やっぱりプロミスでの契約がおすすめ?その理由とは!?

プロミス画像

 

消費者金融で借入しようと思った時どこに申し込もうか悩むと思います。

 

消費者金融と聞いて思いつくのはプロミス・アコム・アイフルではないでしょうか?ここでは消費者金融大手3社のカードローンを比較します。

 

金利に違いはあるのか?

 

まずは各社のカードローン金利について比べてみましょう。

 

3社の金利に違いはあるのでしょうか?

 
社名 利率

プロミス

4.5%〜17.8%

アコム

3.0%〜18.0%

アイフル

4.5%〜18.0%

 

上限金利を見るとプロミスが17.8%アコム・アイフルが18%となっており、プロミスが0.2%低くなっています。

 

この利率の差はいくら位になるのか計算してみました。

 

ちなみに、カードローン契約では審査で金利が決まりますが、大体が上限金利での貸付となります。

 

その為、3%〜4.5%の下限金利はほとんど適用されることはありません。

 

〜借入残高30万・期間30日とした場合〜

利率17.8%の場合 30万×0.178÷365日×30日=4,389円
利率18%の場合   30万×0.18÷365日×30日=4,438円   

 

1ケ月で49円の違いがあります。
その差が大きいか小さいか人それぞれ感じる所ですが、一番得なのはプロミスということは間違いない事実です。

 

消費者金融カードローンの中で、0.2%ではありますが金利が一番低いのはプロミスとなっています。

 

無利息期間

 

消費者金融の特長の一つとして、一定期間は利息がかからずに借り入れが可能な無利息期間がある事です。

 

消費者金融会社がならどこでも行っている訳ではありませんが、プロミス・アコム・アイフルとも無利息期間のサービスがあります。

 

社名 無利息期間

プロミス

30日間

アコム

30日間

アイフル

30日間

 

無利息期間では3社とも30日間で差が無いのですが3社とも原則初めての利用に限るといった一定の条件があります。

 

プロミスの場合はポイントサービスを利用することで、取引中であってもポイントに応じて一定期間(最長30日間)の無利息サービスが受けれます。

 

30代 女性
 初心者で無利息期間があるところで、即日融資希望だったのでプロミスに申し込みました。
 WEB完結という方法もあるようでしたが、WEB申し込みをした時間が遅め(14時以降)だったので、ローン契約機でのカード発行で即日融資にこぎつけました。

icon-1.png

カードローン初心者がちょっとした借り入れをするなら是非利用したいのが無利息サービスです。

 

プロミスの無利息期間は30日間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)で、初回借り入れ翌日からのカウントになります。
その為、例えば翌日に必要なお金を前の晩に借入れてたとして、その日のうちに使わなくても無利息期間を1にちでも無駄にしなくて済むのです。
プロミス以外では、借り入れた当日から無利息期間にカウントするところもあるので、ありがたい無利息サービスですね。

 

即日審査・即日融資

 

消費者金融の特長としてあるのが融資までの時間が早いという点つまり即日審査即日融資です。

 

銀行カードローンでも即日融資できないわけではありませんが、即日融資希望であれば消費者金融の方がやはり向いているといえます。

 

プロミスの申込方法
WEB(24時間・365日OK)・自動契約機・三井住友銀行ローン契約機・プロミスコール・お客様サービスプラザ(店頭窓口)・郵送
アコムの申込方法
WEB(24時間・365日OK)・フリーコール・店頭窓口・むじんくん・郵送
アイフルの申込方法
WEB(24時間365日)・店頭窓口・初めてのお客様専用ダイヤル・契約ルーム

 

各社のカードローン申込方法に大きな違いはありません。

 

主にWEB・店頭・無人契約機・電話といったものの中から自分の都合にあった方法が選べます。

 

即日融資希望であれば前日夜若しくは当日朝にはWEBで申込を行い、審査通過後に無人機で契約行いカードで出金すれば即日融資可能となります

 

直接無人機へ行って審査が通らなければ無駄足になるので、WEBからの申込をオススメします。

 

しかし、消費者金融の無人契約機の利用は周りの目が気になる人もいる事でしょう。

 

プロミスでのカードローン契約では、三井住友銀行ローン契約機も利用できます。

 

三井住友銀行は大手銀行ですから、心持的にも利用しやすいといえます。

 

30代 男性
 プロミスのWEB契約が便利なのは知っていたんですが、どうも家や電車でもスマホを覗かれる気がしたので
自動契約機まで身分証と収入証明を持参して契約に臨みました。
 そんな風に周りの目が気になる自分なので、銀行の中にある契約機でプロミスに申し込めるのは助かりました。
借入や返済も特にコンビニなどから自分の口座から金を引き出すのと変わらないようで、目立つこともなく出来てよかったです。 

icon-1.png

スマホやパソコンからの申し込みや利用は周囲の目が気になるという人には自動契約機は本当に便利です。

 

加えて、プロミスは消費者金融でも提携先に三井住友銀行があるので銀行の契約機も使えるというのは申し込みの点でも、カードローン利用時の借り入れ・返済をするのにも便利です。
ちなみに、プロミスと三井住友銀行のローン契約機は併せて全国に約1,474台(2015年12月末時点)もあります。
駅のあたりなんかを探せば大体ありそうな十分な台数の自動契約機があります。

 

また、プロミスでの契約ではネットから申し込みをし、振り込みで融資を受けるWEB完結対応も可能となっています。

 

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座宛ての振り込みであれば、24時間いつでも最短10秒での振り込み融資(瞬フリ)が受けられます。

 

その他の金融機関の口座宛てでも、平日14時50分までに手続き完了で、最短即日融資可能です。

 

申し込みから借り入れまでネットで済ませたい場合も、プロミスのカードローン契約は都合がつき易いといえます。

 

消費者金融各社の借り入れ・返済方法の違いは?

 

キャッシング方法の見出し

・プロミス
振込(WEB受付・プロミスコール)・お客様サービスプラザ(店頭窓口)・プロミスATM・提携ATM
・アコム
振込(WEB受付・アコムプッシュホンサービス・フリーコール)・店頭窓口・アコムATM・提携ATM
・アイフル
振込(WEB・女性専用ダイヤル・会員様専用ダイヤル)・店頭窓口・アイフルATM・提携ATM
※提携ATM利用には手数料が必要です。お取引額1万円以下108円・1万円超216円かかります。

 

キャッシング方法には大きく分けて3つあります。

 

振込・店頭・ATMになります。当然3社とも全ての方法でキャッシング可能なのですが、特定の銀行口座を持っていたら24時間即振込可能になったり、提携ATMも違ったり特長が出ます。

 

プロミスは先述したように三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座、アコムは楽天銀行の口座を持っていれば24時間・365日受付可能で1分以内に振込がされます。

 

提携ATMは手数料が必要ですがプロミスはポイントサービスで提携ATM手数料が無料にできたりするサービスもあります。

 

プロミスだけがゆうちょ銀行ATM利用できるのもメリットです。

 

振込キャッシング

・プロミスの振込キャッシングの特長
三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座であれば土・日・祝日で関係なく24時間受付で最短10秒で振込がされる瞬フリがあります。手数料も0円です。
※瞬フリはWEBが登録必要です。サービス停止時間があります。

 

・アコムの振込キャッシングの特長
楽天銀行の口座であれば、土・日・祝日ほぼ24時間受付対応で1分程度で振込がされます。初めてお借入される方に限り、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行であれば平日18時まで受付可能で当日19時までに振込されます。手数料0円です。
※サービス停止が時間あります

 

・アイフルの振込キャッシングの特長
プロミス・アコムの様に特定の口座であれば24時間受付可能といったサービスはありませんが、24時間NETより受付はできます。最短当日で時間によって翌日になります。

 

提携ATM

・プロミス
三井住友銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・東京スター銀行・福岡銀行・三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・第三銀行・熊本銀行・西日本シティ銀行・横浜銀行
キャッシングのみ親和銀行・広島銀行・八十二銀行
クレディセゾン・イーネット・ローソンATM

 

・アコム
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・セブン銀行・イオン銀行・熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・広島銀行・福岡銀行・北海道銀行・北陸銀行
キャッシングのみ八十二銀行
クレディセゾンイーネット・ZEROバンク(愛知・岐阜のみ)・ローソンATM

 

・アイフル
セブン銀行・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行親和銀行
キャッシング福岡銀行・熊本銀行
ローソンATM・イーネット

※プロミスは三井住友銀行ATM手数料0円です。
※提携ATM利用には手数料が必要です。お取引額1万円以下108円・1万円超216円かかります。

 

返済方法

・プロミス
インターネット返済・口座振替・銀行振込・お客様サービスプラザ(店頭窓口)・プロミスATM・提携ATM・コンビニ

 

・アコム
インターネット返済・口座振替・銀行振込・店頭窓口・アコムATM・提携ATM・コンビニ

 

・アイフル
インターネット返済・口座振替・銀行振込・店頭窓口・アイフルATM・提携ATM・コンビニ
※提携ATM利用には手数料が必要です。お取引額1万円以下108円・1万円超216円かかります。

 

返済はインターネット返済・口座振替・銀行振込・ATM・店頭窓口から可能です。

 

3社ともに、手数料0円で返済できるのは店頭窓口・自社ATMからの返済ですが、プロミスの場合は三井住友銀行ATMの利用でも手数料が必要ありません。

 

加えて、コンビニのメディア端末(ローソンLoppi・ミニストップLoppi・Famiポート)も無料で利用できます。

 

また、インターネット返済なら、パソコン・スマホがあればその場で入金ができる上にプロミス(特定の銀行しか利用できません)・アコムは手数料が必要ありませんからオススメの返済方法です。

 

プロミスは金融機関営業時間外・土日祝にインターネット返済を行えば、瞬時に完了するため追加可能となりますので瞬フリを利用すれば土日祝すぐキャッシングできます。

 

毎月の返済を忘れそうな人は口座振替も便利です。

 

インターネット返済できる銀行

・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行
・アコム全国各銀行と信金・信組
・アイフル全国各銀行

※インターネット返済にはあらかじめ金融機関でのインターネットバンキングの手続きが必要です。

 

お薦めはプロミス

 

カードローンの貸付条件は、それほど消費者金融カードローンの中で大きな差はありません。

 

しかし、契約手続きや契約後のサービスの利便性を考えると、プロミスのカードローンがオススメといえます。

 

お薦めポイント

・低金利・即日融資可
・ゆうちょ銀行ATMまで使える利便性
・会員サービスが充実している(無利息期間・手数料無料サービスがるポイントサービス・瞬フリ等)