プロミスと銀行カードローンどちらの返済が楽?

 

プロミスと銀行カードローンでは、金利だと銀行の方が低く有利ですが、月々の返済額はどうでしょうか?

 

金利は支払うべき利息額という点で返済額に関わってきますが、毎回の約定返済が何円になっているかも、返済を滞りなくしていくには重要なことです。

 

そこで、ここではプロミスと主な銀行カードローンの返済負担について比べます。

 

プロミスと三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)で、まずは借入額に対する約定返済額を比較してみましょう。

 

プロミスと銀行カードローン返済額の比較

 

プロミス

借入後残高 返済額

30万円以下

借入後残高×3.61%

(1,000円未満切り上げ)

30万円超過〜100万円以下

借入後残高×2.53%

(1,000円未満切り上げ)

100万円超〜

借入後残高×1.99%

(1,000円未満切り上げ)

 

三井住友銀行カードローン

借入残高 返済額

2,000円〜100,000円

2,000円

50万円まで借入残高が10万増えるごとに2,000円追加

500,001円〜600,000円

11,000円

300万円まで借入残高が10万増えるごとに1,000円追加

2,900,001円〜3,000,000円

35,000円

800万円まで借入残高が50万増えるごとに5,000円追加

 

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

借入残高 返済額

10万円以下

2,000円

10万円超〜20万円以下

4,000円

20万円超〜

借入残高が10万増えるごとに2,000円追加

 

プロミスの特徴は、最終借入後残高に掛け率を当てはめて計算した金額が返済金額になる点です。

 

つまり、融資を受けた後に借入をしなければ、返済額は変わりません。

 

その為、初めに30万円以上の借り入れをして、返済のみをしている場合、約定返済額が借入残高30万円以下の返済額になることはありません。

 

一方で三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行は約定返済日の残高に応じて返済額が決まります。

 

月々の返済が楽なのは?

 

消費者金融1社から何百万も借入をしている人は少ないと思いますので、50万円までの月々の返済額を10万円単位で比較します。

 

借入残高 プロミス 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行

〜10万円以下

1,000円〜4,000円

2,000円

2,000円

10万円超〜20万円以下

4,000円〜7,000円

4,000円

4,000円

20万円超〜30万円以下

7,000円〜11,000円

6,000円

6,000円

30万円超〜40万円以下

8,000円〜11,000円

8,000円

8,000円

40万円超〜50万円以下

11,000円〜13,000円

10,000円

10,000円

 

表を見てもらうと分かるように、プロミスは約定返済額をその都度借り入れ額と一定の割合で計算して算出するので、約定返済額の範囲が広いです。

 

その為、10万円以下の場合、借入額によっては三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンよりも約定返済額が少額になることもあります。

 

しかし、10万円以上の借り入れ額となると、プロミスの約定返済額が一番高いケースがほとんどといえるでしょう。

 

特に、借り入れ額が50万円のときには、プロミスの約定返済額=13,000円に対して、他2行の銀行カードローンは10,000円で済みます。

 

3,000円の返済額の差は無視できないといえるでしょう。

 

返済額を低くするなら銀行カードローン

 

三井住友銀行カードローンの返済額の設定が改定されたことで、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの負担の少ない返済額に並びました。

 

また、三井住友銀行カードローンの方は残高50万円〜300万円までの間は、残高が10万円増えたところで返済額が千円増えるだけなので、以前の返済額を考えると返済負担がものすごく軽減されたといえるでしょう。

 

その為、プロミスをはじめとした消費者金融の返済額は、大手銀行の返済額よりも高めになってしまう事となりました。

 

ただし、消費者金融であるプロミスは、やはりどうしても金利がメガバンクと比べると高めなので、あまり返済額が低いと利息が嵩んでしまう為、致し方ないといえるでしょう。

 

約定返済額にこだわり過ぎないよう注意!

 

プロミスの返済額は、メガバンクと比べると少し高い金額になっています。

 

というのも、あまり返済額を低くすると金利が高い分、元金に回す金額が少なくなって返済期間がいたずらに伸びてしまうからです。

 

約定返済額は、返済した金額がすべて元金の返済に充てられるのではなく、何割かは利息支払いに充てられますから、あまり約定返済額が低いと利息ばかり払っている事になってしまいます。

 

ただし、その点でいうと三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックもいくら低金利とはいえ、残高毎の最低返済額ばかりで返済をしていると元金が減りにくいのは同じ事です。

 

その為、基本的に返済額というのは無理がない範囲で、最低返済額(約定返済額)よりも多い金額で返済していく事をお勧めします。

 

また、どうしてもプロミスなどの消費者金融での約定返済額での支払いが息切れしてきてしまった…という場合には、返済遅延などを起こす前に、返済額が低く済む銀行カードローンに借り換えてみるのも良いと思います。

 

借り換えが上手くいかない場合は、現在借りている金融機関に問い合わせて少し返済額を下げてもらえないか交渉(リスケジュール)してみてください。

 

約定返済額より多く返済する方法とは?

 

約定返済額にプラスαで返済するのはどうしたら良いか?初めてカードローンなどを契約した方は、疑問に思う事だと思います。

 

一番単純なのは、契約時に決まった返済日に約定返済額に、千円でも2千円でも足して上乗せ返済することでしょう。

 

その際、特に貸付側に「上乗せ返済します!」といった連絡はしなくても大丈夫です。

 

もう一つは、自分の懐具合に合わせて随時返済する方法が挙げられます。

 

随時返済の場合は、次回の返済日までの間に自分のタイミングで先に約定返済額以上を返済することです。

 

その際、随時返済を行う事で直近の返済日が変更になり、例えば翌月だった返済日が実質なくなり、翌々月に延びる仕組みの返済を繰り上げ返済といいます。

 

随時返済の場合は、約定返済を前倒しで行うので、返済日までかかるはずだった利息を少し抑えることが出来ます。

 

加えて、随時返済時に上乗せ返済をすると、さらに返済期間を短縮させ総利息額をおさえることが可能となります。

 

プロミスのフリーキャッシングは、ネットバンキング機能を利用してのインターネット返済で随時返済がし易いカードローンといえます。
土日祝日や時間に関わらず、振込手数料無料でプロミスのインターネット返済は可能です。