プロミスと三井住友銀行の関係とは?

 

プロミスって消費者金融カードローン?銀行カードローン?

 

カードローンを扱っている金融機関はざっくり分けると銀行とノンバンク(消費者金融等)です。

 

読んで字の通りですが、銀行カードローンは銀行が扱っている商品です。

 

銀行カードローンの特徴

  • 総量規制の対象外
  • 専業主婦でも借入可
  • 消費者金融に比べて金利が低い

 

プロミスの公式サイトを見ると、三井住友フィナンシャルグループとあります。

 

そこで、「プロミスは三井住友銀行のカードローン商品」と勘違いするかもしれませんが、プロミスは三井住友フィナンシャルグルーブの子会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブランドの一つです。

 

あくまでプロミスは消費者金融カードローン扱いとなり総量規制の対象なりますが、三井住友フィナンシャルグループである事に間違いはありません。

 

その他ではアコムが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社であったり、レイクに関しては新生銀行グループに入ったりしています。

 

プロミス・アコムは消費者金融ですが、レイクは新生銀行カードローンの商品の一つとなっています。

 

プロミスなどのように、銀行と関係がある消費者金融を銀行系消費者金融といいます。

 

銀行系と冠してはいますが、貸金業者である事に変わりはありません。

 

その為、総量規制の範囲内での貸し付けとなり、プロミスが銀行系カードローンでも、年収の3分の1までしか貸付できませんし、1社で50万円以上他社借入合わせて100万円以上の借り入れになる場合は収入証明書が必要です。

 

また、銀行カードローンは自身に収入のない専業主婦の方にも、配偶者の方の収入を目安に貸付をしている事がありますが、上述の通りなのでプロミスでは対応していません。

 

ちなみに、系列の三井住友銀行カードローンも、銀行カードローンではありますが、専業主婦(主夫)の方への貸付は行っていません。

 

プロミスは社名ではありません

 

プロミスは昔プロミス株式会社という社名でしたが、現在はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(以下、SMBC)の金融事業ブランドの1つとなっており「プロミス=SMBC」のようなものです。

 

その他大手消費者金融アコムやアイフル等はブランド名と社名が同一となっています。

 

ちなみに、モビットは三井住友銀行グループのSMBCモビットになり、SMBCモビットが正式名称となりました。

 

SMBCモビットはSMBCと冠してはいますが、モビット=プロミスというわけでなく、全く同じ会社ではないので注意してください。

 

プロミスは銀行系消費者金融だから安心!

 

プロミスは銀行ではなく、あくまで銀行系消費者金融ですが、先述しているように三井住友フィナンシャルグルーブなのでノンバンク系消費者金融(中小消費者金融などがこれにあたる)と比べて安心感があります。

 

まず、そうそう倒産することがありませんし、バックに銀行がいることで資金面に危うさがなくサービスの質も高く保てています。

 

その為プロミスの場合、他の消費者金融(銀行系、ノンバンク系含め)と比べてもローン契約者・会員へのサービスが手厚いです。

 

また、CMや広告でのプロモーションも大大的にしているため知名度があり、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社系列というブランディングがされているので、ローン利用していても不安を抱く心配がありません。

 

50代 男性 
昔はサラ金というと悪いイメージしかなったですが、法律も変わったからか随分借りやすく丁寧になりましたね。プロミス良かったです。
 身分証の住所が、引っ越し前の住所のままで入力内容とは違うため確認の連絡が来て申し込みし直しで時間がかかりましたが、事情を説明した際のオペレーターの方の対応が良くやり直しは自分のミスですし、余計に不愉快に思う事もなく無事に借り入れ出来ました。

icon-1.png

貸金業法改正前にサラ金(消費者金融)を利用したことがある方は、いまだに何となくマイナスイメージを抱きがちかもしれませんが…

 

現在はプロミスもその他消費者金融も顧客サービスが徹底しており利用者が安心して申し込みや相談が出来るようになっています。
申し込み内容や必要書類の不備は融資までのスピードもさることながら、審査にも影響する場合があるので注意してなるべくしないようにしましょう。

 

また、ローン利用中にもし申し込み当時の個人情報が変更となった(引っ越した、年収が上がったなど)場合にはなるべく自分から変わった旨を伝える、もしくはネットから変更しましょう!

 

プロミスと三井住友銀行カードローンの違いは?

 

天秤の画像

 

プロミスと三井住友銀行カードローンを比較!

三井住友銀行にカードローンが無い訳ではなくカードローン商品はあります。

 

よく銀行カードローンは金利が低いとか消費者金融より銀行を選んだ方がいいと言われたりしますが、本当にそうなのでしょうか?

 

プロミスと三井住友カードローンを比べてみましょう。

 

会社名 プロミス 三井住友

融資額

500万円まで

※50万を超える申込には収入証明が必要です

800万円まで

※300万を超える申込には収入証明が必要です

金利

4.5%〜17.8%

4.0%〜14.5%

※詳細下記表参照

申込みできる方

年齢20歳〜69歳以下で本人に安定して収入がある方

・満20歳〜69歳の方

原則安定した収入がある方

・三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けれる方

担保・保証人

不要

三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)が保証する為、不要です

 

※三井住友銀行の金利詳細です

三井住友銀行カードローン金利

プロミスと三井住友銀行カードローンを比べてみると、やはり上限金利が約3.0%も低い点が目につきます。

 

これは三井住友銀行に限った事ではなく、殆どの銀行カードローンの金利は15%以下で設定されています。

 

プロミスは消費者金融の中では1番低い金利設定ですので銀行カードローンの方が魅力的に感じます。

 

限度額もプロミスが500万に対して三井住友銀行カードローン800万となっており、また申込可能な方にも違いがあります。

 

三井住友銀行カードローンは原則安定した収入がある方となっており消費者金融には無い表記です。

 

三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けられないと融資ができないのも特徴の一つです。

 

つまりプロミスは保証会社であり三井住友銀行カードローンの保証をしているのです。

 

プロミスと三井住友銀行カードローンはどちらがいい?

 

カードローンの貸付条件(限度額や金利)だけ見るなら、三井住友銀行カードローンがオススメです。

 

ただし、例えば、短期間の借り入れで無利息期間を利用したい!という事であれば、プロミスがオススメできます。

 

また、ローンカードや契約書類などの郵送はしないでほしい!という希望がある際も、プロミスでの契約手続きの方が向いた借り入れ方法があるといえます。

 

つまり、カードローン契約希望者の要望によって、どちらがより希望に沿った借り入れが可能かは変わってくるので、一概には言えません。

 

一つ断言できるのは、プロミスも三井住友銀行もおまとめローンを取り扱っていますが、おまとめの場合は低金利であることが大前提なので、三井住友銀行カードローンが絶対的に良いという事です。

 

カードローンは借り換えが可能ですから、初めは急遽借り入れが必要でプロミスで契約したとして、そのあとで三井住友銀行カードローンに借り換えるという利用の仕方も良いでしょう。

 

その場合、プロミスでのローン利用実績が良好であれば、三井住友銀行カードローンの審査に有効に働く可能性があります。

 

30代 男性
 ネットでプロミスは銀行系と見たので総量規制にかからないと思ったのに、銀行傘下の消費者金融なだけで普通の銀行カードローンじゃないからバッチリ年収の1/3以上の借入はアウト。
 勘違いしたまま申し込んで恥ずかしかったです。

icon-1.png

カードローンの契約が初めての人に気を付けてほしいのが銀行系消費者金融とは、銀行ではなく銀行傘下の消費者金融なので総量規制の対象になるという事です。
プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループのグループ会社なので三井住友銀行と提携しています。
消費者金融で銀行系でないのは大手ではアイフルだけとなっています。

 

SMBCコンシューマーファイナンスの特徴

SMBCは三井住友フィナンシャルグルーブの子会社の1つで、金融事業・保証事業・海外事業・債権管理事業を行っています。

SMBCコンシューマーファイナンスの事業内容

金融事業 プロミスや子会社のモビットを中心に無担保無保証融資を行い、WEB完結等のサービスを提供しています。
保証事業 銀行や信用金庫と保証提携行い保証審査をしています。
海外事業 中国・香港・タイで消費者金融業を行っています。
債権管理事業 金融事業の長期延滞債権や保証事業の求償債権の管理・回収を行っています。

 

まず金融事業ではプロミスだけではなくモビットとも関係があるのです。モビット(社名:株式会社モビット)はSMBCの子会社となっています。

 

三井住友銀行・SMBCコンシューマーファイナンス・プロミス・モビットこの4つの関係は大体理解できたと思います。

 

保証事業は189の金融機関(銀行68・信用金庫81・信用組合36・その他4)と保証提携しており2005年4月に三井住友銀行と保証提携を開始しています。

 

保証残高は2016年3月で1兆円超えています。

 

海外事業では中国・タイ・香港で消費者金融を行っており、プロミスブランドも定着しつつあり、融資残高は2016年3月で約780億円となっています。

 

債権管理事業は金融事業の長期延滞債権や保証事業の求償債権の管理・回収、お客様からの相談に等に対応しています。

 

管理のノウハウを活かし子会社のアビリオ債権回収でも回収業務を行っています。

 

三井住友フィナンシャルグループになったSMBCコンシューマーファイナンスのメリット

 

・三井住友銀行の資金面等での協力が得れる。
・三井住友のブランド力が得れる。
・三井住友銀行ATMが無料で利用できる。

 

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は銀行から信頼されている?

 

三井住友銀行を初め多くの銀行や信用金庫等と保証提携をしているということはSMBCがいかに信頼されプロミスの時から長年培ってきた個人向け融資のノウハウを銀行等がいかに評価しているかということです。

 

冒頭でも述べたように「プロミス=SMBC」ですので銀行から信頼されているSMBCが扱うプロミスなら安心して申込できるのではないでしょうか?

 

ちなみにプロミスで審査が通っても三井住友銀行カードローンが通らない場合もありますのでご注意ください。

 

やはり銀行のグループに入った事により資金面での協力が得れることは大きなメリットです。

 

しかも三井住友銀行の様な大手なら豊富な資金もあるでしょうから安定した経営にも繋がります。

 

また三井住友のブランド力により現在利用している方や今後利用しようと考えている方に安心感・そして以前の消費者金融から想像もできないクリーンな感じを与えると思います。

 

プロミス利用者にとっても、三井住友銀行ATMが無料で使えるサービスが受けれる事もメリットの1つです。

 

SMBCモビットはプロミスと比べるとどう?

 

最初の方でプロミスはモビットと関係が深いものの、別会社であることは述べました。

 

しかし、プロミスにもモビットにも三井住友銀行グループが関係しているのは間違いありません。

 

では、プロミスとモビットのカードローン性能は比較するとどうか?といえば、以下のような特徴が挙げられるでしょう。

 

プロミスとモビットの差
  • 上限金利はプロミスの方が低金利
  • 最高限度額はモビットの方が高額
  • プロミスの方WEB完結対応可能な金融機関が多い
  • プロミスには無利息期間やポイントなどのサービスが豊富
  • モビットは唯一電話・郵送物なしで契約可能(WEB完結)

 

上記のようにそれぞれ一長一短ありますが、三井住友銀行ATMが手数料無料だったり、スマホATM取引を導入していたりする点は、プロミスとモビット両方に見られる特徴です。

 

さらに詳しくプロミスとモビットを比較する?⇒