借り換え・おまとめ先はよく吟味する!

悩む

 

誰でも出来れば最初から自分に合った、希望のカードローン契約がしたいと思う事でしょう。

 

しかし、借り入れ説明と実際の利用では、思っていたのとは違う状況になることもあります。

 

それはカードローン利用の仕方だったり、契約した金融機関の細かいカードローンの仕組みを見逃していたり、そもそも貸付条件を勘違いしていたりなど様々理由は考えられます。

 

そのような時に、カードローンは既存の残高を他の契約先で借りて、利用の途中で別のカードローンへ移ってしまうことが可能です。

 

そういったカードローン残高の移動をカードローン借り換えといい、さらにその方法は、借り換えとおまとめの2種類に分かれます。

 

ただ、借り換えもおまとめも、とにかく現在の契約先から別の金融機関に残高を移動させるだけで意味があるわけではありません。

 

借り換え・おまとめをする場合、基本的に乗り換え先が現在の契約先よりも低金利であることが前提です。

 

特に、複数の借入先がある方で、おまとめローンを希望する場合はまとめた残高に対する金利が、一番低金利になる契約先を選ぶのが良いでしょう。

 

というのは、複数ローンを一本化するとなると、借入残高が100万円を超える可能性が高く、その分利息もかかってくるからです。

 

利息は返済期間が長いほど嵩んできますが、残高が多い場合すぐに完済というわけにもいきません。

 

その為、おまとめローンでの借り換えを検討する際は、とにかく低金利になる事を優先した方が良いのです。

 

では、単一での借り換えの場合はどうか?といえば、基本的にはおまとめと同じ意識で臨むのが良いといえます。

 

ただし、単一の借り換えの場合で、借り入れ残高が50万円以下の場合は、最低金利でも大体14.0%くらいまでしか金利は下げられません。

 

というのは、借入額が少額だと、金融機関がカードローンで定める金利の上限金利が、ほぼ確実と言っていいほど適用されるからです。

 

金利14.0%というのは、低金利設定の銀行カードローンの平均上限金利です。

 

消費者金融カードローンは18.0%が上限金利の平均ですから、そのような銀行カードローンに借り換えれば、4.0%は金利が下げることが出来ます。

 

借り換え先に選ばれやすい銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン=年4.0〜14.5%
  • みずほ銀行カードローン=年3.0〜14.0%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック=年1.8〜14.6%
  • 静岡銀行カードローン セレカ=年4.0〜14.5%
  • イオン銀行カードローン=年3.8〜13.8%

みずほ銀行カードローンの金利は住宅ローンの-0.5%引き下げ後の金利になっています。

 

低金利以外の借り換えメリットは?

 

時に、カードローン借り換えの優先すべきメリットは低金利になる事ですが、それ以外にもメリットはあります。

 

  • 毎月の約定返済額が少額になる
  • 手数料無料で利用可能な提携ATMが増える
  • 随時・繰り上げ返済がしやすくなる

 

ただし、いずれも低金利借り換えをする時と同じように、借り換え先が既存の契約先よりも希望の条件に近い事が大前提です。

 

返済額に関しては、金利同様に消費者金融から銀行に借り換えることで、少額にすることが簡単に可能です。

 

利用に際して、提携ATM手数料がかからないことは、その次の随時・繰り上げ返済がし易くなることとも繋がります。

 

目的に応じて、借り換え先を選ぶ事がいずれも大切といえるでしょう。

 

消費者金融と変わらない金利の銀行カードローンもある?

 

失敗

 

おまとめローンの場合は、借入残高が高額である分14.0%以下での借り換えがし易いです。

 

大手銀行カードローンであれば、大体借入残高100万円〜200万円が平均12.0%程の金利になります。

 

また、大手銀行カードローンも低金利の借り換え・おまとめに使えるのですが、意外と地方銀行カードローンも低金利設定です。

 

少額での単一カードローン借り換えなら、地方銀行カードローンを借り換え先にするのもオススメです。

 

ただ、銀行カードローンでも、消費者金融カードローンとほぼ変わらない金利設定のところもあります。

 

例えば、オリックス銀行カードローン(上限金利17.8%)や新生銀行カードローン レイク(上限金利18.0%)などが挙げられます。

 

特に、ネット銀行系カードローンは、50万〜100万円以下の借入残高に対する上限金利が18.0%近くな貸付条件である事が多いです。

 

その分、提携ATMのほとんどが手数料無料で利用できるなどのメリットがあるのですが、低金利での借り換えを目指すのには向きません。

 

低金利になると残高が減りやすい

 

時に、なぜカードローン借り換え・おまとめで低金利にこだわるかといえば、利息が少なくなる分、残高の減りが早くなるからです。

 

借り換え・おまとめは、何となく返済に行き詰まりを感じ始めた時に考える方が多いと思います。

 

その為、借り換え・おまとめ後の返済期間がなるべく短くなる事が最終的な目的であるといえます。

 

金利は、借り入れ額に対して利息額を算出するのに金融機関が設定している数値です。

 

また、それで算出された利息は元金と合わせて約定返済額に含まれています。

 

約定返済額の利息の割合が多い場合、なかなか残高が減らず返済期間が長く感じます。

 

そこで、利息分を少なくするために、低金利になるよう借り換え・おまとめをすることが勧められるのです。

 

残高は実際に借りた金額ですが、約定返済額は全額がその借りた金額の返済に充てられないので、少しでも利息の割合を減らすことが大切といえます。

 

借り換え・おまとめ後の返済の仕方が大事?

 

電卓

 

高確率で金利が下がるように借り換え・おまとめすることでも、完済までにかかる利息分は削減できます。

 

しかし、借り換え・おまとめ後も油断はできません。

 

特に、おまとめローンはローンを一本化したことで、残高が高額になっていますから、何もせずに約定返済だけをしていると危ういです。

 

そこで、借り換え・おまとめ後は、なるべく完済時の総支払利息額を抑える為に、返済を積極的にすることをオススメします。

 

具体的にどう返済していくのが良いかといえば、上乗せ返済や繰り上げ返済を約定返済以外にもするのがポイントです。

 

約定返済日に残高に対する約定返済額より、1,000円でも2,000円でも多く返済に充てられそうならその分を返済額に上乗せて返済するのが、余計な手間もなく簡単です。

 

流石に約定返済日に一気に支出するのは厳しい…という場合は、懐に余裕があるときで構いませんから、なるべく随時返済します。

 

約定返済日よりも前に、若しくは金融機関が定める繰り上げ返済期間に随時返済をすることで、約定返済日を前倒して繰り上げ返済が可能です。

 

繰り上げ返済の場合、約定返済日よりも前に返済することでその日までにかかるはずだった利息分が、前倒した日数分少なくなります。

 

加えて、次回の約定返済日までの期間が長くなるので、特に非正規雇用の方で仕事を掛け持ちしていて、給料日が月2回ある方にはオススメの返済方法といえます。

 

借り換え・おまとめをして、せっかく金利は下がったのに返済期間が長期化してその分利息が嵩んではもったいないです。

 

そうならない為に、借り換え後の返済にも気を配ることで、毎度の返済で元金に充てられる金額が早い段階から増えてきます。

 

元金の減りが早くなれば、早期完済がし易いですから利息負担が何もしないよりも少なくて済むのです。

 

借り換え・おまとめ先はカードローンだけじゃない?

 

ちなみに、上記では低金利借り換えにオススメな通常の銀行カードローンを挙げましたが、借り換え・おまとめ先として利用できるのはカードローンだけではありません。

 

借り換え・おまとめは、基本的に返済状況を改善することが主な目的なので、返済のみ可能な専用ローンを取り扱っている金融機関もあります。

 

通常のカードローンへの借り換えでも、低金利になったり約定返済額を少額にすることは可能です。

 

しかし、借り換え先が通常のカードローンの場合、追加で借り入れが出来るので借り換え後も残高を増やしてしまう可能性が否めません。

 

その点、借り換え・おまとめ専用のローンであれば、原則、返済しか出来ない条件での契約が出来るので、借り換え後に完済を目指す方はそちらへの借り換えがオススメです。

 

また、返済しか出来ない分、通常のカードローンへ借り換えるよりも審査通過が難しくないといえます。

 

通常の銀行カードローンへの借り換えに失敗してしまった方などは、返済専用のローンに借り換えすることを検討してみると良いでしょう。

 

借り換え・おまとめ後、返済一徹になる専用ローンは以下の通りです。

 

借り換え・おまとめ返済専用ローン

  • 東京スター銀行 スターワンバンクローン(おまとめローン)
  • プロミス おまとめローン
  • アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン
  • アイフル 借り換えMAX・おまとめMAX

 

ただ、上記を見ていただくと分かるように、返済専用のローンは銀行ではあまり扱われておらず、消費者金融で総量規制対象外貸付として借りる場合が多いです。

 

その為、低金利メリットを狙った借り換えにはなりませんが、返済しかしない分、残高が増えて利息が嵩むことはありません。

 

低金利メリットがない分、約定返済以外にも追加返済や繰り上げ返済をして、返済期間を短くし利息がかからないようにすると良いでしょう。

 

プロミスおまとめローンの詳細⇒

 

クレジットカードをカードローンに借り換える事も可能?

 

ここまでは、カードローンをさらに低金利なカードローンへ借り換え・おまとめする事について述べてきました。

 

時に、クレジットカードも実はカードローン借り換えが可能です。

 

どういう事かというと、クレジットカードのキャッシング枠残高やリボ払い残高が、カードローンまたは借り換え専用ローンへ乗り換えできるという事です。

 

クレジットカードのリボ払い手数料こそ、利率が低いカードであれば年15.0%なので、消費者金融カードローンよりは手数料(利息)がかからないといえます。

 

しかし、銀行カードローンなら金利が年15.0%以下で済みますし、クレジットカードのキャッシング枠の金利は消費者金融カードローンと変わらないなので、借り換えをした方が良いです。

 

もし、カードローンでの借り換え・おまとめを検討していて、クレジットカードのキャッシング枠やリボ払いの残高がある場合は、借り換えを考えているカードローンとまとめてクレジットカード残高も借り換えてしまう事をおすすめします。

 

以下に主なクレジットカードのキャッシング金利とリボ払い手数料率をまとめたので、先述した借り換え向きなカードローンの方が低金利になる場合は借り換えを検討してみてください。

 

クレジットカード

リボ払い手数料

キャッシング金利

楽天カード

12.25%〜15.0%

18.0%

イオンカード

15.0%

7.8%〜18.0%

エポスカード

15.0%

18.0%

セゾンカード

14.52%

12.0〜18.0%

Yahoo! JAPANカード

18.0%

18.0%

JCB一般カード

8.04〜18.0%

15.0〜18.0%

Orico Card THE POINT

15.0%

15.0%〜18.0%

三井住友VISAクラシックカード

15.0%

15.0〜18.0%

 

特に昨今はショッピング枠のリボ払いで完済しきれず、利息が嵩んで返済が厳しくなる方が多いようなので、そうなる前に少しでも金利が低い借り換え契約をするのが良いでしょう。