カードローン残高を減らして利息を少なく完済するには?

下がる

 

カードローンで契約したは良いものの、借入残高がなかなか減っていかない…。と思っている方も少なくないでしょう。

 

プロミスなどの消費者金融で借りた方の中には、やっぱりサラ金の金利は高いんだ!などと考える方もいるかもしれません。

 

しかし、消費者金融(サラ金)も闇金ではないので、しっかり返済計画をたてて利用していけば、基本的にはそれなりに残高は減っていきます。

 

毎月の約定返済を欠かさずにしているのに、どうして借金が減っていかないのだろう?といった場合に、考えられることは以下の3点があります。

 

残高が減らない原因は?

 

短いスパンで借り過ぎ

 

お金

 

一番は、やはり借り過ぎをまずは疑うべきです。

 

しかし、借り過ぎといわれても、月に何十万も借りているわけじゃないし…。と思う方は少なくないでしょう。

 

何十万も一度に借りていなくても、何千円、何万円の借入を限度額内で何度も繰り返していれば、借入残高は増えます。

 

借り過ぎというと、高額を一度に借りるイメージが浮かぶかもしれませんが、実は少額で繰り返し借り入れをしている方が残高は嵩みやすい傾向にあります。

 

特に、その都度の借入金額が毎月の約定返済額より少しでも多い場合は、ほとんど返済をしていないのと同じ事になるので残高は減っていきません。

 

カードローンではありませんが、その様ないい例がクレジットカードのリボ払いといえるでしょう。

 

カードローンにしてもリボ払いにしても、使ったお金の支払いが後日でも良いからと、次々にお金を使っていれば返済するスピードよりも、残高が増えるスピードの方が早いです。

 

自分でキャッシングするたびの金額は少額だと思っていても、月や年単位で見ると限度額ぎりぎりで借り入れ・返済を繰り返していた!という事例はよくあります。

 

何度も借入をしているのに、約定返済だけの返済では月に1度だ気ですし、その際の返済額が少なければ残高はなかなか減りません。

 

ちなみに、カードローンの返済方式も、元はリボ払いです。

 

リボ払いのメリットは、借入残高を分割で返済することが出来るので、1回ずつの返済額が少額で済むことです。

 

しかし、ずっとその金額で返済をしていると残高が減らない。というデメリットもリボ払いにはあるので、その点をよく理解しておく必要があります。

 

原則、その月に借り入れ利用した金額は、最低でもその月の返済日に返済するのが、早期完済につながるコツです。

 

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済方式なので、残高が多い時は返済額も多くなりますし、少ない時は返済額も少額です。
ただ、プロミスの場合、返済額は最終借り入れ後に計算しなおされ金額が変わります。
その為、最初に高額を借りてその後一度も借り入れをしなければ、残高が減っても約定返済額は高いままです。

 

返済額が少ない

 

少ない

 

約定返済額通りに支払いをしているのに、返済額が少ないといわれても困るかもしれませんが、その約定返済額だけでは事実足りないのです。

 

実際どのような風に残高は減っていくか、一つ例をまずは見てみましょう。

 

月々いくら残高は減るのか?

 

例・金利18.0%借入300,000円 返済額10,000円/月の場合

 

1回目
300,000円×0.18÷365日×30日=4,438円1ケ月にかかる利息
返済額10,000円−利息4,438円=5,562円残高が減る金額(元金充当額)
300,000円−5,562円=294,438円返済後の残高(元金)
2回目
294,438円×0.18÷365日×30日=4,356円
10,000円−4,356円=5,644円
294,438円−5,644円=288,794円

 

約定返済額には、利息額も含まれていますから、返済した金額全てが借りた金額自体、つまり元金の返済に充てられるわけではないのです。

 

その為、借り入れ側は約定返済額を払ったら払った分だけの気でいるために、残高が減っていかないと感じることもあるのです。

 

ただし、そのあたりの意識は、契約先のHPにある返済シミュレーションなどをこまめに利用して、元金充当分と利息分を分けて把握しておくことが必要といえるでしょう。

 

また、確かに約定返済額は借入残高に対して、貸し付け側が「〇〇円は最低返済してください」という一定の決められた額です。

 

ところが、あくまで約定返済額は借入残高に対する最低返済額であって、完済を早くするのに適正な返済額ではありません。

 

確かに、ある程度利息が嵩まない金額で、それぞれの金融機関のカードローンでは約定返済額が定められています。

 

しかし、貸金業もビジネスですから、貸し付けた金額分で利益となる分だけの利息が払ってもらえることも考慮した設定額にも勿論なっているといえるでしょう。

 

だからこそ、約定返済額だけを支払っていても、同時に借り入れをしていては、残高が減っていかないのです。

 

早期完済をする為には、毎月の約定返済額だけでなく、自主的に繰り上げ返済や追加返済をすることが求められます。

 

そして、残高の減りが早い分、利息の支払いも少なく済むのです。

 

借りた額に対して金利が高い=利息が多い

 

多い

 

上記の点について気を付けていても、残高が減るのが遅く感じる!といった場合は、借りた金額に対して現在の契約先の金利が高い事が考えられます。

 

特に、50万円以下の少額の借り入れの際に起こりやすいのですが、少額融資の場合、契約するカードローンの上限金利が適用されることが多いです。

 

すると、消費者金融で借りた場合、18.0%という上記の例で出した金利になることが多いわけですが、約定返済額から引かれる利息額分が多いといえるでしょう。

 

そこで、金利自体を引き下げようと思うなら、低金利な銀行カードローンに借り換えるのがオススメといえます。

 

その際、気を付けるのは、銀行カードローンでも消費者金融と変わらない金利の所を選らばないようにする事です。

 

基本的に、メガバンクや地方銀行は低金利借り換えが可能ですが、ネット銀行は低金利が目的の借り換えには向きません。

 

ただし、借り換えをするまでもなく、利息をなるべく少なくして返済していく事は可能です。

 

それは、上述で少し触れたように、約定返済以外の返済も積極的にしていく事です。

 

借入額が高額である場合はなかなか効果が表れ辛いですが、50万円以下の借入残高の場合はそうすることで早期完済の目途が立ちやすくなります。

 

というのは、約定返済以外の繰り上げ返済や追加返済は、基本的に全額元金の返済に充てられるからです。

 

利息分が引かれない分、残高は減りやすくなりますし、残高が減ることで金利えおかけて算出する利息額も少額になっていきます。

 

その繰り返しをしていく事で、金利自体の引き下げを考えずとも、残高が減るスピードは速くすることが出来、利息も削減する事が出来ます。

 

完済までの利息はどれくらい違ってくるの?

 

上記のポイントを押さえて、カードローン利用をしていくとして、どのくらい通常の約定返済だけをしている時と違うか、再度具体例を挙げます。

 

借入30万を金利18.0%で1年、3年、5年で完済した場合の毎月の返済額と完済までに支払う利息を比較しました。

 

借入期間 毎月の返済額 完済までに支払う利息

12ヶ月(1年)

27,745円

32,940円

36ヶ月(3年)

10,815円

89,340円

60ヶ月(5年)

7,585円

155,100円

 

見ていただくと、完済までに支払う利息が大きく違ってくるのがわかると思います。

 

30万円を1年と5年で返すのとでは約12万も違ってくるから驚きです。

 

毎月できるだけ多く返済する事が大事!

 

この表から分かるように、毎月できるだけ多くの返済をした方が早く借金は無くなりますし、利息も少なくて済むのです。

 

早く完済したいのであれば、毎月できるだけ多く支払いをする事が大事であり、それは完済までに払う利息(総利息額)を少なくする事にもつながります。

 

お金があるときにまとめて払おう!と思っていると、いつまでも返済額が増えないことが多いです。

 

その為、お金があるときに約定返済額に加えて3万円、5万円などまとめて払おうとするよりも、毎月の約定返済額に1,000円、2,000円と少額でいいので毎回上乗せ手返済することをオススメします。

 

無駄な借入は控えて、いつまでに完済する。と目標を持って早期完済を目指しましょう。

 

利息が嵩んで返済期間が長引いている場合は?

 

もし、プロミスを利用していて、既に返済期間が長くなってしまっていて、利息負担が重いと感じた場合は、低金利の銀行カードローンに借り換えるのも一つの方法です。

 

プロミスは消費者金融なので、銀行カードローンの金利と比べるとどうしても高金利です。

 

プロミスの金利で、完済まで未だ先が長いのに利息額が既に嵩んでいる場合は、低金利メリットが望めるカードローン借り換えを検討してみてください。

 

その際、プロミス以外の消費者金融へ借り換えても金利は低くならないので、年利14.0〜15.0%くらいまでが上限金利の銀行カードローンに借り換えをするようにしましょう。

 

また、借り換え以降は返済に徹したい!という事であれば、通常のカードローンへ借り換えるのではなく、借り換え・おまとめ専用ローンや借り換え可能なフリーローンを契約先にするのが良いです。

 

借り換え専用ローンやフリーローンは、融資が契約時の一度だけで、その後は完済まで追加借り入れが出来ないので、約定返済をしていくだけでも利息が徒に嵩む恐れは少ないといえます。

 

特に、プロミスの他にも借入先が複数ある場合は、おまとめローン契約で一本化することで、利息負担が軽減できる可能性が高いです。

 

プロミスを含む消費者金融で、借入額が少額であるのに返済期間が長期化すると、元金よりも利息額が高くなってしまう可能性があります。

 

その為、返済に無理がないなら、特に少額借り入れの場合は早期の完済を目指した方が、利息額が嵩まずに済みます。

 

どうしてもなかなか早期完済に繋がる積極的な繰り上げ・上乗せ返済が出来ない…という状況の場合は、借り換えを検討することも大切です。

 

プロミスからの借り換えについてはこちら⇒