プロミス審査に水商売の方が通過するには?

 

夜の仕事として水商売をしている方は、自身の職に社会的な信用があるか不安に思う事が少なくないでしょう。

 

その為、プロミスでのカードローン契約に関しても、申し込んだところで借りられるか心配だと思います。

 

審査に通過する最低限の条件は安定した収入と年齢

 

プロミスの貸付条件には、決して「水商売の方の借り入れは不可」といった事は記載されていません。

 

プロミスに申込む際、「業種」の項目で「風俗業」が選択肢として用意されている事からしても、水商売の方の借入にも対応している事が分かります。

 

 

その為、基本的にプロミスでは水商売の方も他の職業の方と同じように申し込みが可能です。

 

何か申し込み時に職業について特殊な質問がある事もないので安心してください。

 

プロミスでカードローン契約をする最低限の条件は、安定した収入がある事と満20歳以上69歳以下の年齢である事です。

 

安定した収入などと条件を設けられていると、収入の増減がある水商売の方の場合借り入れれないような気がしてしまうかもしれません。

 

しかし、基本的に毎月ある程度収入があり、年収が計算出来るなら安定した収入があると思って良いです。

 

確かにホストやキャバ嬢といった水商売の方は収入額の変動が大きい職種なので、審査であまり高い評価は得られません。

 

ただ、定期的に給料があるなら、プロミスの安定した収入という条件は満たせているので、申し込んで即審査落ちという事はないです。

 

水商売の方がプロミス審査に通過するためのポイントは?

 

カードローンの審査では信用情報と属性が金融機関にチェックされます。

 

信用情報は借り入れの履歴なので、債務整理などの金融事故を起こしていたり、クレカの支払い滞納などをしていたりすると審査に不利です。

 

既にどこかでカードローン契約をしている場合、他社借り入れも信用情報に記録されています。

 

属性は申し込みをした方の本人情報で、特に勤務先や収入、勤続年数や雇用形態などが審査で重視される項目です。

 

信用情報は他社借り入れなどで問題を起こしていなければ、水商売の方でも特に審査落ちの理由になる事はありません。

 

ただ、やはり収入や勤続年数が関わってくる属性では審査に不利になる点が多いといえます。

 

収入などは直ぐに変えられませんが、雇用形態が非正規雇用よりは正規雇用の方が良いですし、同じ店で働いている勤続年数が長いと少しだけ不利な部分をカバーできるでしょう。

 

特に水商売という業種は離職率が高いので、収入がある程度安定している事の裏付けのためにも、勤続年数は長い方が良いです。

 

ちなみに、プロミスは消費者金融なので総量規制による融資額の制限があります。

 

総量規制では、借入側の年収の3分の1以上の融資が受けられないように定められています。

 

その為、年収が低い場合は借入額も少額です。

 

また、同じく総量規制で、1社50万円以上もしくは他社借り入れ含めて100万円以上の借り入れになる場合は、収入証明書の提出が必要となります。

 

水商売の方は審査に絶対に通らないわけではないですが、借りられる金額はいずれにしても少額です。

 

加えて、カードローン審査ではあまりにも収入に見合わない希望額で申し込むと、それにより審査に落ちてしまう可能性がゼロではありません。

 

したがって、基本的には収入証明書も要らない50万円以下で申込む事をオススメします。

 

もし、どうしても50万円以上をプロミスで借りたい場合は、収入証明書として以下の書類を用意してから申し込みましょう。

 

プロミスで必要な収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書を用意

 

収入証明書が要らない金額でプロミスへ申し込む場合は、本人確認書類だけの提出で済みます。

 

時に、ホストクラブやキャバクラの中には、きちんと正規の手続きで法人格を取っていない店もあると思いますが、その場合は基本的に審査に落ちてしまいます。

 

というのは、違法な経営を行っているその店事態に社会的な信用がないからです。

 

また、そういった正規の店ではない場合は、収入証明書なども用意できない可能性が高いので、一度自身が働いている先を顧みる必要がある方もいるかもしれません。

 

店に在籍確認の電話が入る?

 

カードローン審査の最後には、在籍確認といって勤務先に金融機関から電話が入ります。

 

勤務先に自分個人あての電話が入るのは何となく居心地が悪いですが、在籍確認は避けられません。

 

ただ、プロミスの在籍確認は担当者の個人名で電話連絡が入るので、水商売の場合お客さんからの電話とそう変わらないといえます。

 

在籍確認は、申し込み利用者が勤務先に居るかどうか聞くだけです。

 

その為、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」という電話が店にかかってくるだけなので、基本的に借金がバレてしまうような事にはならないでしょう。

 

ところが、水商売の方の場合、一つ注意すべき点として本名と源氏名がある事です。

 

在籍確認の電話は席が確認できれば良いので、必ず申し込んだ本人が出なくてはいけないわけではありません。

 

その際、プロミスには当然本名で申し込まなくてはいけないので、在籍確認も本名でかかってきます。

 

店の自分以外の人が電話に出た際に、本名で在籍確認が入ったことで「そんな人はいない」と言われてしまうと、在籍確認が取れません。

 

すると、最後の最後でプロミスの審査に落ちてしまいます。

 

したがって、プロミスに申込む際に備考欄などに源氏名で店に在籍確認をするように頼んでおいた方が良いでしょう。

 

もしくは、店で自分が電話に出られない場合でも、本名をしている他の方が電話に出てくれるように頼んでおいてください。

 

プロミス審査についてさらに詳しくはこちら⇒

 

プロミスの瞬フリで深夜でも借り入れ可能!

 

プロミスでは、瞬フリという最短10秒で振込融資がされるサービスがあります。

 

基本的には平日14時50までの振込申請に対して瞬フリが適用されます。

 

ところが、プロミスからの振込先が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座の場合は、365日24時間瞬フリで借り入れが可能です。

 

その為、水商売の方のように夜から明け方にかけて仕事している場合でも、プロミスなら直ぐに借り入れが出来るといえます。

 

振込融資はスマホからでも簡単にプロミスに申請出来、指定の口座があるなら深夜でも即時借り入れが可能なので利便性が高いです。



トップ プロミス公式 プロミス以外