消費者金融はカードローン審査で何を審査するのか?

説明

 

カードローン契約をするには、どうしても借入審査、所謂カードローン審査が必要となってきます。

 

借り入れ審査は与信審査ともいわれ、借り入れ側の信用と返済能力を問うものです。

 

貸付側は借り入れ側に安定した収入があり、ちゃんと融資をした分を利息を乗せて返済してくれるか精査します。

 

カードローン審査で問われる内容は、基本的に消費者金融も銀行も同じです。

 

特に、消費者金融の方が銀行よりも○○な点が審査で重視される!という事はありません。

 

与信審査では、大きく分けて2つの借入側の情報をメインに精査されます。

 

審査で重要なもの
  1. 信用情報
  2. 属性

 

一つは、信用情報という借入側の過去から現在までの他の借り入れの履歴が主に記録されている情報です。

 

もう一つは、基本的な個人情報に年収や勤続先など収入に関係のある情報を交えた、属性という情報が借り入れ審査でチェックされます。

 

消費者金融も、借り入れ側の正確な住所・勤務先等を確認し、返済能力のある人に貸したいと考えるのは当然でしょう。

 

その判断材料となるのが属性と信用情報であり、基本的に借り入れ申し込み時の必要入力事項となっています。

 

属性や信用情報に関する項目が、申し込みにないカードローン契約はありません。

 

つまり、カードローン審査のない借り入れ契約はあり得ませんから、審査なしで契約可能なローンなどは正規の貸付とは言えません。

 

属性審査はどんな点を審査されるのか?

 

チェック

 

ここからは、消費者金融の属性審査について細かく説明してきます。

 

信用情報は、自身のローン履歴なので、返済延滞があったり金融事故を起こしているなどの具体的な問題点が分かりやすいといえます。

 

また、信用情報機関に自身の履歴を問い合わせることも出来るので、割と明確に審査に良い状態か悪いい状態が把握できるでしょう。

 

ところが、属性というと正直なところ一体何のことだか見当がつかないと思います。

 

年収や仕事の役職くらいは想定できるかもしれませんが、属性は他にも審査される項目があります。

 

審査される主な属性
  • 収入の安定性(年収)
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 職業
  • 保険証の種類
  • 年齢
  • 住居形態
  • 家族形態
  • 電話連絡先

 

以降、上記の属性について各項目どのような状態だと審査に有利か不利か説明していきます。

 

どこで働いて年収はいくら?

 

想定内かもしれませんが、属性審査で重要な項目といえるのが、収入の安定性を精査する為の年収です。

 

また、その年収を左右する雇用形態や業種なども属性審査では見られます。

 

勤務先・雇用形態のポイント

  • 公務員や大手企業勤務が有利
  • 非正規雇用者や個人事業主などは不利
  • 勤続年数は長い方が有利
  • 入れ替わりが激しそうな業界は不利

 

通常、どの金融機関のカードローン借入条件にも安定した収入とありますから、年収は審査をする上で重要視されることは理解の範疇でしょう。

 

そして何より、消費者金融の場合は、貸金業法の総量規制がありますから年収の3分の1以上の貸付をしないようにするためにも、収入は確認する必要があります。

 

その為、高額を借りたい場合は、それ相応の年収がなくては希望額満額を借りる事は難しいでしょう。

 

ただし、年収が低いからと言って審査に落ちてしまうような事はありません。

 

年収が高い場合、確かに属性審査で有利ですが他の属性項目での評価もありますし、信用情報の状態も審査では関係してきます。

 

したがって、年収がとにかく審査結果を左右するといった事はないです。

 

また、カードローンの属性審査において、職業で一番理想的なのは公務員といえるでしょう。

 

「公務員=安定した収入」という印象は、世間一般的な認識ですから貸金業の審査も漏れなくそうといえます。

 

実際、毎年の職業毎の年収データからしてもそうです。

 

先述もした通りカードローンでは、収入が安定している事が大事なので職業でも安定性が高いものの方が、属性評価が高いといえます。

 

ちなみに、自衛官も公務員ですが、自衛隊という組織的に隊員の金銭借用をあまり良しとしていません。

 

しかし、金融機関として自衛官への貸付を禁止している。という事はないので、借り入れが事実上は可能となっています。

 

加えて、正社員やその他非正規雇用の契約社員やパート等、雇用形態も審査で精査されます。

 

基本的に、非正規雇用よりは正規雇用の方の方が、限度額などの貸し付け条件などが審査で有利になりやすいです。

 

つまり、アルバイト・パートや派遣・契約社員の方は、正社員の方よ比べると属性審査で評価が低くみられてしまいます。

 

ちなみに、個人事業主や自営業者はどこか会社に勤めている場合よりも、属性評価が低いです。

 

そして勤続年数、業種、会社規模も属性に含まれます。

 

勤続年数は、収入の安定性の証明に繋がるので、最低でも半年〜1年は同じ勤務先で勤めている状態が望ましいでしょう。

 

その兼ね合いで、非正規雇用者の場合は、社会保険証があることで、正社員と同程度の勤続をしていることの証明となり、国民保険証より印象が良いです。

 

30代 男性
 派遣の方参考にしてください。在籍確認で失敗しました。
 派遣社員なのですが、プロミスに申し込みの際何としても金が借りたくて属性を少しでも良く見せようと、派遣とはいえ勤め先が有名な企業であるのもあって、勤務先の欄に派遣先の会社を入力しました。
 仲のいい社員の人が電話窓口担当だったので、そこに籍の確認が入るだろうと何となく思い込んでいました。しかし、実際は違ったようで正社員ではない自分の籍が確認出来ないという事で残念な結果に終わりました。
 結局のところ何がいけなかったのか知りたくて調べたところ、派遣社員は派遣元を記さなくてはいけなかったという事が一つ明確な要因だと分かり先に調べればよかった…と思いました。

icon-1.png

これはプロミスに限ったことではないのですが、派遣社員の方が在籍確認先として申し込みをするのは、派遣で行っている会社よりも派遣会社を指定した方が良いです。

 

派遣会社で個人情報保護の為に在籍確認が出来ない場合のみ、在籍確認先を派遣先の会社にしましょう。
両方で在籍確認がままならない場合はプロミスに相談してみてください。

 

年齢も属性審査で重要!?

 

上述した雇用形態や勤続年数にもかかってくるものとして、年齢も実は属性ではわりと注視される点といえます。

 

消費者金融の貸付条件では、満20歳以上から69歳くらいまでが対象として定められていることが多いです。

 

その為、20歳未満の未成年や70歳以上の高齢者は消費者金融で契約が出来ません。

 

特に、未成年に関しては法定代理人(保護者)による契約の取り消しが可能なので、自身の一存でカードローンなどを契約する事は不可能です。

 

70歳以上の方は、金融機関によっては75歳くらいまでは貸付可能としているところもありますが、なかなか審査通過が難しいといえます。

 

未成年者の場合も高齢者の場合も、なぜ借り入れが出来ないかというと、収入の安定性と返済能力に欠けるからです。

 

未成年者も高齢者も、基本的には非正規雇用でしょうし、しかも纏まった労働時間・日数働ける状態ではなない事が多いでしょう。

 

すると、収入が不安定ですし、高齢者の方に関しては返済期間中に働けなくなる可能性も否めないので、審査通過が厳しいのです。

 

年齢的に評価が高いのは、20代後半〜50代前半の働き盛りの方といえます。

 

また、20代後半〜50代前半ともなると、クレジットカードや住宅ローンなど、カードローン以外の金融取引で信用実績が積めている事もあって、審査で評価されやすいといえるでしょう。

 

どんな所に誰と住んでいる?

 

収入に関わる仕事関連の情報も、勿論属性審査では重要ですが、住居形態や家族構成といった点も属性審査で見られます。

 

自宅情報で審査される事は、持ち家か賃貸なのかという事が一つ項目としてある金融機関が多いです。

 

住居・家族形態ポイント

  • 持ち家は審査に有利
  • 身内同居は一人暮らしより審査に有利
  • 引っ越し前後の申し込みは避ける
  • 固定電話でなく携帯でも可

 

審査の上では、賃貸よりも持ち家の方がやはり信用度は高いです。

 

というのは、万が一返済不能になっても持ち家は引っ越しが考えにくく、借り入れ契約者が家族と同居している場合は失踪してしまう可能性が低いからといえます。

 

賃貸だと点々と引っ越しをしてしまい行方不明になる可能性が否めないので、審査の上では低評価になりがちです。

 

貸付側は、貸し倒れリスクを考慮して、借り入れ側の正確な所在を常に把握しておきたいので、なるべく引っ越しをしない顧客の方を好みます。

 

顧客に行方不明になられては、貸し付け側としては督促も出来ませんし、貸した金額の取り戻しようがないので困ってしまいます。

 

加えて、一人暮らしより身内と同居の方が信用度はさらに高く判断されます。

 

というのは、万が一返済不能になった際に、借り入れ契約者本人以外で残高の返済を建て替えてくれる可能性として見込めるからです。

 

ただし、カードローン契約は基本的に保証人不要ですから、原則、返済義務は借り入れ契約者本人にあります。

 

その為、同居しているからといって、借り入れ契約者以外の家族が返済義務を問われるようなことはありません。

 

他にも、最近は無い家庭も多いですが固定電話があるかどうかも、多少審査に関わってきます。

 

しかし、絶対に固定電話が自宅になければ審査通過が難しいという事はなく、確実に連絡が取れるなら携帯の番号でも構いません。

 

住居形態に関しても、それだけでカードローン審査結果に大きな影響があるわけではありません。

 

ただ、信用情報に返済遅延などの問題がみられる場合には、住居形態のような細かい属性評価も無視できないでしょう。

 

他社借り入れはある?しっかり返済している?

 

以上は主に属性審査でのポイントとなっていますが、属性が良くてもやはり信用情報に問題がある場合は、カードローン審査に通過することはありません。

 

消費者金融は信用情報機関を介し、借入や返済の状況を共有しあっている為、借り入れ契約者の現在〜過去までの取引状況がすぐわかります。

 

特に他社借り入れの件数や返済状況は重視されるといえるでしょう。

 

信用情報のポイント

  • 過去破産や返済遅延・延滞中は審査通過が難しい
  • 複数社申し込みすると審査に不利
  • 借り入れ件数は少ない方が与信が良い

 

過去破産している、今現在支払していないなど、万が一申し込み時にごまかそうと嘘をついて、他社借り入れに関して「ない」として申告しても嘘はすぐにバレます。

 

いくら安定した収入があったとしても、他社返済で問題があれば与信が低いと判断されるため、審査通過は難しいです。

 

公務員でも他社取引で問題があるのと、勤め先が中小企業でも他社で返済をきっちりしているのとでは、後者の方が審査では有利といえます。

 

また、他社への借入申込状況も貸付側は把握できます。

 

その際、数日の間に複数に及ぶ申し込み履歴が見られる場合、債務があっという間に増えるかもしれない、お金ですごく困っているのでは?と貸付側が貸し倒れを危惧する可能性があります。

 

あまりにも短期間に複数申し込みをすると、信用情報の上でも申し込みブラックという一種の信用の傷になってしまいます。

 

基本的に、出来れば新規借り入れ契約をする場合は、他社借り入れがない方が審査に無事通過し易いといえるでしょう。

 

なぜ属性審査はされる?

 

上述してきた内容からも分かるように、属性は借り入れに直接関係しなさそうな項目もあります。

 

なぜそのような遠回しな返済能力を属性審査するのか?といえば、端的に言えば返済をしっかりしてくれる人かどうかを見るためです。

 

金融機関は貸付をしてきた顧客のデータをたくさん持っており、どんな年齢・雇用形態・年収・住居形態の人が返済をしっかりしてくれる。という目安を統計しています。

 

人は十人十色といいますが、何となく似た傾向というのは必ずあります。

 

つまり、既にある統計データに新規顧客の属性を照らし合わせて、大体の人物像に目星をつけるのが属性審査の役割といえるでしょう。

 

その為、一見お金を借りるのに関係がないような項目も属性審査で設けられているのです。

 

ローン審査で重要なのは属性と信用情報の両方!

 

属性と信用情報の2点は、消費者金融でのローン審査にとどまらず銀行やクレジットカードでの借り入れの際の審査でも重要な情報となってきます。

 

その中でも、特に消費者金融で重要視されるのが他社借り入れとその残高です。

 

というのは先述もしたように、消費者金融の場合は貸金業法による総量規制の兼ね合いで、契約者の年収の1/3以上は貸し付けてはいけないと、法律で定められているからです。

 

もし、ローン契約者が総量規制以上の希望額で、消費者金融に申し込みをしても絶対に審査に通ることはありません。

 

加えて、信用情報に債務整理などの異動情報が記録されている間も、まず大手消費者金融では契約することは出来ないといえます。

 

属性の年収や信用情報の借り入れ件数・残高などは、自身でなんとかして改善することも可能です。

 

しかし、信用情報に金融事故などが原因で異動情報が記録された場合は、最高5〜10年経って記録が消えるまで、借り入れ契約の類は出来ません。

 

50代 男性
 収入証明が要らないような少額の借り入れでしたが、属性的に借りられる可能性が低そうだったので諦め半分でプロミスの自動契約機で仮審査だけ…と思ったのですが、その結果が「融資可能」と出たのでそのまま申し込みをしました。
 そうして本審査も無事通り、本当に借りることが出来ました。
 やはり銀行よりも消費者金融は柔軟なのか、それともプロミスは大手だからなのか…

icon-1.png

安定した収入があり、借り入れ希望額に対して返済能力が見込めれば審査通過は難しい物ではありません。

 

消費者金融で借り入れをする場合は、大手のほうが安心感があり利用の際にも借り入れや返済の自由度が高いです。
プロミスの借り入れ診断は、結果で融資可能とされた場合、そのまま本申し込みをすると入力の手間が少し省けるのも良い点です。