プロミスから借り換えるときのポイントとは?

オペレーター

 

 

プロミスを利用していて、何か不便を感じたり、利息負担が重い気がしてきたら、借り換えを検討するのが良いかもしれません。

 

プロミスは金融機関の中でもサービスが充実しており、消費者金融のなかであれば、おそらくダントツで利用がし易いといえます。

 

しかし、金利はどうしても銀行カードローンなどよりは高めとなっていますから、返済の途中で息切れをする可能性は否めません。

 

その為、プロミスでの毎月の約定返済が厳しく感じたり、完済までの利息を少しでも抑えたい場合は、プロミスより低金利で借り入れが出来る銀行カードローンへ借り換えることをオススメします。

 

プロミスの上限金利は17.8%、100万円以上借りている場合は15.0%での貸付が多い事でしょう。

 

基本的に、銀行カードローンであれば上限金利が14.0%ほどの貸付条件が多いので、銀行を借り換え先に選べば低金利にはなります。

 

ボタン

 

ただし、問題は銀行のカードローンはプロミスほどサービスが充実していないので、その点で不便に感じる可能性があります。

 

特に、銀行カードローンは借入先の銀行口座を持っていれば、借り入れ・返済の自由が利きますが、それ以外の口座では対応してもらえないサービスがあることが多いです。

 

プロミスで利用していた銀行口座に対応するカードローンへ借り換える?

 

チェンジ

 

では、そのような不便を避けてプロミスから借り換えるにはどうすれば良いか?といえば、プロミスで利用していた口座が借り入れ・返済で利用できる銀行へ借り換えをする方法が挙げられます。

 

例えば、プロミスで瞬フリや口座振替のサービスを受けていた方であれば、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるはずです。

 

その為、そのどちらかの銀行カードローンへ借り換えるか、それらの口座が利用できる他の銀行カードローンに借り換える事を検討するのが良いでしょう。

 

その際、持っている口座が三井住友銀行のものであるなら、三井住友銀行カードローンへ借り換えてしまうのが借り換えメリットが大きいです。

 

三井住友銀行カードローンは借り換え先として優秀?

 

OK

 

プロミスで三井住友銀行口座を利用していたなら、三井住友銀行への借り換えは非常にスムーズにいきます。

 

三井住友銀行カードローンは、口座があることでWEB完結申し込みに対応しています。

 

加えて、申し込みの際に口座がある方は、本人確認書類の提出が省けます。

 

また、極度額(限度額)50万円以内であれば、原則、収入証明書も不要です。

 

そして、プロミスから借り換えた場合、どうあっても金利も約定返済額も低くなるので、借り換え先にはうってつけです。

 

例えば、極度額が100万円以下でも上限金利は14.5%ですから、プロミスの17.8%よりも3.3%低金利になります。

 

また、100万円以上の場合は、12.0%以下での貸付となるので、プロミスと他のローンをおまとめするのにも、三井住友銀行カードローンは向いているといえるでしょう。

 

約定返済額に関しても、残高10万円以下は最低2,000円からの返済となっているので、無理なく返済が可能です。

 

プロミスで、10万円を最低額で毎月返済する場合4,000円ですから、2,000円ではありますが三井住友銀行カードローンの方が少額返済となっています。

 

借り入れ額が多ければ、さらに約定返済額の差額はプロミスと三井住友銀行カードローンの間で大きくなります。

 

ただし、もし、プロミスで信用情報にキズが付くようなカードローン利用していた場合、三井住友銀行カードローンの審査は通れない可能性があります。

 

プロミスと三井住友銀行カードローンの保証会社は同じSMBCコンシューマーファイナンスですから、プロミスでの借りれで返済遅延を繰り返していたりすると、審査に不利になります。

 

三井住友銀行カードローンは貸し付け条件が良いですから、それに見合った与信状態である必要があるのです。

 

プロミスから三井住友銀行に借り換えた1カ月の利息差は?

 

時に、上限金利が3.3%低いと説明されても「利息額の差が分かりにくい!」と思う方もいるでしょうから、50万円を1カ月間借りる前提で利息額をそれぞれの金利設定で割り出してみました。

 

借り入れ期間にかかる利息額を割り出すには、借入額×年利(金利)÷365日(日割り)×借り入れ期間(日数)という計算式を使います。

 

プロミス 500,000×0.178÷365×30=7,315.068 利息額約7,315円

 

三井住友銀行 500,000×0.145÷365×30=5,958.904 利息額約5,959円

 

上記のように利息額を計算し、差額を割り出すと利息額の差は約1,356円となります。

 

つまり、1カ月の借入期間で約1,356円の利息差があるので、借入期間が長くなると金利3.3%の差は見逃せないといえるでしょう。

 

口座がなくても三井住友銀行カードローンは契約可能!

 

三井住友銀行口座を利用せずにプロミスでカードローン利用している方も少なくないと思います。

 

銀行カードローンというと、口座開設が必須であることが多いので、三井住友銀行カードローンもうそうだろう。と思う方もいるかもしれません。

 

ところが、三井住友銀行カードローンは口座開設不要で契約が可能です。

 

その為、例えプロミスでの借り入れ・返済に三井住友銀行口座を利用していなくても、借り換えの際に口座開設の手間がかかることはありません。

 

三井住友銀行口座がない場合、WEB完結契約は不可能ですがローンカードを発行しATMから借り入れ・返済が可能です。

 

また、三井住友銀行カードローンはコンビニ提携ATMなどが手数料無料で利用可能なので、ローンカードでの借り入れ・返済でもほとんど不自由がないといえます。

 

プロミスからの借り換えで「三井住友銀行口座がないから…」と借り換えを諦めなくても済む点も、三井住友銀行カードローンが借り換え先としてオススメできるメリットです。

 

ジャパンネット銀行よりは他の銀行への借り換えが良い?

 

ただし、持っている銀行口座がジャパンネット銀行口座の場合、ジャパンネット銀行のカードローン(ネットキャッシング)へ借り換えるのは、あまりオススメしません。

 

理由は、ジャパンネット銀行で取り扱っているローンでへ借り換えても低金利にならないからです。

 

ジャパンネット銀行のローン、ネットキャッシングは上限金利が18.0%でプロミスよりも高金利です。

 

加えて、借入額が100万円以上150万円までの金利が15.0%なので、あまり消費者金融の貸付条件と変わりません。

 

従って、プロミスで利用していた口座がジャパンネット銀行だった場合は、特定の口座がなくても基本的には借り入れ・返済が可能な口座開設不要の他銀行カードローンへ借り換えをした方が良いでしょう。

 

ただ、その時にジャパンネット銀行口座を利用して振り込み融資や口座振替ができるカードローンは、銀行にはあまりないので、WEB完結で契約すると契約後の利用が不便なことがあります。

 

その点を考慮して、無理に口座を利用するのはやめて、提携ATM手数料が無料で済む銀行カードローンをローンカードで利用する方向で借り換え先を吟味するのが良いと思います。

 

プロミスにもおまとめローンはあるけど?

 

プロミスは自社でも総量規制に基づくおまとめローンを取り扱っています。

 

しかし、フリーキャッシング(通常のプロミスカードローン)と金利が変わらず、自動契約機かサービスプラザでしか申し込みが出来ません。

 

その為、銀行カードローンなどでのおまとめに失敗してしまった。というような場合以外は利用するメリットがないといえます。

 

プロミスでの貸付条件を良くするには、やはりプロミスより低金利な銀行へ借り換えをするのが望ましいですし、おまとめローンの場合も同様です。

 

ちなみに、プロミス目的ローンは実質年率6.3%〜16.5%とフリーキャッシングより低金利ですが、借り換えは資金用途として認められていないのでフリーキャッシングから契約を変えることは出来ません。

 

プロミス以外の消費者金融も借り換え専用やおまとめ専用のローンプランを扱っていますが、プロミスからそれらに借り換えても低金利にならないことがほとんどです。
加えて、消費者金融ではプロミスが一番ローン利用のサービスにおいて充実しているので、他消費者金融への借り換えは本当にオススメしません。
プロミスから借り換え、または他社借り入れも合わせておまとめする場合は、銀行カードローンまたは借り換え利用できるフリーローンを契約先にしましょう。

 

また、もし、借り換え後も追加で自由に借り入れがしたい場合は、同じ銀行が借り換え先でも、借り換えに利用できるフリーローンや目的ローンではなくカードローンに借り換える必要があります。

 

消費者金融で扱われている、総量規制例外貸付での専用借り換えローンプランも銀行フリーローンと同じように、借り換え後の追加借り入れは出来ません。

 

銀行カードローンへの借り換えに失敗したら?

 

失敗

 

本当はプロミスから銀行へ借り換えたかった!他の残高も合わせておまとめしたかった!でも、借り換え審査に落ちてしまった…。

 

そういったことがないわけではありません。

 

銀行への借り換え・おまとめに失敗してしまった場合、プロミス1社の借り換えとその他のローンも合わせたおまとめでは、その後どうするか方法が異なります。

 

まず、プロミスだけの残高を銀行へ借り換えるのに失敗した場合、酷かもしれませんが、すぐに別の銀行へ掛け合うよりも当分はプロミスで返済することをオススメします。

 

1社の借り換えに失敗するという事は、何か信用情報に問題があることが主に原因といえます。

 

また、借り換え審査に落ちたという履歴が信用情報に6か月間は残るので、最低限その期間が過ぎるまではプロミスで遅延することなく返済をしてから、再度借り換えに挑戦するのが良いでしょう。

 

プロミスも含めたおまとめローンが銀行で出来なかった場合は、逆にそのまま返済していても返済不能へ足を進めていく可能性が高いです。

 

その為、もし、銀行でのおまとめローン審査に落ちた場合は、消費者金融でも良いのでもう一度おまとめに挑戦してみてください。

 

ただし、その際、信用情報に軽度の傷はあっても、異動情報や長期の返済遅延などがない事は大前提です。

 

万が一それらが信用情報にある場合は、債務整理の手続きに入ることをオススメします。

 

消費者金融でおまとめする場合、とにかくローンの一本化が先決!という状態なら、おまとめ契約後は返済しか出来ない金融機関を選ぶのが良いです。

 

その際、プロミスにもおまとめローンはありますから、会員の方は問い合わせてみると良いでしょう。

 

そうではなく、いくつもの金融機関に返済するのが面倒になってきた、返済できないことはないが利息が嵩むのでまとめたい。という場合は、モビットカードローンが実は使えます。

 

モビットには、モビットカードローンというプランしかありません。

 

ところが、そのモビットカードローンはおまとめでの利用も可能なのです。

 

また、まとめた残高が総量規制の範囲内なら、銀行カードローンでおまとめした時と同じように、モビットカードローンは限度額の範囲で自由に追加借り入れが可能です。

 

プロミス含めて複数社に借り入れが渡っている場合は、銀行でのおまとめに失敗後も、もう一度消費者金融でおまとめ審査に挑戦してみるのが良いかと思います。

 

プロミス以外の消費者金融から逆に借り換える?

 

時に、プロミスから借り換えるのではなく、プロミス以外の消費者金融からプロミスに借り換えるのはどうか?といえば、微かにですがメリットはあります。

 

基本的に大手消費者金融のカードローン金利はどこも大体18.0%ですが、プロミスは唯一上限金利が17.8%と0.2%低金利です。

 

その為、プロミス以外の消費者金融から借り換えた場合、事実上は低金利借り換えが可能といえます。

 

また、プロミスの利用が初めてなら、30日間無利息の恩恵にあやかることも出来ます。

 

加えて、プロミスでは専用アプリにクーポン機能があったり、おとくらぶという会員サービスでの各種優待割引なども利用できるので、他の消費者金融よりもカードローン以外のサービスの充実度がかなり高いです。

 

しかし、カードローン借り換えは基本的に早期完済や低金利化を目的にするものといえます。

 

その為、例えプロミスが他の消費者金融よりはわずかに低金利でサービス性に長けていたとしても、まず初めは銀行への借り換えを検討するのが良いでしょう。

 

どうしても銀行に借り換えられなかった場合は、他の消費者金融からプロミスに借り換えるのはアリといえます。

 

プロミス公式サイトはこちら⇒