オリコのクレジットカードやローンの審査基準は?

 

株式会社オリエントコーポレーションの略称がオリコですが、オリコは大手信販会社です。

 

オリコはオリコカードをはじめとするクレジットカードの発行から、ローンの扱い、保証会社まで幅広く手掛けています。

 

有名な信販会社なので、人気のオリコカード・ザ・ポイントなど扱っている商品の審査が厳しいのではないか?と申し込む前に不安になる方も多い事でしょう。

 

ここでは、オリコの扱う商品の中からクレジットカード、カードローン、オートローンを取り上げその基本情報と合わせて審査基準を説明していきます。

 

オリコの審査は厳しくはないけど甘くはない?

 

まず、クレジットカードやカードローン、オートローンのオリコ審査基準全体の基準は、一般的にそこまで厳しくないといえます。

 

というのは、そもそも信販会社の審査は、銀行などと比較すると通過が難しくない傾向にあるからです。

 

加えて、オリコほどの大手信販会社となると、ちょっとした貸し倒れリスクのある顧客を抱えても、全体的な業務でリカバリーが可能といえるでしょう。

 

したがって、以下のような信用の重大な問題に心あたりがなければ、オリコの審査に通過しクレジットカードでもローンでも契約できる可能性が高いです。

 

オリコの審査ポイント
  • 金融事故を起こしていない(異動情報がない)
  • 返済遅延や延滞をしていない
  • 他社借入が多すぎない
  • 申し込み内容に不備がない
  • 適度なクレヒスが積めている
  • 在籍確認が取れる

 

まず、審査で必ずオリコが照会する信用情報上に、異動情報という金融事故の履歴がない事が一番重要といえます。

 

信用情報に、債務整理や強制解約、自己破産といった金融事故を起こしたことによる履歴が残っていると、オリコに限らず信用審査に通りません。

 

異動情報がある場合は、履歴が消える5〜10年を待ってからオリコに申し込みをするしかないでしょう。

 

金融事故に次いで審査で印象が悪いのが、返済の遅れや延滞といえます。

 

短期の返済遅延であれば、1年内2回未満までなら何とか審査通過できるかもしれません。

 

しかし、返済遅延でも何度も繰り返していたり、2〜3カ月という長期に及ぶ場合は延滞となり、審査落ちの大きな原因になるといえるでしょう。

 

2〜3日ほどうっかり返済を遅れていたような場合は、そこまでオリコの審査に響くことはないですが、延滞までに発展している場合は審査落ちの可能性が高いです。

 

また、信用情報では事故履歴や返済の遅れだけでなく、他で契約しているクレジットカードやカードローンの履歴も確認されます。

 

その際、他社借入件数や残高が多すぎる場合も審査通過が難しいです。

 

ただ、だからといって申し込み時に他社契約について嘘を付いたりするのは止めましょう。

 

他社借入に関してもそうですが、オリコへの申し込みは情報に嘘や誤りがないようにする事も大事です。

 

加えて、クレジットカード審査ではよく重視されるクレヒスは所謂、信用実績の事で何かしらオリコの他にカードやローンを、健全に利用していると審査で有利といえます。

 

クレヒスが何も積めておらず、信用情報が真っ新な状態をスーパーホワイトといいますが、その場合は審査で不利です。

 

特に30代を超えてスーパーホワイトの場合は、既に一度金融事故などを起こし、その喪明けであるがゆえに信用情報に履歴がないと審査で判断されてしまう事があります。

 

審査の最終段階には、勤務先にちゃんと籍があるかどうかの在籍確認がされ、オリコの場合は電話連絡で行われます。

 

電話以外での在籍確認はオリコでは対応していないので、確実に自身の勤務先へ電話で在籍確認が出来るようにしておきましょう。

 

オリコカード(Orico Card THE POINT)の申し込み条件は?

 

オリコの商品で一番メジャーな、オリコカード・ザ・ポイントの申し込み条件は以下の通りです。

 

オリコカードの申し込み条件
  • 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)

 

基本的に、オリコカードは年齢が18歳以上で電話連絡が可能なら申し込みが可能です。

 

他のクレジットカードには、「安定した収入がある」や「20歳以上から」というような条件がある事も考えると、オリコカードは敷居が低いクレジットカードといえるでしょう。

 

年会費が無料で基準のポイント還元率が1.0%以上なうえ、入会後6カ月は還元率が2.0%である事を考えると、オリコカードはクレジットカードとしては性能が高いです。

 

メリットが多い事を考えると、申し込み条件が厳しくなく、審査基準もそこまで高いわけではないので、与信状態に問題がない方はオリコカードに申込んでも良いといえるでしょう。

 

ただし、独身で無職、また学生でない場合は、オリコカードの申し込み対象ら外れるので注意してください。

 

オリコカードローンCRESTの審査は総量規制に注意!

 

オリコではオリコカードのキャッシング枠とは別に、借り入れ専用のカードローンも扱っています。

 

オリコのカードローンは、CREST・CREST JEWEL・CREST for Bizの3つがあり、一番スタンダードなのはCRESTといえるでしょう。

 

カードローンCRESTに申込む際、注意したいのが総量規制の年収制限といえます。

 

貸金業者からの融資は、貸金業法の総量規制により借り入れ側の年収の3分の1までです。

 

したがって、オリコ以外で既に消費者金融カードローンやクレジットカードキャッシングをしている場合は、申し込み額に注意しましょう。

 

総量規制以上の金額をオリコで借りる事は出来ないので、もし年収の3分の1以上の金額で申し込んだ場合は審査落ちとなります。

 

カードローンCRESTは、審査は最短25分ですが即日融資には対応しておらず、融資スピードは速くて最短5日です。

 

申し込み条件は、満20歳以上で安定した収入がある方という条件に加え、オリコの審査基準で認める方となっています。

 

カードローンCRESTの最高限度額は500万円で、金利は年4.5〜18.0%です。

 

オリコのカードローンCRESTは基準金利のままでは、大手消費者金融と金利がほぼ変わりません。

 

加えて、最短即日融資に対応しているわけでもないので、そうなるとカードローンCRESTにわざわざ申し込むメリットはほぼないでしょう。

 

急いで借りたければ、大手消費者金融カードローンがおすすめですし、低金利で借りるなら銀行カードローンがおすすめです。

 

ただ、カードローンCRESTの場合、ネットから申し込む事で金利が2%優遇されるので、すると上限金利は年16.0%となります。

 

年16.0%の金利なら、消費者金融のカードローンよりは低金利になるので、カードローンCRESTで契約するメリットがあるでしょう。

 

また、オリコカードのキャッシング金利は年15.0〜18.0%なので、オリコカードのキャッシング枠を利用するよりも低金利といえます。

 

ちなみに、オリコカードのキャッシング枠には金利優遇はありません。

 

オリコのオートローンは審査が甘いけど高金利?

 

ディーラーの中には、オリコと提携して車の購入額をオリコのオートローンで分割払いにするところもあると思います。

 

オリコのオートローンは、自動車やバイクの購入額をローン契約出来るプランで、提携先は全国に約18万店舗以上あるようです。

 

オリコのオートローンは以下の4つのプランが用意されています。

 

オリコオートローンの種類
  • ニューバジェットローン
  • オリコオートリース
  • 残価設定型オートローン
  • ツインリセットオートローン

 

オリコのオートローンは、信販会社が扱う自動車ローンといえます。

 

したがって、銀行や信用金庫、JAバンクなどで扱われている自動車ローンと比較して、審査が難しくない傾向にあります。

 

ただ、審査が厳しくない分、オリコのオートローンは金利設定が高めです。

 

また、オリコオートローンも公式サイトに一律の金利表示がなく、車を購入しローン契約する店舗ごとに金利設定が違ったりする為、いまいち金利の比較がし辛いです。

 

オリコのオートローン金利は大体年7%〜10%以上であることが多い様です。

 

銀行の自動車ローンなどの場合は、年2.5%〜5%程くらいの金利である事が多いので、利息を少なくしたい場合はオリコのオートローンで契約しない方が良いでしょう。

 

オリコのオートローンよりも審査基準が低い自動車ローンとなると、さらに金利が高く付く可能性が高いので、オリコで審査に落ちた場合は要注意です。

 

 


トップ プロミス公式 プロミス以外