プロミスの審査状況は確認できるのか?

考える

 

カードローン申し込みをした後は、審査結果の連絡が来るまでドキドキだと思います。

 

その不安を払拭するために、審査がどんな状況か確認したい!と思う方は少なくないでしょう。

 

しかし、原則、カードローン審査の状況や途中段階を申込側が知ることは出来ません。

 

その為、プロミスで申し込みをした後に審査状況を確認する事は不可能です。

 

審査結果がメールや電話で来るまでは、原則、審査通過可能か不可能かはまったく分かりません。

 

他金融機関のカードローン審査であっても同様といえます。

 

 

最短審査時間を過ぎた場合は審査状況問合せOK?

 

ただし、プロミスが謳っている審査時間の目安最短30分を過ぎた場合は、プロミスコールに審査が進んでるかどうか問い合わせる事が可能です。

 

大体、最短審査時間を過ぎても審査結果が来ない場合は、電話で確認を入れた時点では審査が始まっていないことが多いです。

 

その際、一度審査状況の確認の電話を入れた後も、多少審査結果が出るのに時間がかかる事があります。

 

ただ、その様に審査に時間がかかることはプロミスだけでなく、他の金融機関でカードローン契約をしても起こり得ることなので、その場合は審査結果が来るまで大人しく待つしかありません。

 

ちなみに、プロミスの当日中の審査対応時間は9時〜21時となっているので、21時以降は翌営業日の9時以降に審査結果が連絡されます。

 

9時〜21時という時間は、信用情報機関に信用情報の照会ができる時間の範囲となっているので、プロミスの審査対応時間にはそれに合わせているといえるでしょう。

 

プロミスには女性オペレーターの方が電話口に出てくれる女性専用電話窓口(レディースコール0120-86-2634)もあります。
その為、何となく通常のプロミスコールには問合せしづらい方はそちらに審査状況を問い合わせてみると良いでしょう。

 

プロミスの審査に時間がかかるのには理由がある?

 

時計

 

プロミスの審査時間は最短30分で、TVCMでも宣伝されているように基本的には短時間で早く済む可能性が高いです。

 

ところが、場合によっては審査に30分以上の時間がかかることもあります。

 

ただ、審査に時間がかかったからといって、プロミスの審査に落ちているとは限りません。

 

というよりも、1円も借りられる可能性がない場合、審査は逆に短く済みます。

 

ある程度審査に時間がかかっているという事は、その間きちんと信用情報や属性の細かいところまで精査されているという事なので、どちらかといえば審査通過の可能性の方が高いといえます。

 

では、審査落ち以外に時間がかかっている理由としてはどんなことが考えられるか?といえば、以下のような事が挙げられるでしょう。

 

審査に時間がかかる理由
  • プロミスへの申し込みが混雑している
  • 最短即日審査・融資対応時間は混み合う
  • 受信拒否や迷惑メール設定で届かない
  • 申込情報が間違っている
  • 他社借入の確認に時間がかかっている

 

一番多いのは、プロミスへの申し込みが集中しているために、審査に時間がかかるというパターンです。

 

特に、プロミスの審査やその日のうちに融資が可能であるギリギリの時間や繁忙期は申し込みが集中しやすく、通常よりも審査に時間がかかります。

 

土日や祝日も平日と比べると申し込みが混雑する可能性が高いので、審査をなるべく最短時間で完了させたい場合は、午前中に申し込みをする事をオススメします。

 

また、実は審査結果は既に出ているものの、そのメールが受信拒否や迷惑メールとして別のフォルダに入ってしまっている事も多いです。

 

審査結果メールがちゃんと届くようにするために、申し込む前に自分の利用している携帯やメールのフィルタリング設定を確認しておくようにしましょう。

 

ドメイン指定受信設を確認し、プロミスからのメールを受け取れる設定にすれば、メールが届かない現象は避ける事が可能です。

 

他には、カードローン申し込み時の情報が間違っていると、正しい情報の確認に時間が余計にかかってしまって、審査が長引くことがあります。

 

一番困るのでは、電話番号もメールアドレスも間違えて申し込んでしまった場合です。

 

そうなると申し込みをされたプロミス側も、申し込みをした本人と連絡の取り様がないので、電話もメールもないままに審査落ちとなってしまいます。

 

加えて、他社借り入れが多いと、信用情報の履歴の確認に時間がかかって審査時間が長くなり易いです。

 

というのは、他の契約先での借り入れ残高や返済状況もそれぞれ確認しなくてはいけないからといえます。

 

その為、借り入れ履歴があるのとないのとで審査時間は変わってくるといえるでしょう。

 

在籍確認が審査の足を引っ張ることも?

 

時に、プロミス側の申し込み情報の審査が完了していても、自身の勤務先で在籍確認が完了しなくて融資までに時間がかかる事もあります。

 

勤務先に在籍確認が入るタイミングは申し込みの後、本審査通過後にされることが多いですが、手続きの中でタイミングが前後することが少なくありません。

 

すると、仮審査後に勤務先にプロミスから在籍確認が入ったものの、誰も電話に出なかったり正確に在籍確認が出来なくて、本審査に移るまでに時間がかかってしまう事があるのです。

 

その様な可能性もゼロではないので、審査を簡潔に完了させるためにも在籍確認がなるべく確実に出来る日を選んで、プロミスへ申し込むことをオススメします。

 

プロミスの審査結果はどう届く?

 

スマホ

 

そもそもプロミスの審査結果はどのようにくるのかイマイチ把握していない…という事もあるでしょう。

 

プロミスの審査結果は電話かメールで届きます。

 

基本的にカードローンの審査結果通知は、申し込み時に連絡先として申告した番号に電話連絡が入る形が多いです。

 

その際、「電話が苦手だな〜」、「もしプロミスの審査の電話だとバレたら困る!」といった事情がある方は、プロミスでWEB申し込みをする事で審査結果をメールで受けとる選択が可能です。

 

ただし、申し込み情報に誤りがあったり、信用情報に軽微な傷があったりすると、メールでの審査通達を選択していてもプロミスから電話が入ることがあります。

 

また、電話申し込みや自動契約機、郵送などの方法で申し込みをした場合も、原則、プロミスからの審査通達は電話連絡です。

 

その為、審査結果をメールで受けたい場合は、プロミスへWEB申し込みをするようにしてください。

 

加えて、WEB申し込みの際には「フル入力」と「カンタン入力」という2つの申し込み方法が用意されていますが、メールで審査結果を受けたい場合は「フル入力」で申し込むようにしましょう。

 

というのは、「カンタン入力」はWEB上での入力申し込み項目が少ないので、確かに入力は簡潔に出来るのですが、その後プロミスから電話で詳細の確認が入ります。

 

つまり、「カンタン入力」をしただけでは、申し込み情報として足りない部分をプロミスの担当者に電話で伝える事になるのです。

 

意外とその電話での申し込みやり取りに時間がかかるので、申し込み時間をかけたくない方も「フル入力」の方がオススメといえます。

 

審査状況確認後に何度も電話が入る場合は注意!

 

申し込み情報に嘘や誤りがなく、与信状態に問題がなければ、審査状況確認後はそこまで時間がかからず審査結果が来ます。

 

ところが、その際メールでの審査結果受け取りを選択しているにも関わらず、電話でプロミスから何度も連絡が入る場合は、注意が必要です。

 

というのは、「メールで審査結果を受け取れる」というサービスが受けられないレベルで、返済能力をプロミスに疑われているといえる状態だからです。

 

メールでの審査受け取りではなく、プロミスから何度も「確認事項がある」という事で電話が来る場合は、審査通過が危ういといえます。

 

通常の申し込み情報の確認と信用情報の状態の確認で審査が済むなら、プロミスから審査に関する電話はほとんど入りません。

 

しかし、改めて電話で確認事項がある場合は、審査に通過させて融資をするのに、プロミスが何かしらリスクを感じている状況だと考えられます。

 

そうなると電話でのやり取りも発生するので、審査に時間がかかった挙句、審査に落ちてしまう可能性が否めません。

 

ただ、その場合は借り入れ側の返済能力に問題があるといえるので、与信状態や属性が改善されてから、改めて申し込みをするしかないといえるでしょう。