カードローンの最高限度額は借りられるのか!?

お金

 

カードローンの定義は一般的に、担保・保証人不要な少額の個人向け融資とされています。

 

その為、事業資金などはカードローンでは借りられないことが多いです。

 

ところが、各金融機関が取り扱っているカードローンの最高限度額は500万円、800万円、一番高額な場合1,000万円という非常に個人目的で借りるには高額過ぎる金額となっています。

 

カードローンを利用するほとんどの方は、50万円以下の借り入れで、資金用途は生活に関する出費の補填が主です。

 

しかし、中には100万円、200万円、それ以上の金額を借りたい方も実際います。

 

その様なニーズに応えるためにも、金融機関はカードローンの最高限度額を高額に設定しているのでしょう。

 

では、実際に各金融機関が取り扱っているカードローンの最高限度額は借りることが可能なのか?

 

といえば、正直に言ってしまえば無理でしょう。

 

特に、消費者金融では総量規制という法律が適用され、貸し付け側は借り入れ側の年収の3分の1以上を貸すことを禁じられています。

 

消費者金融カードローンの最高限度額は500万円又は800万円であることが多いです。

 

ところが、消費者金融カードローンで500万円を借りるなら年収は1,500万円以上、800万円なら2,400万円以上が必要となります。

 

それほどの収入があれば、おそらくカードローンを契約する必要はないでしょう。

 

十分、収入だけで普通の生活よりも良い生活が出来るといえます。

 

ちなみに、昨今の平均年収は約400万円ほどなっており、その平均年収に倣うなら、消費者金融カードローンで借りられる最高額は約130万円です。

 

銀行カードローンは全体として明確な年収制限は設けられておらず、消費者金融よりもカードローンの最高限度額設定が高額であるところが多いです。

 

しかし、だからといって最高限度額を貸し付けるか?といえば、消費者金融よりも低金利である分さらに希望は少ないでしょう。

 

加えて、2017年に入って銀行カードローンは過剰貸付が指摘されていますから、今までよりも高額の借り入れは難しくなってくるといえます。

 

「そんなにべもない…」と思うかもしれませんが、逆にでは、例えば最高限度額800万円などを借り入れたとして、一体何年で完済できると思いますか?

 

また、800万円を借りたときの約定返済額は最低でも7万円です。

 

日々の支出に加えて、毎月7万円ほどを遅れることなく返済可能でしょうか?

 

借り入れをする金融機関によっては、7万円どころではなく10万円以上が約定返済額となる場合もあります。

 

そこにさらに、持ち家があり住宅ローンも組んでいたとしたら、月の住宅ローンの返済は9〜11万円が平均ですから、最低16万円以上最高20万円前後の出費が毎月あることになります。

 

年収400万円を月収にすると、333,333.333…となり約30万円がひと月の収入です。

 

月収30万円から20万円のローン返済をすると、自由に使えるお金は10万円になりますが、果たしてそれで借入金があったとしても十分な生活が送れるでしょうか?

 

少額過ぎて借りられないという事はない

 

カードローン契約を考えている方の中には、逆に何千円や数万円だけ必要だけれど、少額過ぎてカードローンで借りられないのでは?と思う方もいるでしょう。

 

しかし、基本的にカードローンでは千円単位や一万円単位の借り入れは勿論、1円単位での借り入れも可能なことが多いです。

 

その為、寧ろ数百万円という審査に通過できるか分からない金額よりも、借りられる可能性は大いに高いです。

 

借り入れ希望額が高額過ぎて、貸し渋りをされることはあっても、少額の貸付をしてもらえない事はまずありません。

 

また、限度額が自身の希望額よりも高めに設定される事になったとしても、必要でないなら限度額いっぱい借りるようなことはしなければ良いです。

 

例えば、借りたいのは1万円のみで申し込みをしたら、審査結果では限度額が10万円に設定されていたとしても、使う必要がないなら残りの9万円の枠は何もせず置いておけば大丈夫です。

 

どうしても枠があることで使ってしまう事が心配な場合は、契約先の金融機関に掛け合ってみてください。

 

カードローンの中には、限度額が10万円や30万円からの設定となるものもありますが、借り入れがごく少額なら限度額は任意の金額から希望できるところを契約先にするのがオススメです。

 

何の為のローン契約かよく考える

 

考える

 

カードローンは先述もしたように、資金用途が原則自由です。

 

カードローンの最高限度額を借りるとして、一体それは何に使うお金でしょうか?

 

どうしても高額の借り入れをしなくてはいけない理由があるなら、カードローン以外のローンでの具体的な資金用途に合った借り入れをオススメします。

 

高額融資向けのローンは、カードローン以外にもっと低金利で返済額もゆとりのあるものが世の中にはあります。

 

事業資金ならビジネスローンや銀行融資、公的融資がオススメですし、結婚資金ならブライダルローン、教育関係なら教育ローンや、やはり奨学金でしょう。

 

「でも、そういうローンは審査通過が難しいんじゃない?」と思う方は少なくないでしょうが、その通りです。

 

特に、公的融資となってくると、国や自治体のお金を借りるわけですから、カードローン審査以上に与信や属性は吟味されますし、面接や借り入れ目的のプレゼンなども審査に入ってきます。

 

また、銀行融資などの場合には担保や保証人がまず用意できなければ、申し込みさえできないこともあります。

 

しかし、無担保・保証人不要で自身の与信だけを盾に、カードローンで最高限度額を借り入れるよりは、現実味のある借り入れといえます。

 

そもそも、借り入れ額が高額であれば、カードローンであろうが、目的ローンであろうが、銀行融資や公的融資であろうが、審査は厳しくなります。

 

それというのも、借りたからにはきちんと返済してもらわなくてはいけないからです。

 

高額の借り入れをカードローンで検討している方は、上述したように今一度自身の収入や与信と借り入れ目的をよくよく冷静に考えてみてください。

 

特に、自身の収入で希望額を借り入れたとして、毎月の返済が本当に難なく可能か、日々の出費もちゃんと見込んで計算をし検討しましょう。

 

ちなみに、カードローンを初めて契約する場合、カードローン審査で設定される限度額は一般的に50万円までだといわれています。

 

それ以上の金額をカードローンで借りようと思うなら、信用情報に問題はない事は勿論、年収含む属性が平均より抜きんでていることが前提となると思っておきましょう。

 

年収最低200万円ないとカードローン契約できない!はホント?

 

困る

 

カードローンの最高限度額は、滅多なことがない限り適用されないのは上述してきた通りです。

 

ところで、最高限度額まで借りなくても、高確率で「審査通過が出来る年収額」というのを見聞きしたことはないでしょうか?

 

カードローン審査に通過できるのは年収200万円以上!という噂や情報を知っている方は少なくないと思います。

 

確かに、年収が200万円以上あった方が、安心してカードローン契約に臨むことが出来るでしょう。

 

しかし、安定した収入としてあるなら、年収が100万円ほどであっても、与信に問題がなければ審査には通過できます。

 

というのは、一つ考えてみてほしいのが、アルバイト・パートでも安定した収入があれば、カードローンでの借り入れが可能な点です。

 

特に、パートというと昨今は、配偶者の方などの社保の扶養内から出ないように、年収が130万円または106万円を超えないように調整して働いている方多いです。

 

となると、各金融機関のカードローンは、年収が200万円に達していない方でも、貸付可能と提示しているのと大差ありません。

 

では、なぜ年収200万円ないとカードローン契約できない。といったような情報があるのか疑問だと思います。

 

それは、最近では少ないですが、少し前までは特に銀行カードローンに多かったのですが、貸し付け条件に年齢などと一緒に「年収200万円以上の方」という規定が設けられていることがあったからです。

 

年収200万円以上である事を貸付条件としているカードローンがあった為に、とりあえず年収200万円あれば審査に通るだろう!というのが、おそらく情報の元手だといえるでしょう。

 

年収は、カードローンで借り入れ可能な額は左右する要素になりますが、審査通過については与信の方が重要といえます。

 

審査通過は年収が少なくても信用情報に問題がなければ可能です。
ただし、借り入れ希望額が高額の場合は、年収が高くないと審査にさえ落とされてしまう可能性があります。
その為、自身の収支を振り返って無理がありそうな金額は、やはり申し込んだところで借りられないので、よく借り入れ希望額を見極めてカードローンへ申し込むことをオススメします。

 

銀行のおまとめローンやフリーローンは年収200万円以上必要?

 

時に、カードローンを契約する為に年収200万円が絶対に必要なことはありませんが、おまとめローンやフリーローンを銀行で契約する場合はそのくらいの年収が必要です。

 

おまとめローンでは、複数の借り入れをまとめるため、残高が大きくなるのに伴って毎月の返済額も高額になることがあります。

 

その為、ある程度収入に余裕がないと銀行では契約が出来ない可能性が否めません。

 

また、フリーローンに関しては、カードローンのように繰り返し追加借り入れ出来ない代わりに、高額の融資を一度に受けられるので年収評価が高くないと返済能力を見込んでもらえません。

 

その様な点を考慮すると、年収審査に関して通常のカードローンはそこまで厳しくないといえるでしょう。