消費者金融のおまとめローンとは?

 

おまとめローン図

 

最初はそんなに借入をするつもりがなかったのに、いつのまにか借入残高が膨れ上がってしまった!という人は少なくないと思います。

 

増えすぎた借入残高を減らすのはなかなか難しいです。

 

おまとめローンとはそんな方の為に、複数の業者からの借入を一本化するカードローン商品です。

 

おまとめローンを消費者金融で契約する場合は、総量規制の例外貸付とされており、年収の3分の1以上の借入が可能となります。

 

借入を一本化すると、どのような点が良いのか?といえば、以下のような点がおまとめローンのメリットとして挙げられるでしょう。

 

おまとめローンのメリット

  • 毎月の返済が軽減される。
  • 返済日が統一できる。
  • 毎月の金利負担が軽減される。
  • 段階的に借入残高減少する。

 

借入先が複数に渡っている方は返済状況が思わしくなく、自転車操業状態になっていることが多いでしょう。

 

しかし、複数の契約先にそれぞれ利息を払って毎月返済を何度もするよりも、どこか1社に残高すべてをまとめた方が返済は楽になります。

 

おまとめローンも審査はある!

 

ところが、おまとめローンなら誰でも契約できるわけではありません。

 

おまとめローン契約時にも、カードローン契約時と同じように、ローン審査はあります。

 

その為、中には既に契約中のローンで返済遅延を繰り返していたり、借り入れ件数があまりにも多い(5社など)場合は、返済能力がないとみなされおまとめローン審査落ちしてしまう方がいます。

 

おまとめローン契約となると、例え契約後の借り入れが出来ない(おまとめ先が消費者金融の場合)とは言っても貸付額が高額です。

 

その為、金融機関側は貸し倒れリスクを考慮しないわけにはいきません。

 

複数ある借入先全てはおまとめできなくても、一部であればまとめられるという事もあります。
その場合、全く借り入れ件数を減らせないよりは、一部でもまとめられる方が良いです。
信用実績がある程度積めたら限度額の増額をし、最終的に残りの他社借入残高分も一本化出来ることもあります。

 

各消費者金融のおまとめローンの特徴は?

 

どこのおまとめローンがどんな条件で、どう利用すればいいかわからない方もいると思います。

 

そこで、消費者金融3社プロミス・アコム・アイフルで比較してみます。

 

おまとめローンの商品概要

 

プロミス おまとめローン

融資額 300万円まで
借入利率 6.3%〜17.8%
遅延利率 20.0%
返済方式 元利定額返済方式
申込みいただける方 年齢20歳以上、65歳以下の本人安定した収入のある方
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済に限ります

※借換えの対象となるのは消費者金融・クレジットカード等におけるキャッシング(無担保ローン)。
銀行カードローン、クレジットカードのショッピング等は除く

担保・保証人 不要

 

アコム 借換専用ローン

融資額 300万円まで
借入利率 7.7%〜18.0%
遅延利率 20.0%
返済方式 元利均等返済方式
申込みいただける方 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
資金使途 貸金業者債務の借り換え
担保・保証人 不要

 

アイフル かりかえMAX おまとめMAX

  かりかえMAX おまとめMAX

融資額

1万円〜500万円 1万円〜500万円

借入利率

12.0%〜17.5% 12.0%〜15.0%

遅延利率

20.0% 20.0%

返済方式

元利定額返済方式 元利定額返済方式

申込いただける方

・アイフルを初めて利用される方
・満20歳以上の定期的な返済能力がありアイフルの基準を満たす方

満20歳以上で定期的な返済能力がありアイフルの基準を満たす方

資金使途

他社借入金の借換えのみ アイフル及び他社借換金の借換えのみ

担保・保証人

不要 不要

 

プロミスとアコムは、フリーローンより限度額が低く設定されています(プロミス500万→300万・アコム800万→300万)。

 

プロミスとアコムは金利が変わらないのに対して、アイフルはかりかえMAX(アイフルを初めて利用)の上限金利が17.5%・おまとめMAX(アイフルで取引あり)上限金利が15.0%となっています。

 

フリーローン等の金利はプロミスが低かったのですが、おまとめローンについてはアイフルが一番低い事になります。

 

また、資金用途は当然おまとめローンですから、他社借換以外には使うことはできません。

 

各消費者金融のおまとめローンのメリット・デメリットは?

 

  メリット デメリット

プロミス

・即日融資が可能
・代行で他社完済を手数料0円でしてくれる
・プロミスの会員サービスが受けられる
・提携ATMが豊富
・パート・アルバイトでも申込可

・おまとめローンだが上限金利が17.8%で高い
・契約時に来店が必要(自動契約機可)
・限度額が300万で低い
・返済のみで追加の借入ができない

アコム

・即日融資が可能
・代行で他社完済を手数料0円でしてくれる
・安定した収入があれば20歳以上であれば申込可

・おまとめローンだが上限金利が18.0%で高い
・契約時に来店が必要(自動契約機可)
・限度額が300万で低い
・返済のみで追加の借入ができない

アイフル

・即日融資が可能
・おまとめMAXだと上限金利が15%で3社の中では低い
・限度額が500万で3社の中では高い
・返済のみで追加の借入ができない

・返済のみで追加の借入ができない
・返済方法が口座振替のみで不便
・契約時に来店か郵送のみで不便

 

メリットとして、一番に挙げられるのは最短即日融資が可能である事です。

 

おまとめローンは金額も大きく時間がかかりそうですが、さすが消費者金融と言った所です。

 

プロミス・アコムは本人名でしかも手数料0円で他社完済を代行してくれる点もメリットです。

 

しかしデメリットもいくつかありますが、何と言っても金利が高い点です。

 

現在、殆どの消費者金融は18.0%で貸付を行っているのに、おまとめローンの金利が18.0%で変わらないのであればあまり意味がありません。

 

アイフルだけが、おまとめMAXであれば15.0%に下がりますが、これも銀行カードローンに比べれば高いです。

 

おまとめローンの融資額が100万円以上であれば、利息制限法により上限金利15.0%迄と決められており、アイフルが金利15.0%だからといってあまりメリットとは言えないです。

 

借入残高が10万以上100万未満であればアイフルで一本化するメリットはあると考えます。

 

利息制限法

貸付残高

上限利率

10万未満

20.0%

10万以上100万未満

18.0%

100万以上

15.0%

不向き画像

 

結局プロミスはおまとめローンに向いているの?

 

結論ですがプロミスがという訳ではなく、消費者金融で一本化することにあまりメリットは無いと考えます。

 

おまとめローン契約をしたとしても、金利が高い為、一本化するなら金利の低い銀行カードローンをお薦めします。

 

しかし、複数借入があれば手数料だけでもバカにはなりませんし、借入が100万以上あれば金利も下がりメリットが全く無いとは言えません。

 

本人の借入状況を確認してどこで一本化するかを決めるべきです。

 

消費者金融でおまとめローンを契約する場合は、おまとめ後に借り入れをすることは出来ません。
その為、もしおまとめ後にも追加借り入れの予定がある場合は、銀行カードローンへおまとめをした方が良いです。

 

とりあえず早く完済したい!そんな時のおまとめローン

 

基本的には、おまとめローンは利便性や金利面を考えて銀行の通常カードローンにまとめるのがおすすめです。

 

しかし、この場合は、おまとめ後に追加でまた借りる機会を作ってしまう可能性があります。

 

その点、消費者金融でおまとめをする場合は総量規制例外貸付という特別条件での貸付になる為、完済まで追加での借り入れや新規のローン契約は出来ないようになっています。

 

とにかくローンを一本化して借り入れ癖を絶ってローンを完済したい!という場合は、消費者金融でおまとめする事を検討してみても良いと思います。

 

また、追加借り入れが出来たり、金利が低い分、銀行の通常カードローン審査に通過するのは人によっては厳しい事があります。

 

優先すべきは銀行でのおまとめですが、おまとめ審査を受けた結果落ちてしまった…という方は、消費者金融でのおまとめローン契約にかけてみるのが良いでしょう。