10万円以下でもカードローン契約可能か?

小銭

 

少しだけ必要なお金が足りない…という事はよくある事だと思います。

 

その状況が一時のもので、家族などから借りられる程度であればそこまで問題ではないでしょう。

 

しかし、それが例えば、毎月毎度2万円、3万円足りないという事になれば、家族も良い顔をしなくなるでしょう。

 

そんな時こそ、カードローンが役に立ちます。

 

ローンというと、もっと高額が入用な際に利用するものだと思うかもしれませんが、カードローンに関しては、少額の借り入れの方が寧ろ用途に適しています。

 

各金融機関のカードローン最高限度額を見ると500万円や800万円など大それた金額が提示されていて、10万円も満たない金額を借りるのは気が引ける事もあるでしょう。

 

しかし、最高限度額とは、あくまでその金融機関のカードローン扱うことが出来る最高額ですから、その金額からかけ離れているからといって少額融資に対応していないことはありません。

 

また、限度額とは借りられるお金の範囲ですから、例えばカードローン審査で限度額50万円が設定されたら、50万円満額を借り入れなくてはいけないという事はありません。

 

50万円までの範囲内で、自身が必要な分だけ借り入れが可能であるという事なので、利用する金額は2万円でも5万円でも、10万円でも良いのです。

 

中には10万〜800万円の範囲でしか限度額の設定をしていないカードローンもありますが、借入希望額が10万円以下では借りられないわけではありません。

 

その様に、最低限度額が10万円からのカードローンでも、それ以下の金額で借りることは可能です。

 

ただし、限度額の設定は最低額が10万円なので、限度額10万円での契約となります。

 

その為、一応10万円までは借りられる状態になるので、不要に借り入れをしないように注意が必要です。

 

使い込んでしまうのが心配だという場合は、限度額1万円からのカードローンもあるので、そういった内容のカードローンへ申し込みをすることをオススメします。

 

借り入れ10万円以下は審査も融資も早い?

 

時計

 

カードローンは、元々個人向けの少額融資をするために作られたローンプランです。

 

昔は貸付といえば、高額の銀行融資が主だったため、消費者金融などの貸金業者は個人に対する少額融資を貸付の主力にすることで、利益を得ていました。

 

貸金業法改正後は、銀行が消費者金融を傘下に入れたり子会社化し、少額融資のノウハウを取り入れたため、銀行でもカードローンの取り扱いが多くなりました。

 

その為、カードローンでは基本的に1,000円からでも借り入れが可能です。

 

そこまで必要があるか分かりませんが、場合によっては1円単位での借り入れも出来ます。

 

ただ、何千円必要なだけならば、日雇いなどで働いた方が利息がかからない分良いでしょうから、実際に希望額として1,000円単位でカードローンに申込む方はいないでしょう。

 

カードローンは、そのように少額融資をする為のローンプランなので、最短即日審査や融資にも対応しているといえます。

 

一般的に、返済能力に問題がなければ、50万円までは最短即日で借り入れできる可能性が高いです。

 

また、特に借り入れ希望額10万円以下であれば、難なく審査も融資も申し込みをした当日の内に完了できます。

 

そこで、少額でいいからすぐに借り入れがしたい!という場合は、希望額10万円ほどまででカードローン申し込みをするのがオススメです。

 

10万円以下の借り入れは審査通過し易いですが、銀行カードローンでは必ず10万円は限度額が設定されてしまうことが多いです。
その為、もし10万円よりも少ない限度額設定でしか借りたくない場合は、消費者金融へ申し込みをしましょう。

 

少額借り入れは利息と返済期間に注意!

 

電卓

 

時に、少額の借り入れの場合、完済までの利息と返済期間に注意が必要です。

 

借りる金額が少ないと、貸付側が設定している約定返済額も低額で済みます。

 

その為、返済不能になってしまう可能性は低いですが、思いのほか完済時に総支払額が多くなってしまう恐れがあります。

 

というのは、約定返済額は残高に対して最低限の返済額となっているからです。

 

その為、ずっと約定返済額だけで毎月返済をしていると、借りた金額にしては返済期間が長くなりがちです。

 

利息は残高がある日毎にかかってくるので、返済期間が長いとその分利息が嵩みます。

 

すると、借りたのは10万円以下だったのに、最終的な利息を含めた総支払額は10万円以上なってしまう可能性があるのです。

 

消費者金融で10万円を借り入れたとしたら、最低返済額は大体4,000円くらいです。

 

銀行であれば、さらに少額の2,000〜3,000円で毎月の返済が済みます。

 

しかし、例えば、消費者金融のカードローンで10万円を金利18.0%で借りて、毎月4,000円ずつ返済していくと、返済期間は2年以上かかり総支払い額は約12万円になります。

 

つまり、10万円を借りたのに、2万円も利息を支払うことになるわけです。

 

そのように、利息を嵩ませない為には毎月の約定返済に加え、上乗せ返済や繰り上げ返済をすることがオススメです。

 

借りたい金額が10万円以下でも限度額は高い方が良い?

 

時に、本当に必要で借りたい金額が10万円以下の少額でも、カードローンの限度額も全く希望額と同じでなくてはいけないという事はありません。

 

寧ろ、低金利で融資を受けるなら、限度額は高く設定されていた方が良いです。

 

限度額の設定が低いと、カードローンでは基本的に金融機関が提示されている最高金利が適用されます。

 

大体、どのカードローンも限度額100万円以上から金利が低くなってくるので、もし与信状態や属性に不安がないなら希望額は高めにしておくのも良いでしょう。

 

先述もしたように、限度額で設定されら金額は絶対に満額借りなくてはいけない事はないので、金利だけ低くなるように契約した10万円ほどを借りるのもオススメです。

 

ちなみに、消費者金融よりも銀行の方が金利は低いので、限度額を高めに設定し低金利で10万円以下を借りるなら銀へまずは申し込んでみてください。