的な事を考えればなるべく多く返済するべきです。

 

あくまで、毎月の約定返済額は最低金額なのでそれ以上返済してはいけない訳ではありません。

 

懐に余裕がある時などは多めに返済し、厳しい時は最低金額を返済するようにしていきましょう。

 

ちなみに、プロミスでは5日・15日・25日・月末の日から毎月の約定返済日が選べます。

 

返済期日は給料日に近い日を選ぶのが良いでしょう。

 

ところが、返済方法を口フリ(口座振替)にする際は、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外は約定返済日を選ぶ事が出来ません。

 

他の銀行口座で、プロミスの口フリを利用する場合は、約定返済日は毎月5日に指定されます。

 

また、返済期日がプロミス休業日である土日・祝日・年末年始の場合、翌営業日が返済期日となります。

 

プロミスと他消費者金融の返済額を比較すると?

 

プロミスと同じように大手消費者金融である、アコムとモビットの月々の返済額を挙げし、借りれ額がいくらだと、どれくらいの約定返済額と返済期間になるか比べてみました。

 

アコムとモビットの返済額は以下のように決まってきます。

 

アコム

借入残高30万円以下 借入残高×4.2%
借入残高30万円超〜100万円未満 借入残高×3.0%
借入残高100万円超〜 借入残高×2.0%・2.5%・2.0%
※1,000円未満は切り上げ
例 30万円の場合 30万円×0.042=12,600円→13,000円

 

アコムの場合は、借入金残高に応じて返済額が決まります。

 

モビット

最終借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超〜20万円以下 8,000円
20万円超〜40万円以下 11,000円
40万円超〜50万円以下 13,000円
50万円超〜60万円以下 16,000円
60万円超〜70万円以下 18,000円
70万円超〜80万円以下 21,000円
80万円超〜90万円以下 24,000円
90万円超〜100万円以下 26,000円
100万円超〜 最終借入残高が20万円増える毎4,000円増

 

モビットは、プロミスと同じように最終借入残高に応じて返済額が決まります。

 

比較してみると返済額を決める基準が違い、アコムは現在の残高に応じて返済額が決まります。

 

それに対してプロミス、モビットは最終借入残高に応じて返済額が決まります。

 

アコムは追加借入をしなくても残高に応じて最低返済額が変わりますが、プロミス・モビットは借入をしなければ約定返済額が変わりません。

 

約定返済額より少ない額での返済は出来ない?

 

約定返済額は最低返済額でもあるというのは、先述した通りです。

 

その為、原則、各金融機関が借り入れ額に対応させて設定している、毎月の約定返済額以下での返済は出来ません。

 

しかし、どうしても約定返済額すら払えそうにない場合は、契約先に問い合わせをし、交渉することで約定返済額より少額での支払いで済むことはあります。

 

ただし、その場合、約定返済額よりも残高に充てられる金額は少なくなりますし、下手をするとただ利息額を支払うだけになってしまう場合もあります。

 

すると、残高が減らない為に返済期間は延びますし、そのことにより利息を払う回数が増えます。

 

つまり、約定返済額以下の金額で返済をしても、極端にいえば、完済に至らずり利息を払い続けるだけになる可能性があるのです。

 

約定返済額は返済額の最低ラインですから、せめてその金額は支払うようにしましょう。

 

ちなみに、約定返済額以下の金額での返済は通常はに止められませんが、逆にそれ以上の金額での返済は可能です。

 

約定返済額に任意の金額をプラスして返済することを、上乗せ返済といいますが、これは早期完済を目指すなら是非した方が良いといえます。

 

というのは、約定返済額は借入額にかかる利息分と元金(残高)への返済分の両方が、金融機関が定める割合で含まれています。

 

約定返済額として返済した金額全てが残高に充てられるわけではないので、約定返済額だけで毎度の返済を続けていくと意外と完済までにかかります。

 

ところが、約定返済額に上乗せした金額分は、大体どこの金融機関のカードローンでも元金の返済にまるっと充ててもらえます。

 

その為、約定返済額のみで返済を続けていくより、上乗せ返済を定期的にした方が完済までの返済期間が短くて済みます。

 

プロミスの繰り上げ返済はネットからも可能?

 

毎月の返済日に約定返済額よりも多いお金を返済するのは、上乗せ返済といいますが、いつも返済日に上乗せできるお金があるとは限りません。

 

そこで、もう一つ約定返済額以上の返済をする方法として、繰り上げ返済(随時返済)が挙げられます。

 

返済期間と利息を抑えるために繰り上げ返済をする方法として、プロミスでは会員登録をしていればインターネット返済が可能です。

 

また、プロミスが配信している専用スマホアプリからも、インターネット返済による繰り上げ返済が出来ます。

 

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座からのプロミスへの振込返済が手数料無料です。

 

ATMまで繰り上げ返済のために行く必要もなく、また、下手に時間外や有料提携ATMを利用してしまって手数料がかかることもないのが嬉しいです。

 

勿論、プロミス専用のATMや三井住友銀行ATMからの入金による繰り上げ返済も手数料無料で出来るので、都合に合わせて使い分けると良いでしょう。

 

また、コンビニのマルチメディア端末であれば、メンテナンス時間以外365日24時間利用可能で、返済手数料無料で利用することが可能です。
(コンビニATMからの返済は手数料がかかります。マルチメディア端末は返済のみに利用できます。)

 

以上のように、様々な返済方法がとれることから、プロミスは約定返済日以外の繰り上げ返済がし易いです。

 

特に、インターネット返済が随時可能な金融機関はあまりなく、銀行振り込みでしか繰り上げ返済出来ないところもあります。

 

他の金融機関で銀行振り込みで繰り上げ返済をする場合は、振り込み手数料がかかってしまいがちですが、プロミスのインターネット返済は手数料がかからないのが嬉しい点です。