消費者金融を利用するにあたっての注意点は?

注意

 

特に初めてカードローン契約をする方に多い心配事として、消費者金融から借りても大丈夫なのか?というものがあると思います。

 

それは、銀行からではなく消費者金融から借りても不都合がないか?という意味でもあるでしょうし、消費者金融で借りた事によって破産などしてしまわないか?という不安でもあるでしょう。

 

ただ、カードローン契約に限らず、ものは使いようです。

 

つまり、最低限の要点を抑えれば、消費者金融で借り入れをしたからといって何も悪い事は起こらないといえます。

 

消費者金融から借り入れをするにあたって、お金を借りたことで生活に支障が出たりしないようにするためには、最低限以下の点に気を付けるのが良いでしょう。

 

総量規制を理解する

 

消費者金融でカードローン契約をするなら、絶対に理解しておく必要がある規則があります。

 

それは貸金業法の総量規制という法律です。

 

総量規制は、貸金業者と個人との間での小口融資に適用される規則で、一番重要なのが年収と借り入れ額についての制限です。

 

原則、消費者金融などの貸金業者は、借入利用者の年収に対して3分の1以上の貸付が総量規制によって禁じられています。

 

その為、例えば年収が150万円であれば、消費者金融から借りられるのは最高でも50万円までです。

 

加えて、1社から50万円以上または他社借り入れ合わせて100万円以上の借り入れ残高になる際の契約では、収入証明書の提出が求められます。

 

総量規制は、2006年に多重債務者が社会問題になったのをきっかけに、貸金業法改正時に盛り込まれた規則です。

 

つまり、貸金業者が過剰貸し付けをしないよう、また借り入れ側が返済能力以上の金額を借りてしまわない為にある法律といえるでしょう。

 

ただし、総量規制で定められている範囲での借り入れであれば、誰でもが必ず問題なく完済できるというわけではありません。

 

それは、収入は例え同額であったとしても、借り入れ希望者の金銭状況は必ずしも同じではないからです。

 

総量規制の範囲内であれば、難なく借りた金額に対して順調に返済できる方もいれば、毎月何とか約定返済額ギリギリを用意できる方もいるでしょう。

 

あくまで総量規制は目安の制限であって、絶対に貸金業者からの借り入れで返済不能にならないことを保証するものではありません。

 

20代 男性
 プロミスにスマホから申し込みをしてから契約機行ったら凄く契約まで早かったです。
 アルバイトだけど計算してみたら年収は200万円くらいあったから、80万円くらいなら借りれると思ったんだけど半分の40万円しか貸して貰えませんでした。
直ぐ使う用があったからその額で借りたけど、何か納得いかなくて口コミサイト見たら初めての利用だと50万円以上は借りれるか微妙なようです。
 あと、総量規制で自分の年収200万円くらいでは80万円をプロミス(消費者金融)で借りることは出来ないそうです。

icon-1.png

プロミスに関わらず、他の大手消費者金融でも総量規制により年収の1/3以上の貸付は出来ないようになっています。

 

もし、80万円を借りるなら240万円以上の年収でないと消費者金融では満足な借り入れが出来ません。
また、銀行も総量規制対象外ではありますが初めての借り入れの方には、一般的に50万円ほどが初めの限度額だとされています。
加えて、プロミスなどの貸金業者1社からの借り入れが50万円以上の場合、申し込み時に収入証明書が必要です。

 

早めに完済する

 

消費者金融からの借り入れで一番気を付けたいのは、返済期間といえます。

 

というのは、カードローンといえば昔は消費者金融で契約するのが当たり前でしたが、昨今は銀行でも契約可能且つ、金利は消費者金融の方が高いからです。

 

上述した、貸金業法改正前のグレーゾーン金利時代よりは、消費者金融の金利も低くなりましたが、銀行の金利と比べると約4.0%ほどは高い設定となっています。

 

金利は利息を割り出すための数値として設定されており、数値が高いほど高金利です。

 

そういった点で、消費者金融からの借り入れに懸念を抱く方は少なくない事でしょう。

 

ただ、金利が約4.0%ほど高いというだけなら、消費者金融で借りて利息額で損をするというリスクは高くありません。

 

例えば、消費者金融プロミス金利17.8%みずほ銀行カードローン金利14.0%で10万円借りたとして、それぞれ1カ月にかかる利息を計算してみます。

 

プロミス 10万円×0.178÷365日×30日=1,463円

 

みずほ銀行 10万円×0.14÷365日×30日=約1,150円

 

1ヶ月という返済期間での利息差は313円ですから、金利面だけでものすごく消費者金融と銀行に差があるとは言いにくいでしょう。

 

そこで問題なのは残高の借り入れ日数、つまり返済期間が長期化する時といえます。

 

例では1カ月という短期間の返済であった為、利息額に大きな差は出ませんでした。

 

しかし、さっきの例で返済期間を半年(30日×6カ月)にしてみると、プロミスの利息=約8,788円、みずほ銀行の利息=約6,904円となり、利息差は約1,884円と大きくなります。

 

例では、何カ月という計算ですから、まだ利息差はかわいい方だといえますが、年単位になってくれば見過ごせない差額になってくることは明白でしょう。

 

その為、消費者金融で借りるなら返済期間がなるべく短く済むように、約定返済に加えて、追加返済や随時返済などをすることをオススメします。

 

返済遅延・延滞しない

 

返済を確実にすることに関しては、消費者金融に限定する話ではありません。

 

また、いうまでもないかもしれませんが、返済は絶対に遅れないようにしなくてはいけません。

 

決められた約定日に返済できないと、遅延損害金という罰則金の支払いが発生します。

 

遅延損害金は、遅れた日数に基本的に通常の金利よりも高い金利が掛けられ、直近の履行可能な返済の際に返済額から差し引かれます。

 

つまり、約定返済額から通常の利息分と遅延損害金分の両方を払うので、ほとんど元金にあたられる金額がなくなってしまうのです。

 

すると、利息以外の無駄な支出は発生するわけですし、残高が減らない分返済期間も伸びるので、まるで良い事はありません。

 

ちょっとした返済遅延が原因で、最終的に返済不能になってしまう可能性は否めませんから、毎月の返済は必ずこなすようにしましょう。

 

自転車操業はしない

 

返済遅延とかかわりがある事の一つに、自転車操業が挙げられますが、これも絶対にやめましょう。

 

既に借りているカードローンの返済が滞り始めたから、別の金融機関で借り入れをして返済に充てる。というのは、多重債務への道に片足を突っ込んでいるといっても過言ではありません。

 

消費者金融=多重債務という嫌な構図は、基本的に自転車操業と一緒に連想されますが、それはカードローンの借りやすさがデメリットになっているとも言えます。

 

特に、消費者金融は融資スピードが速いですから、先に契約している方のカードローン返済が間に合わない!と思った当日に、他から融資金として借り入れをするのは難しくありません。

 

しかし、返済遅延をしたくないから…といって他社から借りて返済しても、結局は新たに借りた契約先へも利息を付けて返す必要があるので、金銭状況は寧ろ悪化してしまいます。

 

消費者金融の融資の早さにあやかって、既存のローンの返済を新たなローンですることは避けましょう。

 

どうしても約定返済日に決まった金額が払えない場合は、契約先に一度問い合わせてみることが重要です。
場合によっては、その時の返済は利息額分だけで済むこともあります。

 

住宅ローン契約をするならカードローンでの借り入れはしない

 

住宅ローンが、消費者金融でのカードローン契約に影響を及ぼすことはあまりありません。

 

しかし、住宅ローン契約時に、カードローン残高があると希望額で住宅ローンが組めない可能性はあります。

 

というのは、住宅ローンの審査は返済比率が重要視され、その返済比率は年間合計返済額÷年収というように求められるからです。

 

年間合計返済額は、時契約する住宅ローンと他の借り入れ額を合わせた金額となるので、消費者金融のカードローン残高が多いと審査に不利になってしまいます。

 

その為、住宅ローンを直近に組む予定がある場合は、カードローン利用は避けた方が良いといえるでしょう

 

ただし、住宅ローンを契約している銀行のカードローンに関してはその限りでもないといえます。

 

 

以上のような点に気を付ければ、消費者金融から借り入れをしたからといって大きな問題に発生することは少ないといえるでしょう。

 

消費者金融はやっぱり大手がおすすめ!

 

ちなみに、消費者金融は、プロミスのように知名度のある大手消費者金融と中小消費者金融や街金のような、小規模貸金業者に分けることが出来ます。

 

やはり、金利や限度額に加えカードローンの利便性としても、大手消費者金融は中小消費者金融に勝ります。

 

というのも、プロミスの上限金利が17.8%であるところ、中小消費者金融では法定利息上限の20%ぎりぎりの設定であるところが多いです。

 

限度額もプロミスでは最高500万円まで扱っていますが、中小消費者金融ではまずあまり見ない高額限度額です。

 

加えて、プロミスは借り入れも返済も多様な方法を取ることが出来ますが、中小消費者金融美場合は振り込みでの借り入れ・返済に限定されることも少なくありません。

 

一重に消費者金融といっても、銀行がバックについている銀行系の大手消費者金融と独立系の中小消費者金融では、同じカードローン契約をするにしてもその差は無視できないものです。

 

初めての借り入れ、カードローン契約の場合は、余程カードローン審査に落ちてしまう事はありませんから、あえて中小消費者金融を選ぶという事はしなくても良いといえます。

 

銀行からの借り入れなら安心なのか?

 

借入先として、消費者金融以外にも信販会社(カード会社)や銀行があります。

 

では、消費者金融よりもそれらでの借り入れが安心・安全なのかといえば、どちらにせよ上述したような点は気を付ける必要があるでしょう。

 

また、クレジットカードでの借り入れは消費者金融よりも利息が嵩みやすく、返済の自由が利かないことが多いです。

 

その為、クレジットカードでのキャッシングやリボ払いよりは消費者金融のカードローンがオススメ出来ます。

 

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で、堅実なイメージがあり銀行であれば安心。という感じを抱いている方が多い事でしょう。

 

しかし、銀行カードローンでも消費者金融と金利に差がないところもありますし、総量規制という明確な借り入れ額の制限がありません。

 

その点を考慮すると、やはり借入先が銀行であれば、手放しで安心・安全に借り入れが出来るということはないでしょう。

 

貸付条件だけを単純に見て判断するのではなく、契約後の借り入れ・返済が自身にとってし易いかを吟味してカードローン契約をすることが大切です。

 

ただ、借り換えやおまとめといった事に利用するなら、確実に消費者金融よりも銀行カードローンがオススメできます。