専業主婦(主夫)のカードローン契約の弊害とは?

家事

 

自身に安定した収入のない専業主婦(主夫)の方のカードローン契約でネックなのが、総量規制です。

 

消費者金融でのカードローン契約の場合、この総量規制によって借り入れが年収の3分の1を超える借り入れ契約は不可能となっています。

 

その為、年収もなにも、収入がない専業主婦(主夫)の方においては、消費者金融のカードローン契約・利用が出来ません。

 

では、専業主婦(主夫)の方がカードローン契約をしてお金を借りることは出来ないのか?

 

といえば、そうではなく契約先もしくは借り方を工夫することで、専業主婦(主夫)の方でもカードローンでの借り入れが可能です。

 

専業主婦(主夫)の方がカードローン契約出来るのは、銀行カードローンもしくは総量規制例外貸付での消費者金融カードローンとなります。

 

ただし、それらの方法でカードローン契約が出来たとして、他の安定した収入のある属性(例:会社員、パート・アルバイト、派遣など)に比べて、借入可能額は少額となります。

 

一般的に、専業主婦(主夫)の方が借り入れ可能といわれている最高限度額は30〜50万円の範囲となっています。

 

それ以上はローン利用実績によっては、増額審査に通ることで借り入れが可能なことがありますが、まず50万円を大幅に上回るような金額は借りられません。

 

専業主婦(主夫)が借りられる銀行カードローンは?

 

かりる

 

なぜ銀行カードローンでは専業主婦(主夫)の方でも借り入れが出来るかといえば、銀行は総利用規制の範囲ではないからです。

 

その為、原則、年収の制限や収入証明書提出の義務がありません。

 

加えて、配偶者の方の同意や収入証明書なども必要ない為、旦那さんや奥さんに無理に気まずい相談をすることもせずに済みます。

 

銀行カードローンで、原則、収入証明書不要の金額内で借り入れる場合、配偶者の収入証明書類や同意書は必要ありません。
しかし、カードローン申し込み時の入力項目では、配偶者の方の年収や勤続年数などを問う設問があるので、大体の情報は把握しておく必要があります。
また、沢山借り入れがしたい!と、あまり突飛な高額年収を虚偽記載するのは、カードローン審査落ちの原因となるのでやめましょう。

 

銀行カードローンで借り入れをしようと思うと銀行口座開設が必須となることが多いですが、その手間の分、消費者金融より低金利で借り入れが可能です。

 

また、すでに口座がある銀行で契約する場合は、カードローン契約において必要な書類の提出が要らないことがあります。

 

ところが、カードローンを扱っているすべての銀行が専業主婦(主夫)への貸付に対応しているわけではありません。

 

その為、カードローンの選択肢は限られてきます。

 

大手銀行カードローンではみずほ銀行カードローンだけが、専業主婦(主夫)貸付に対応しています。

 

他にはじぶん銀行カードローンやイオン銀行カードローンBIGなどのネット銀行も対応していることが多いです。

 

ちなみに、専業主婦(主夫)貸付可能な銀行の中でも、オススメなのは地方銀行カードローンです。

 

お住まいの地域に、自身が口座を持っている地方銀行があるなら、そこのカードローンを検討するのも良いでしょう。

 

あるにはあるけど、カードローンの貸付条件が不満…という方には、地方銀行でも全国対応しているカードローンをオススメします。

 

例えば、静岡銀行カードローン セレカやスルガ銀行カードローン(各種)などは、低金利で初回借り入れに関しては、口座開設前でも初回融資に限り、契約者本人名義の別の金融機関口座あてに振り込み融資してくれます。

 

常用している口座がある銀行カードローンがオススメ!

 

銀行カードローン審査で、少しでも有利になるポイントを上げると、付き合いのある銀行を借り入れ先に選ぶ事が一つそうでしょう。

 

なぜなら、常用している口座がある銀行は、顧客の大体の収支リズムを口座への入出金で把握できるので、初めて利用する銀行のカードローンよりも貸付条件が良くなる可能性があります。

 

特に、専業主婦(主夫)の方の場合は、出来れば配偶者の方の給与などが入金されている口座がある銀行でのカードローン契約を、優先的に検討すると良いでしょう。

 

消費者金融カードローンを例外貸付で契約できる?

 

もう一つの方法として、本来なら総量規制のせいで借り入れが出来ない消費者金融カードローンを、総量規制例外貸付で契約する方法です。

 

しかし、この方法は正直あまりオススメしません。

 

というのは、銀行カードローンの契約に比べて、手間もかかる上に、実際に借入れが可能な事が少ないからです。

 

専業主婦(主夫)の方が、消費者金融カードローンを例外貸付で契約する場合、配偶者貸付という方法を取ることになります。

 

配偶者貸付とは、契約者本人の年収と配偶者の年収を合わせた金額の3分の1の範囲で借り入れが出来るといったものです。

 

ただし、配偶者貸付をしてもらうには、借入先に配偶者の同意書と収入証明書、婚姻証明書などの書類の提出が必須となります。

 

また、例外貸付だからといって、金利が下がることもなく消費者金融カードローンの一般的な金利がかかるので、銀行カードローンと比べると高金利となります。

 

配偶者の方への相談が必要で、書類も各種用意しなくてはならない。加えて、金利も高い為、総量規制例外貸付をしてまで消費者金融を利用する専業主婦(主夫)の方は少ないといえるでしょう。

 

その為、貸し付け側の消費者金融もあまり配偶者貸付でのカードローン契約には応じない嫌いがあります。

 

信用情報の問題上、銀行カードローン契約が出来なかった場合に、例外貸付を考える方がいるかもしれません。

 

その場合は、中小消費者金融であれば、配偶者貸付に対応しているところもあるので検討してみてはいかがでしょうか?

 

将来的に専業主婦(主夫)は借り入れ出来なくなるかも?

 

時に、2010年に貸金業法が改正され総量規制施行後から、消費者金融に代わって銀行カードローンの需要が増加しました。

 

というのは、やはり銀行は銀行法の管轄であり、総量規制が適用されないという事が要因といえるでしょう。

 

そのおかげで、専業主婦(主夫)の方は現在銀行からなら借り入れが可能です。

 

ところが、昨今の銀行カードローン利用者とその残高の急増から、最近銀行の過剰貸し付けが指摘されています。

 

その為、将来的に、銀行からの借り入れも総量規制のような制限が設けられる可能性が高まってきています。

 

すると、当然自分自身に安定した収入のない専業主婦(主夫)の方は、銀行カードローンも自身の一存では契約できなくなります。

 

消費者金融の貸し付けを総量規制で制限した成果は、平成18年の自己破産数16万5932件が適用後、平成27年には6万3884件へと大幅に減っていることで証明されています。

 

もし、今専業主婦(主夫)の方で用途は何にしても借り入れを考えている場合は、軽率に借り入れをするのではなく、まずは身内に相談することをオススメします。

 

総量規制適用前は、専業主婦(主夫)の方も消費者金融から借り入れが出来ていましたが、適用後は返済一徹となってしまいました。

 

借り入れで生活が成り立っている家庭などは、今までは借りることによって入ってきていたお金が無くなり、出ていくお金だけとなりますからそれまでと同じように生活をすることは叶わなくなります。

 

そうなる前に、なるべく借り入れ金がなくてもどうにかなるように家庭の収支を立て直すことを考えるように、これからはした方が良いでしょう。

 

パートをすれば消費者金融から借り入れ可能!

 

ただ、自身に収入があれば、総量規制が適用されても年収の3分の1までの範囲で消費者金融で借り入れが可能になります。

 

また、銀行貸付にも総量規制と同じような制限が設けられたとしたら、手に職があれば借り入れが引き続き可能でしょう。

 

ただし、昔銀行カードローンでは、「年収200万円以上の方」という貸付条件があるところがあったので、そのような条件が増えた場合は主婦(主夫)のパートタイム労働者では借り入れが難しくなります。

 

加えて、とりあえずパートとしてどこか会社に在籍だけすれば良い。というわけではなく、勤続年数が最低でも半年〜1年以上なくてはカードローン審査に落ちる可能性があります。

 

銀行の過剰貸し付けに対する具体的な対策がなされる前に、専業主婦(主夫)の方は今後の金策をどう講じていくか、一度良く考えた方が良いでしょう。

 

信用金庫や労働金庫から借りられる!?

 

もし、銀行カードローンでの借り入れが厳しくなった場合、専業主婦(主夫)の方は信用金庫や労働金庫での借り入れを検討すると良いかもしれません。

 

ただし、地域ごとに信用金庫も労働金庫も扱っているローンプランンが違うため、借り入れ可能な近くの信金・労金では専業主婦(主夫)貸付用のローンプランを扱っていないこともあります。

 

又は、自分以外の家族が会員である必要があったりします。

 

会員でなくても借り入れが出来る場合がありますが、どの地方の信金・労金でも可能というわけではありません。

 

しかし、もし信金・労金で借り入れが出来れば、銀行カードローンよりも低金利でローン契約が出来る可能性が高いです。

 

信金・労金で借り入れをする場合は、口座があることが大前提で、なかなか最短即日融資には対応していないことは理解しておく必要があります。

 

また、約定返済額が消費者金融や銀行などと比べると、多少高額なので借り入れ早々返済遅延などを起こさないように注意が必要です。

 

プロミスに申込んでしまった専業主婦の方の口コミ

 

バッド

 

30代 専業主婦
希望額:10万円

 

収入が低くても10万円くらいならカードローン審査通過が難しくないと知人に聞いたので、急いでいたのもあり、よく確認せずプロミスに申し込みました。
申し込みは電話でしたのですが、年収は夫の大体の金額を伝えたのですが、勤務先を聞かれたときに「専業主婦です」と答えたんです。
すると、プロミスの電話担当の方から「申し訳ありませんが、専業主婦の方はお申込みいただけません」と言われました。
理由を聞くと、法律でプロミスのような消費者金融では、自分自身に収入がない専業主婦はお金が借りられないと丁寧に説明してもらえました。
そのあと、他で借りようと色々調べていくうちに自分がしたことが恥ずかしくなりましたが、プロミスの方には納得のいく説明がしてもらえたな〜と思います。

 

プロミスで借りられたパート主婦の方の口コミ

 

グッド

 

30代 パート
希望額:25万円

 

子供が大きくなってきて、住居が手狭になってきたので引っ越し費用と新居で必要な物を買うお金を借りました。
カードローンは初めてで、パートの主婦でも借りられるか不安でしたが、プロミスで無事審査通過出来ました。
仕事的に日中電話が取れない事を相談すると、審査結果をメールで送ってくれたので助かりました。
急ぎではなかったのですが、たまたま三井住友銀行口座があったので、振り込みキャッシングで申込当日に借りれたのも良かったです。