プロミスからの電話はどんな内容?電話連絡なしにする事は可能なのか?

 

電話連絡がプロミスから入ると、なんだか家族や会社など周囲の人に借り入れがバレそうで嫌だな…と思う方は少なくないでしょう。

 

そうでなくても、突然プロミスから電話入るとビックリしてしまう!という方は多いと思います。

 

そこで、いざプロミスから電話が入った時に慌ててしまわないように、どんな時にどんな内容で電話がかかってくるのか知っておくと良いです。

 

また、中には電話連絡をなしにすることが出来るものもあるので、その場合の電話なしにする方法も説明します。

 

プロミスから電話が入るタイミングとその内容は?

 

プロミスが顧客に電話するタイミングや内容は、大体決まっています。

 

基本的にどういった時にどんな内容の電話が来るかというと、以下の通りです。

 

プロミスからの電話内容
  • 申込みの確認
  • 在籍確認の電話
  • 返済遅延の際の催促
  • 個人情報の確認
  • 増額の案内

 

プロミスへの申し込み後に確認の電話がある

 

一番最初にプロミスから電話が入るのが、申し込みをした後といえます。

 

というのは、プロミスが申し込みをした方に対して、申し込みの事実確認をするからです。

 

他にも、実際に申込まれた商品で正しいか、申し込みをした本人に電話がつながるかの確認も兼ねています。

 

ただ、WEB上で契約手続きが完了するようにプロミスへ申し込めば、電話が入らない事もあります。

 

ところが、申込情報が正確ではなかったりすると、確実に申し込み情報の確認としてプロミスからの電話連絡が避けられません。

 

在籍確認での電話連絡はなしに出来ない

 

在籍確認の電話は、プロミスからかかってくる電話の中でも一番気になることでしょう。

 

勤務先の会社などに、貸金業者から電話が入るのは何となくバツが悪いような気がすると思います。

 

原則、プロミスの在籍確認については、電話で行われ電話をなしには出来ません。

 

ただ、勤務先への電話口で「プロミス」と名乗ることはないので、よほど会社の方に借り入れがバレてしまうような事はありません。

 

基本的にプロミスの在籍確認は、担当オペレーターの個人名で勤務先に電話が入ります。

 

在籍確認についてさらに詳しく⇒

 

返済催促は返済が遅れなければかかってこない

 

返済催促の電話は、プロミスへの返済が遅れなければかかってくることはありません。

 

その分、返済がちゃんとされるまでは何度も電話がかかってきます。

 

ただし、勿論いきなり勤務先に電話が入ってしまったり、早朝や深夜でもプロミスから電話が入るようなことはありません。

 

催促といっても、プロミスは闇金ではないので返済を促す電話モ、きちんと規則に則って顧客の生活に配慮し丁寧に行われます。

 

きちんとプロミスからの返済催促の電話に出て、いつまでに返済する。と伝えれば、何度もかかってくることもないです。

 

申し込み時と情報が変わった場合の確認がある

 

個人情報の確認は、自身の氏名や住所、勤務先などが契約時と変わった際に、変更した情報が正しいかプロミスから電話で確認されるものです。

 

基本的に、プロミス契約時に申込んだ情報のどれか一つでも変わった場合は、14日以内に会員ページなどから情報の変更をする必要があります。

 

そして、個人情報の変更をした後にプロミスから確認の電話が入るのです。

 

プロミス側からの電話確認はどのタイミングで入るか分かりませんが、情報の変更自体をプロミスコールに直接伝えるのであれば、自身の都合やタイミングに合わせて電話が可能でしょう。

 

増額案内の電話は来るとは限らない

 

増額審査の案内は、誰でも必ず来るわけではありません。

 

また、案内の方法も電話で来ることもあれば、ハガキやメールで来ることもあります。

 

プロミスから優良顧客だと思われていると、増額の案内が来るので大体契約時の顧客の要望に合わせた方法で連絡がされるでしょう。

 

その為、例えば郵送物が出ないような契約の仕方やなるべく電話連絡がないよう伝えて契約した場合などは、それぞれの都合に合わせて案内が入ることが多いといえます。

 

プロミスからの電話をなしにする事は可能?

 

上述してきたプロミスからの電話を何とかなくすことは出来ないか?と思う方もいるでしょう。

 

実は、プロミスからの電話で絶対になしに出来ないのは、在籍確認と返済遅延催促の電話だけです。

 

他は以下のような対策を取ることで、電話での連絡をなしに出来ます。

 

プロミスからの電話対策
  • 「フル入力」でWEB申し込みをする
  • 申込時に電話での案内などは断っておく
  • 返済が遅れそうなときは自分から先に電話する

 

プロミスはWEB完結契約にも対応しているので、「カンタン入力」ではなく「フル入力」でのWEB申し込みをすると、申し込み確認の電話が入りません。

 

また、WEB申し込みをそのようにネット上で手続きが完結するようにした場合、契約後も極力プロミスから電話での連絡はなくなります。

 

加えて、増額の案内などが必要ではないもしくは電話以外の方法が良い!という場合は、プロミスを契約した際にあらかじめ伝えておくと電話連絡は入らなくなります。

 

もし案内自体が必要な場合は、SMS(ショートメッセージ)やメールなどでの配信にプロミスが変更してくれるでしょう。

 

時に、たまたま返済日を忘れていた…というような場合、自身から先に返済が遅れてしまう事をプロミスに伝える事で、プロミス側から電話をかけられる事はなくなります。

 

プロミス公式サイトはこちら⇒

 

プロミスへ電話で問い合わせられるのは何時まで?

 

プロミスから電話が入る前などに伝えた言事がある場合や何か他に問い合わせたい事がある場合、プロミスは何時まで電話対応しているかも気になると思います。

 

プロミスコールは自動音声により24時間問合せを受け付けています。

 

しかし、問い合わせ内容によっては、オペレーターの方に対応してもらわなくてはいけない場合もあります。

 

プロミスのオペレーターの方に問い合わせ可能なのは平日22時までです。

 

その為、平日22時以降や土日祝日などは自動音声での問い合わせ対応となります。

 

自動音声が対応可能な問い合わせは以下の通りです。

 

自動音声の対応で済む問合せ

  • 振り込みキャッシングの申請
  • 借入額や利息の確認
  • 返済日の変更相談
  • 返済用口座の確認

 

記のような内容であれば、平日の夜間も土日祝日も関係なく自動音声で対応しており、それで問い合わせの処理が完了します。

 

ちなみに、電話でのプロミス新規申し込みは平日土日祝日関係なく9〜22時まで可能です。

 

また、一番多く緊急性が求められると思われる、カードの紛失・盗難は24時間いつでも電話で受付ています。

 

カード番号が分かっていれば、問い合わせをした後でプロミスカードの利用停止が可能です。

 

女性専用の問い合わせ窓口もある!

 

時に、プロミスコールに問合せをする際、女性の利用者の方などは何となく萎縮してしまうので、同じ女性に対応してもらいたい!と思う事もあるでしょう。

 

その様な需要に応えるために、プロミスには女性専用問い合わせ窓口として、レディースコールが用意されています。

 

女性専用ダイヤルレディースコールから問い合わせをすると、女性オペレーターの方に対応がしてもらえます。

 

男性の方には問い合わせや相談がし辛い…という方は、プロミスのレディースコールを利用してみてください。



トップ プロミス公式 プロミス以外