レイクALSAはどんなカードローン?審査基準は?

 

新生銀行カードローン レイクが2018年4月から新規申込受付を停止しました。

 

その代り、新生フィナンシャルからレイクALSAという消費者金融カードローンが新しく登場しています。

 

ちなみに、レイクALSAのブランドコンセプト以下の通りです。

 

レイクALSAブランドコンセプト

  • Agility はやい
  • わたしたちは、お客さまのご要望に迅速に対応いたします

  • Linked つなげる
  • わたしたちは、お客さまのご要望に合わせ様々な選択肢を提供いたします

  • Security あんしん
  • わたしたちは、お客さまに安心してご利用いただけるよう努めます

  • According to our vision わたしたちのビジョンに則って
  • わたしたちは、新生フィナンシャルのビジョン「お客さまと誠心誠意向き合い、社会から必要とされる価値を提供する、誇りある生活者のための金融サービス企業となる」に則って、ALSA を提供します

 

新しい、というよりは消費者金融に出戻った、レイクALSAで借りるためのポイントや審査基準について気になる方は少なくない事でしょう。

 

そこで、レイクALSAの基本情報から審査についてまとめてみました。

 

時に、新生銀行カードローン レイクを今まで利用していた方は、4月からは「新生銀行スマートカードローンプラス」へ取引が移行されるようです。

 

レイクALSAの貸付基本情報は?

 

限度額

1万円〜500万円

金利

実質年率4.5%〜18.0%

申込対象

満20歳〜70歳(国内居住の方)

資金用途

原則自由

必要書類

運転免許証等

収入証明(契約額に応じて必要とする場合)

担保・保証人

不要

返済方式

残高スライドリボルビング方式

元利定額リボルビング方式

返済期間・回数

最長8年・最大96回

遅延損害金

年率20.0%

 

レイクALSAの限度額は最高500万円、金利は年4.5%〜18.0%と新生銀行カードローン レイクの時と変わりません。

 

新生銀行カードローンレイクからレイクALSAになった事によって、金利がさらに高くなっているような事はないので安心してください。

 

ちなみに、レイクALSAと他の消費者金融の限度額と金利を比較した場合、大体同程度といえます。

 

また、最大30日間もしくは180日間の2種類ある無利息期間サービスは、レイクALSAでも健在です。

 

その為、無利息期間サービスの充実度は他の消費者金融と比較するとレイクALSAの場合メリットが大きいといえます。

 

レイクALSAへの申し込みは、WEB(モバイル含む)・電話・自動契約機から可能です。

 

詳細は後述しますが、融資を急いでいる場合はネットからレイクALSAに申込む事をオススメします。

 

レイクALSAの審査基準は?消費者金融だから甘い?

 

 

レイクALSAは消費者金融のカードローンになったという事で、新生銀行カードローン レイクよりも審査が甘くなったのではないか?と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、レイクALSAト新生銀行カードローン レイクでは金利や限度額をはじめとした貸付条件にほとんど違いがありません。

 

その為、レイクALSAになったことによって、審査が甘くなるという可能性は低いといえるでしょう。

 

融資をする条件を特に大きく変えたわけではないので、審査基準が上がったり下がったりする事はないと考えられます。

 

基本的には、大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフル、モビットと審査基準は変わらないでしょう。

 

レイクALSA審査通過のための最低限の条件は、安定した収入がある事です。

 

安定した収入というのは、継続的に給与収入のある事を意味するので、アルバイトやパートの方でもレイクALSAを利用することは出来ます。

 

ただ、銀行カードローンでなくなった事で、自身に収入のない専業主婦の方はレイクALSAでは借り入れが出来ません。

 

レイクALSAは貸金業者のカードローンなので、総量規制の対象となり年収の3分の1までが受けられる融資の範囲になります。

 

審査が不安なら「お借入れ診断」を使ってみる

 

もし、レイクALSAでの審査が不安な場合は、とりあえずお試しで「お借入れ診断」を受けてみるのも手です。

 

ただ、お借り入れ診断は原則、簡易診断である為、本審査の結果も同様になるわけではありません。

 

基本的に、お試し診断では本来あまり「融資できません」といった結果が出る事はないです。

 

しかし、お試し診断であっても審査通過不可の結果が出る状態として以下が挙げられます。

 

審査通過の希望がない状態
  • 他社借入件数が5件以上(多重債務)
  • 総借入額が年収の3分の1を超えている
  • 信用情報に事故情報(異動情報)がある

 

上記のような場合は、お試し診断でさえ融資不可と判定されるので、レイクALSAの本審査に申込んだところで審査落ちは必至といえるでしょう。

 

お借入れ診断で「融資可能」の結果が出た場合は、そのまま引き続き申込みをする事が可能です。

 

レイクALSAでは、ネットから申し込むことによって、本申し込み後の仮審査結果が直ぐに画面に表示されます。

 

その後に必要書類を提出したり、在籍確認の電話連絡を完了したりする事で本審査が行われ、融資が可k能かどうかが決まるのです。

 

レイクALSAの審査に落ちてしまう可能性がある人とは?

 

レイクALSAの審査に確実に落ちてしまうのは上記のような状態といえますが、それ以外にも審査落ちしてしまう可能性が否めない場合があります。

 

絶対に審査通過出来ない!とは言い切れませんが、審査落ちの可能性がある状態として以下が挙げられるでしょう。

 

審査落ちの可能性がある状態

  • 他社借入での返済遅延がある
  • 借入件数が3〜4社と多い
  • クレジットカードやスマホの強制解約
  • 総借入額が総量規制ギリギリ

 

以前の新生銀行カードローン レイクは勿論、他社の借り入れなどで返済遅延や延滞をしている場合はレイクALSAの審査に通過出来ない可能性が高いです。

 

時に、金融事故で信用情報に異動情報が記載されており、ブラックリスト入りしている場合はレイクALSAだけではなく、ほとんどの信用取引において審査通過出来ません。

 

ところで、過払い請求をしたことがある方は、それがレイクALSAに影響しないか心配かもしれません。

 

しかし、過払い請求は現在は信用情報に影響がないので、それが原因でレイクALSAで借りられないようなことはないといえます。

 

ただ、過払い請求先が昔のレイク(ほのぼのレイク時代)だった場合は、レイクALSAでは審査通過出来ない可能性が高いです。

 

過払い請求は貸付側にとっては不利益なので、請求をした顧客は社内ブラックになっている可能性が否めません。

 

レイクALSAは即日融資が可能!

 

 

新生銀行カードローン レイクは、2018年に入ってから銀行全体の過剰貸付自主規制として即日審査・即日融資が出来なくなっていました。

 

ところが、レイクALSAの場合はもう銀行カードローンではないので、即日審査にも即日融資にも対応可能としています。

 

そもそも、レイクALSAとして消費者金融カードローンに戻った大きな理由は、即日融資が大きな要因といえるでしょう。

 

新生銀行カードローン レイクは、元々消費者金融だった時のノウハウを活かして、即日対応が売りの銀行カードローンでした。

 

しかし、それが銀行業界全体で即日対応停止とされてしまっては、他の銀行カードローンと比較して高金利である新生銀行カードローン レイクは強みがなくなってしまうわけです。

 

その結果、再度消費者金融のカードローンとしてレイクALSAが登場したといえるでしょう。

 

レイクALSAで即日融資を受ける場合は、平日14時45分までに契約を完了し振込融資手続きをする事で、即日対応がされます。

 

また、2018年5月頃から、スマホでのATM取引サービスの導入もレイクALSAは予定しています。

 

スマホアプリから申込から書類の提出は勿論、カードレスでスマホをローンカードの代わりにATMを利用できることで、即日融資の可能性が上がるといえるでしょう。

 

加えて、レイクALSAは手数料無料で利用できる提携ATMが多いので、その点もメリットが増えるといえます。