カードローン審査落ちがもたらす弊害とは?

失敗

 

カードローン審査に落ちて、お金が借りられなかった…。というだけでもショックですが、審査落ちによる困ったことは他にもあります。

 

結論からいえば、審査落ち後の与信状態が悪くなる。という事です。

 

では、どのような点がそんな事態を引き起こすのでしょうか?

 

審査落ちしない方が良いわけは?

 

まず、残念なことに一度カードローン申し込みをし、審査に落ちて契約を断られてしまった金融機関では、最低でも1年以内は2度と借りられない事が挙げられます。

 

カードローンを初めて契約する方であれば、一番最初に申し込みをする金融機関は、おそらく一番自身が借りたいと思っている所でしょうからショックも一入でしょう。

 

その第一希望で落ちてしまったら、再度すぐに挑戦!というようにいかないのは、まるで学生でいう受験のようでもあり、実にシビアといえます。

 

加えて、すぐにお金を借りたかった方からしてみれば、最初の申し込み先で断られると、時間によってはその日のうちに借り入れが出来ないこともあります。

 

自動契約機を利用すれば、振り込み融資よりも遅い時間でも最短即日融資の可能性はありますが、その自動契約機の営業時間ギリギリ間に合うくらいに、第一候補にカードローン申し込みをして審査落ちしては、そのあとは翌日に持ち込むしかありません。

 

また、翌日に別の金融機関にカードローン申し込みをして、再度借り入れ審査に挑戦したからといって、第二候補でも借りられない可能性は、厳しいようですが否めません。

 

というのは、日を跨いだことによって、前日のカードローン審査落ちの記録が信用情報に記載されてしまっている嫌いがあるからです。

 

審査落ちの履歴は、信用情報の上で申し込み履歴はあるのに借り入れ件数として記載されていないことで、与信審査を行う金融機関や保証会社は分かります。

 

カードローン申し込み履歴が信用情報から消えるには、6ヶ月の期間を要します。

 

すると、直ぐ次に申し込んだ第二候補の金融機関が、申し込み者の与信をチェックした際に審査落ちをした経歴が確認されるわけですから、貸し倒れの可能性がある。と判断されかねません。

 

そうして、人によっては立て続けに審査落ちをしてしまう事も考えられるわけです。

 

つまり、最初の金融機関でのカードローン審査落ちが、次の与信審査で足を引っ張るという事です。

 

基本的に、2社カードローンに申込んで、両方とも落ちてしまった場合は直近の借入は諦めた方が良いでしょう。

 

2社申込んで両方とも審査落ちしている与信状態の方に、貸付を可能とする金融機関はなかなかないといえます。

 

立て続けにカードローン審査落ちを重ねない為には、なるべく一番初めに申込をした金融機関のカードローンで契約を決めることが大切です。

 

もし、自身で与信状態や収入を振り返ってみて、希望額が借りられなさそうな場合は希望額を下げるか、自身の与信や年収を上げてから審査に臨むのが良いでしょう。

 

今すぐお金が必要なのに、そんな悠長なことは言ってられない!と思っても、どちらにせよ審査に通過できない事にはお金は借りられません。

 

審査通過したいなら少額で申し込む!

 

とにかく少しでも良いからカードローンでお金が借りたい!なるべく確実に審査通過したい!

 

というように、とりあえず審査通過だけしたい場合は、希望額を10万円までの少額でカードローン申し込みをする事をオススメします。

 

一般的に、10万円までの融資であれば、信用情報に異動情報さえなければ審査通過が難しくないといわれています。

 

理由は、単純に10万円までの金額なら返済不能になる可能性が極めて低いからといえるでしょう。

 

カードローン契約では与信や属性が審査で勿論問われますが、それに伴い妥当な希望額で申し込まれているか?という点も大事です。

 

その為、やたらに高額で申込をするよりは10万円以下の少額で申し込み、少しでも審査通過の可能性を上げた方が良いといえます。

 

プロミス公式サイトはこちら⇒

 

審査落ちの履歴は、6カ月経つことで信用情報から申し込み記録と共に消えます。
しかし、カードローン申し込みをした金融機関の社内記録上では、自社の審査に落ちた顧客のデータが残っている可能性が否めません。
その為、信用情報の申し込み履歴の保管期間が過ぎたからといって、再度審査落ちした金融機関のカードローンに申込むのは避けた方が良いでしょう。
ただ、審査落ちした時よりも、明確に与信状態や属性が良くなっている場合は、信用情報での審査落ちの傷が消えた後で再度同じところに申込んでも審査通過できる可能性があります。

 

審査が甘いカードローンに最初から申し込む?

 

悩む

 

審査に落ちるのは、その後の与信に悪影響があることは上述してきた通りです。

 

しかし、カードローン審査はこれ!と断定できる基準がない為、絶対に通過できるように対策するのは難しいといえます。

 

ただ、原則借入したことがなく(または完済・解約済み)、安定した収入がありその収入に見合った金額でカードローン申し込みをすれば、逆に審査通過がものすごく難しい事もありません。

 

その為、健全な与信状態で定期的な収入がある方は、安心して自身が借りたい!と思っている金融機関に申し込みをするのが良いでしょう。

 

審査落ちが怖いから、多重債務者でも借りられるらしいし、中小消費者金融へ申し込もう…などというように考える必要はありません。

 

加えて、確かに中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融に比べて、貸し倒れリスクも高い顧客も取りますが、イコール審査が甘いと安直に考えるのはオススメしません。

 

また、同じ発想で銀行よりも消費者金融の方が審査が甘いから、消費者金融のカードローンに申込もう!という考え方もやめた方が良いといえます。

 

契約先の与信審査のハードルの高さを考えるよりも先に、自身の与信状態と金銭状況をよくよく振り返ってみる方が余程建設的といえるでしょう。

 

少しでも審査落ちの不安要素があるなら、それが解消されるまでは安易にカードローン申し込みなどしない方が良いです。

 

詳細

 

他のローンも組めなくなる?

 

時に、カードローン審査落ちの記録があるうちは、同じカードローンだけでなく他のローンも契約が難しいといえます。

 

基本的に金銭借用契約の類のローン契約は、一様に信用情報の確認がされますから、種類は違えど他社に貸し渋りされている顧客は、貸付側も抱えたくないのが本音です。

 

加えて、カードローンは個人向けの少額融資がメインのローンプランですから、実際の借り入れ希望額は置いておいて、少額融資も断られた方に住宅ローンやオートローンのように高額な融資は出来ない事でしょう。

 

特に、住宅ローンは融資額が高額で返済が長期にわたるローンプランですから、カードローン審査よりも審査はさらに厳正です。


関連ページ

専業主婦(主夫)はどこでカードローン契約が可能?
自身には安定した収入がない専業主婦(主夫)の方はカードローン契約ができる所が限られてきます。その理由と契約可能なカードローンを説明します。
初めての借り入れは消費者金融か銀行どっち?
初めてのカードローン契約で契約先に迷っている。消費者金融と銀行の違いがイマイチ判らない!という方に分かりやすいよう比較説明します。
カードローン即日審査と即日融資は別?
カードローンを緊急で契約したいときに注意が必要なのが審査時間と融資スピードです。即日審査可能なカードローンが即日融資可能とは限りません。
カードローン契約機を使うメリットとは?
金融機関はカードローン専用の自動契約機を設置している場合があります。カードローン契約においてローン契約機を使うメリットを説明します。
カードローン約定返済日以外の返済は可能か?
カードローンで約定返済日以外に返済することは可能か説明します。
借り換え・おまとめをすれば必ず低金利になるのか?
カードローン借り換え・おまとめは低金利が目的ですると思います。しかし、ただ仮かえ・おまとめをするだけで良いわけではありません。
10万円以下での借り入れは可能?
日ごろ少しお金が足りなくて困ったり、不自由を感じることがあると思います。そんな時にもカードローンは便利につかえます。
在籍確認がないカードローンはない!?
カードローン契約で審査同様に避けられないものとして在籍確認があります。しかし、在籍確認で勤務先に借り入れがバレてしまう可能性は低いです。在籍確認の流れと対策について説明します。
最高限度額は実際借りられるのか?
各金融機関の取り扱うカードローンの最高限度額は500万〜1000万円など非常に高額です。実際にカードローンでは何円くらいまで借り入れが可能か、説明します。